1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た民事

    お金を忘れて飲食し逃げてしまったようなケースでは、お金を払うつもりでたまたま持ち合わせがなかったのであり欺網行為はなく、詐欺罪には当たらない。さらに、窃盗罪が飲食物の代金債権を保護法益の対象としないため、このケースの無銭飲食は無罪となる。また、店によっては常連客に「ツケ」=後日支払いを認めるものもあるが、店が「ツケ」を認めた後、後日客が「ツケ」を払わなかったとしても、詐欺罪に問うことはできない(この場合、客の債務不履行となり民事の争いとなる)。無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た打者

    振り逃げ(捕手が「見送り」の第3ストライクの投球を正規に捕球できなかったときに打者が「振り逃げ」を行った場合、「食い逃げ」という俗称も使われる)無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た旅館

    無銭飲食(むせんいんしょく)とは、最初から代金を支払うつもりがないのに飲食店で飲食あるいは旅館等に宿泊し、そのまま逃走を謀る詐欺である。昨今の不況下においては刑務所収監を狙い、逃亡せず逮捕されるケースもある。食い逃げ(くいにげ)と通称される。無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た飲食店

    無銭飲食(むせんいんしょく)とは、最初から代金を支払うつもりがないのに飲食店で飲食あるいは旅館等に宿泊し、そのまま逃走を謀る詐欺である。昨今の不況下においては刑務所収監を狙い、逃亡せず逮捕されるケースもある。食い逃げ(くいにげ)と通称される。無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た立喰師

    立喰師(無銭飲食が職業という架空の設定)無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た逮捕

    無銭飲食(むせんいんしょく)とは、最初から代金を支払うつもりがないのに飲食店で飲食あるいは旅館等に宿泊し、そのまま逃走を謀る詐欺である。昨今の不況下においては刑務所収監を狙い、逃亡せず逮捕されるケースもある。食い逃げ(くいにげ)と通称される。無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

  • 無銭飲食

    無銭飲食から見た食券

    立ち食いそば・うどん店や牛丼店の松屋フーズなどのように食券を先に購入してから商品を出すようにしている店や神戸らんぷ亭やドトールコーヒーショップのように食券はないが先に代金を払ってから商品を出す店もあり、先払い制や食券制では食い逃げができない。上述のように飲食先行・単純逃走型の無銭飲食は無罪となるので、かかる対策は無銭飲食を防ぐ上で重要である。しかし、神奈川県の政策部出先機関の男性職員が職員食堂の食券を不正コピーで偽装し停職6カ月の懲戒処分を受けた事件があった。産経ニュース食券偽造の神奈川県職員停職 無銭飲食 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「無銭飲食・宿泊、無賃乗車」のニューストピックワード