580件中 101 - 110件表示
  • ブロンプトン・バイシクル

    ブロンプトン・バイシクルから見た照明照明

    ツーリング用装備(ライト、ダイナモ、荷台)の有無:装備がなければL、あればRとなる。ブロンプトン・バイシクル フレッシュアイペディアより)

  • 鯨油

    鯨油から見た灯火照明

    鯨油(げいゆ)とは、クジラ目の動物から採取された油のことである。灯火用の燃料油、ろうそく原料、機械用潤滑油、皮革用洗剤、マーガリン原料など多様な用途があった。鯨油 フレッシュアイペディアより)

  • WX340K

    WX340Kから見た照明照明

    カメラは、約197万画素になり、オートフォーカスやライトも付いている。WX340K フレッシュアイペディアより)

  • WX341K

    WX341Kから見た照明照明

    カメラは、WX340Kと同じ約197万画素であるが、当機種にはオートフォーカスやライトはなく、マクロスイッチ切り替えによるパンフォーカスである。WX341K フレッシュアイペディアより)

  • 照明技師

    照明技師から見た照明照明

    照明技師(しょうめいぎし)は、映画を中心とした映像製作における撮影の分野での照明の設計・表現を行う職能における総責任者()である。映画製作のシステムは国によって異なり、本項では、とくに日本の照明技師について詳述する。日本以外、とくにハリウッドの照明技術者についてはガファー(Gaffer)を参照。照明技師 フレッシュアイペディアより)

  • 小国町総合スポーツ公園

    小国町総合スポーツ公園から見た照明照明

    テニスコート、野球場、陸上競技場の3つを兼ね備えている。照明設備もあり夜も利用可能。合宿用の宿泊施設もある。小国町総合スポーツ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 下宿

    下宿から見た照明照明

    適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること。下宿 フレッシュアイペディアより)

  • アイブラック

    アイブラックから見た照明照明

    アイブラック () とは、グレア(眩しさ)を減らすためにスポーツ選手が目の下に付ける黒い防眩・遮光グリースやステッカーのことである。太陽光線やスタジアムの照明下では目の下で反射した光で両眼のコントラスト感覚が鈍り、空中のボールが背景に溶け込んで見えにくくなるため、野球やアメリカンフットボールの選手を中心に使用されている。アイブラック フレッシュアイペディアより)

  • 福山八幡宮

    福山八幡宮から見た照明照明

    薪能とは「薪の宴の能」という意味で、本来は奈良の興福寺に薪を献進する際に行われた能のこと。その後いったんは絶えたものの、近年簡略化して復興し、夕方暗くなってから、薪の火を照明代わりにして野外で行う納涼能のことも薪能と呼んでいる。夜の海や林を背景にして薪の明かりで演ずる能は、幽玄がさらに増して迫力があり、新たな人気を得ている。福山八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 消耗品

    消耗品から見た照明照明

    しかし単に消費される物品を指して余り消耗品とはいわない。たとえば食品は食べてしまえばなくなる(厳密には消化され食べた者のエネルギーや血肉になる)が、消耗品とはみなされない。消耗品は消費の過程で磨耗しながらその機能を発揮するものである。その意味では、ろうそくは燃焼という形で消費されながら、照明という用を足す消耗品である。消耗品 フレッシュアイペディアより)

580件中 101 - 110件表示

「照明器具」のニューストピックワード