463件中 51 - 60件表示
  • 不夜城

    不夜城から見た灯火照明

    後に日本で、夜も灯火が絶えることのない繁華街、徹夜が恒常的であり夜も灯火が絶えることのない建物の比喩に使われるようになった。不夜城 フレッシュアイペディアより)

  • 光熱費

    光熱費から見た照明照明

    電気…照明、家電製品等の利用に使用。供給は電力会社からがほとんどだが、太陽光発電もある。家庭における家電製品の増加もあって費目別では家計に占める割合が大きく、節電により省エネルギーの対象となりやすい。太陽光発電システムの設置や、ガス及び灯油使用の家庭用コージェネの開発により、一般家庭でも発電と熱(お湯にして回収)を作ることにより、電気消費の一部を補う家庭も増えている。光熱費 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋ダム

    大橋ダムから見た照明照明

    大橋ダムの高さは73.5メートルで、戦前の日本のダムとしては上位4番目に位置していた。これを高評価した土木学会は、2002年(平成14年)に土木学会選奨土木遺産として認定した。ダム天端は車道になっており、重量制限が科せられているものの、自由に通行できる。照明として設置された古風なデザインの電灯が大橋ダムの歴史を感じさせてくれる。湖畔には四国電力が本川発電所の建設を機に設置した広報施設・エネルギープラザ本川があり、大橋ダムや本川発電所の見学を受け付けている。大橋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 鏡面ハイライト

    鏡面ハイライトから見た照明照明

    眼球のハイライト(眼球ハイライト)は、人物画や人物写真の印象に大きな影響を与える。そのため人物の撮影では、光源は照明以外にハイライトの要因としても重要である。光源の位置や強さには照明としての条件が優先されるが、光源の形は照明としては重要でないため、どのような眼球ハイライトを生じさせたいかを考えて選ぶことがある。鏡面ハイライト フレッシュアイペディアより)

  • 離線

    離線から見た照明照明

    離線すると室内灯や空調機器が止まることがある。これは補助電源装置に静止形インバータ(SIV)を使用している車両の場合が多く、電動発電機(MG)では、慣性のため回転数が急激に落ちることは無いため、あまり見られない。離線 フレッシュアイペディアより)

  • 構体 (鉄道車両)

    構体 (鉄道車両)から見た照明照明

    構体(こうたい)とは、鉄道車両の車体において、台枠・骨組・外板などで構成され車体の強度を担う部分である。座席などの室内設備、照明、制御機器などは含まない。構体 (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

  • レンツ・エレクトロニック

    レンツ・エレクトロニックから見た照明照明

    彼は以前、メルクリンで交流システムの仕事をしていた。DCCシステムは1988年に発売され、多くの人々の協力で改良されてきた。現在のDCCは複数の動力車の個別制御だけでなく、車載の照明、汽笛、他の付属品に加え、分岐器や転車台なども制御可能である。レンツ・エレクトロニック フレッシュアイペディアより)

  • 広末順子

    広末順子から見た照明照明

    ダンスにも秀でており、舞台の環境(照明やステージの面積)に左右されずに安定した技術を魅せた。広末順子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中商事

    田中商事から見た照明器具照明

    日本国内に47の営業所を持ち、照明器具、電線やケーブル、分電盤、家電などの卸販売を行っている。田中商事 フレッシュアイペディアより)

  • オーデリック

    オーデリックから見た照明照明

    オーデリック株式会社()は、照明器具製造の大手。旧社名はオーヤマ照明株式会社。本社は東京都杉並区宮前。店舗、施設向けの大がかりな照明設備から家庭向けのシャンデリア、蛍光灯に至るまで幅広い器具を取り扱う。オーデリック フレッシュアイペディアより)

463件中 51 - 60件表示