580件中 51 - 60件表示
  • 色温度計

    色温度計から見た照明照明

    色彩照度計ともいい、住居やオフィス等の一般的な照明や、商品等を自然な色合いで観察できるようにするための店舗照明等の色を測定する。またプロジェクター等の投影型表示装置のホワイトバランスを調整したり、検査したりする目的でも用いられる。人間の目の分光感度に合わせたセンサーが搭載されており、相関色温度という指標で表示する。近年普及が進みつつあるLED照明などの連続でないスペクトルをもった光源を測定する場合には、センサーの分光感度が視感度に対して高精度で一致している必要がある。色温度計 フレッシュアイペディアより)

  • 警報システム

    警報システムから見た照明照明

    自動的に警報を発するものではブザーやベル、スピーカー(音声放送やサイレン)などの音響や照明の点灯・点滅を用いて知らせるものがある。建設現場や交通管制などでは、ホイッスルや誘導棒が警告の意味で用いられることがある。また、危険が常時存在する地域では標識(ピクトグラムや文字)で知らせるものがある。警報システム フレッシュアイペディアより)

  • 窓文字

    窓文字から見た照明照明

    窓文字(まどもじ)は、オフィスビルやホテルなど、縦横に多数の窓がある高層建築物において、カーテンやブラインドを開けた窓と閉めた窓、あるいは室内の照明を点灯した窓と消灯した窓を組み合わせ、遠方から見ることで文字や絵に見えるようにするもの。ウィンドウ・アート、ウィンドウ・イルミネーションとも呼ばれる。窓文字 フレッシュアイペディアより)

  • 山中峠

    山中峠から見た照明照明

    上記した通り、あまり整備の行き届いていない道である。但しこれは敦賀市側に限ってのことであり、南越前側は車2台分以上の幅の道が確保されているので安全に通行できる。又、山中トンネルも元は線路が走っていたトンネルである為、片側通行ではあるが非常に狭く照明も少ない。山中峠 フレッシュアイペディアより)

  • スタンドイン

    スタンドインから見た照明照明

    スタンドイン (stand-in) とは、映画やテレビ番組の撮影前に、配光、立ち位置を確認するといった照明や撮影の準備作業のために俳優の代理をする人物のこと。これらの作業に相当な時間がかかるため、俳優本人に行わせて肉体的、精神的負担が演技に悪影響を及ぼすのを避けるために代理を立てて行う。スタンドイン フレッシュアイペディアより)

  • イベント企画会社

    イベント企画会社から見た照明照明

    クライアントから提示されたテーマ・与件に従い、企画コンセプトを作成、美術造形、演出、照明、音響、映像、キャストなどを効果的に構成、企画書としてプレゼンテーションする。この工程は予算と全体プランを統括するプロデューサーと具体的なプランをディレクションする演出家を中心にして行われることが多い。イベント企画会社 フレッシュアイペディアより)

  • JCI日本芸術協会

    JCI日本芸術協会から見た照明照明

    茶室制作:映画会社・松竹、スタッフ:制作 阿部勉・池田幸雄、美術デザイン 横山豊、美術装置 矢部則之、照明 土山正人、美術装飾 川田直樹、小道具 高津装飾美術、コーディネーター:南久惠JCI日本芸術協会 フレッシュアイペディアより)

  • WX01K

    WX01Kから見た照明照明

    カメラは引き続きオートフォーカスやライトが付いており、画素数は約300万画素に上がった。WX01K フレッシュアイペディアより)

  • 撮影技師

    撮影技師から見た照明照明

    撮影技師は照明やカメラワーク、レンズやフィルムの選択まで幅広く指示を出すことから、撮影現場の最高位・映画技師の右腕として重要な役割を持つ。撮影技師 フレッシュアイペディアより)

  • 配管

    配管から見た照明照明

    照明設備や動力設備などの商用電源用ケーブルや自動火災報知設備や放送設備など弱電設備用のケーブルを保護するために電線管や電線ダクトを使用する。漏電による感電事故を未然に防ぐために、必ず管を接地する。配管 フレッシュアイペディアより)

580件中 51 - 60件表示

「照明器具」のニューストピックワード