580件中 31 - 40件表示
  • 暗転

    暗転から見た照明照明

    暗転(あんてん)とは、舞台芸術の場面転換において、照明を消灯し、その間に転換を行うこと。演劇、バレエ等で多く用いられる。暗転 フレッシュアイペディアより)

  • 空気調和

    空気調和から見た照明照明

    騒音・振動・臭気・照明など人間の知覚に訴える要素によっても快適性が左右される。また、病原菌・放射性物質など知覚できない要素が健康に影響することもある。空気調和 フレッシュアイペディアより)

  • タイショウオオキノコムシ

    タイショウオオキノコムシから見た灯火照明

    成虫は6月から9月に活動しサルノコシカケ科のキノコの傘を食する。また樹皮の下に隠れている事が多い。樹液にこないとされているが灯火には集まる。成虫は、キノコの上で交尾産卵する。卵は約10日間で孵化する。幼虫はキノコを食べ成熟すると樹皮の下や土中に潜り蛹化する。この間の期間は短い。   タイショウオオキノコムシ フレッシュアイペディアより)

  • マリンスノー

    マリンスノーから見た照明照明

    1950年代、北海道大学の研究者達は潜水球「くろしお号」に乗り込み、海中の調査を行っていた。その際、海中の懸濁物がライトの光に照らされ、雪のように白く見えたことから、彼らはマリンスノー(海に降る雪)と名付けた。現在では世界中でこの言葉が使われている。マリンスノー フレッシュアイペディアより)

  • マンフロット

    マンフロットから見た照明照明

    現在、ラインナップは業務用の大型三脚から携帯用の小型三脚まで、またスチル用、ビデオ用、照明用などと幅広い。パノラマ撮影用に決まった角度でカメラを回転させることができる雲台も製造している。マンフロット フレッシュアイペディアより)

  • ヤマコウモリ

    ヤマコウモリから見た照明照明

    住処となる樹洞が森林伐採などで減少し、個体数は大きく減少傾向にある。夜間照明の増加の影響も危惧されており、日本の発見報告も減少しつつある。ヤマコウモリ フレッシュアイペディアより)

  • プロンプター (舞台芸術)

    プロンプター (舞台芸術)から見た照明照明

    現代の演劇公演においては、プロンプトは舞台監督の職責の一部と考えられている。舞台監督は通常上手(かみて)袖の部分に設けられた「プロンプト・コーナー」あるいは「プロンプト・デスク」と呼ばれる場所(劇場や演目の規模に応じて、文字通り単なる小机であることも、各種機材の設置されたブースであることもある)に位置し、照明・音響などの合図(キュー出し)を行うとともに、俳優が台詞や動作を失念した場合にはその「きっかけ」を与えて助ける。プロンプター (舞台芸術) フレッシュアイペディアより)

  • 行灯皿

    行灯皿から見た照明照明

    江戸時代寛永年間に真鍮製が出現したが、この頃は行灯油が高価で一部に限られていた。文化、文政年間以降、富裕層の拡大とともに陶製が広範囲にわたって急速に広がった、江戸時代後期から明治時代初期頃には、壊れず軽く安価で量産が可能になった真鍮製に再び代わり、照明の電化とともに、完全に消滅した。行灯皿 フレッシュアイペディアより)

  • 広末順子

    広末順子から見た照明照明

    ダンスにも秀でており、舞台の環境(照明やステージの面積)に左右されずに安定した技術を魅せた。応援客も多く、ポラロイドショーも長蛇の列ができ、その影響でステージ進行が遅れることもしばしばだったという。広末順子 フレッシュアイペディアより)

  • かな夏に跳ぶ

    かな夏に跳ぶから見た照明照明

    撮影/照明/音響等を市民(高校生を含む)有志が担当するなど、町を上げての手作り映画製作として注目を集めた。かな夏に跳ぶ フレッシュアイペディアより)

580件中 31 - 40件表示

「照明器具」のニューストピックワード