1 2 3 4 5 6 次へ
51件中 51 - 51件表示
  • 両津勘吉

    両津勘吉から見た無銭飲食無銭飲食

    性格にこそ問題はあるが、アニメ版では食い逃げやこそ泥、スリなどについては検挙率100%を誇ることで中川、海パン刑事とともに世界ナンバーワンポリス選手権の日本代表として選抜される程優秀であることが明かされた。しかも喧嘩の仲裁、酔っ払いの保護、お年寄りの世話、近所の悩み相談、スズメバチや毒蛇の駆除や捕獲、引越しの手伝いなど、交番に持ち込まれる、地域のあらゆる揉め事に臨機応変に対処する「交番のおまわりさん」としての能力は決して低くはない。特に東京23区内の地理は熟知しており、道案内を求められた場合は即答している。行動力も人一倍あるため、真面目になった時、本気になった時は、非常に頼りになる警官と化す。それゆえ、上野や大阪に出向した際には現地で頼りにされている程である。また体力に優れ、機動隊員としての素質も十分以上である。一度罰ゲームとして機動隊の装備一式を装備して街中をマラソンさせられ、本物の機動隊に隊員と間違われて連れて行かれた回では、ラストで機動隊の隊長から大原を介してスカウトされた。警視庁の代表として柔道や剣道の大会等にも強制的に参加させられたりしており、それらの大会では基本的に好成績をおさめる。囮捜査が得意であり、落とした携帯電話を利用する者を麗子の声を利用しておびき寄せて逮捕したり、禁酒中に悪質なキャッチバーに潜入して逮捕したり、犯罪者の振りして偽造証券の証拠をつかんだりしている。また指揮官としての能力も高く自身の父銀次が詐欺により200万円だまし取られた際には国境を越えた大捜査を指揮し見事犯人グループを一網打尽にした。これらの理由により、何をしても免職にならず重くとも停職止まりで済んでいる(現実の警察官は、警察不祥事により減給などの懲戒処分を受けた時点で昇進はほぼ不可能になるため、依願退職する)。もう一つの理由として、もし免職して一般人になった時に、何をしでかすか分からないので、警察官として監視しているのもあり、実際に警察を辞した両津が暴走しすぎたがために、やむなく署が両津を警察に復職させたことも少なくない。なお大原によると、勤務態度が両津より酷い戸塚金次や屯田先輩(12巻登場)や日暮熟睡男がいるから両津もクビにならないで済むという理由もある。両津勘吉 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
51件中 51 - 51件表示

「無銭飲食・宿泊、無賃乗車」のニューストピックワード