463件中 61 - 70件表示
  • カラー鋼板

    カラー鋼板から見た照明照明

    などのデメリットも存在しており、両者をよく考慮して採用可否を判断することが求められる。住宅用照明器具や一部の家電製品、文具など、耐食性がほとんど必要とされない分野を中心に使用されている。なお、この製品については、公的な工業規格は存在しない。カラー鋼板 フレッシュアイペディアより)

  • 冬景色

    冬景色から見た灯火照明

    嵐吹きて雲は落ち、時雨(しぐれ)降りて日は暮れぬ。若(も)し灯火(ともしび)の漏れ来(こ)ずば、それと分かじ、野辺(のべ)の里。冬景色 フレッシュアイペディアより)

  • 宇賀ダム

    宇賀ダムから見た照明照明

    太田川水系における水力発電は1912年(明治45年)7月、広島電灯・亀山発電所の運転開始に始まる。その後、照明や工場機械の電化に伴い電力需要は増加。1916年(大正5年)には太田川の水不足もあいまって、亀山発電所だけでは電力需要をまかないきれない状況に陥っていた。広島電灯は水力発電に加え火力発電も併用して電力供給に努め、他の電力会社を吸収合併するなどして勢力を伸ばしていった。そのころ、同じ電力会社として広島県において勢力を2分していたのが広島呉電力である。第一次世界大戦の影響で工場の電化がいっそう進んだことと、海軍の街として発展していた呉市で営む電気鉄道事業(呉市電)が同社の好調な経営を支えていた。しかし、第一次大戦終結後にもたらされた不景気が両社の経営を悪化させたことから、両社は1921年(大正10年)8月12日に合併し、広島電気が設立された。同社は発電所の新設ならびに老朽化した発電所の更新によって経営の合理化を図ってゆくという方針のもと、水力発電所として最初に建設が着手されたのが太田川発電所(のちに間野平発電所に改名)であった。これは亀山発電所の上流に建設するもので、日立製作所製水車発電機を3台設置。太田川から16.7立方メートル毎秒の水を取り入れ、47.3メートルの落差を利用して最大6,000キロワット(のちに9,000キロワットに増強)の電力を発生するものである。工事は1923年(大正12年)7月に着工。1925年(大正14年)6月に運転を開始した。こうして完成した間野平発電所であるが、その裏では水利権をめぐる争いがあった。宇賀ダム フレッシュアイペディアより)

  • ドン・プロダクションズ

    ドン・プロダクションズから見た照明照明

    クルー手配(DOP、ローダー、フォーカス、照明、グリップ、ヘアメーク、美術等)ドン・プロダクションズ フレッシュアイペディアより)

  • シトロエン・CX

    シトロエン・CXから見た照明照明

    内装は、ダッシュボードやメータークラスター、ドアトリムなど大幅に形状が変更された。また、ボビン式(回転ドラム)であったメーター類も一般的なアナログ式となった。しかし、ウインカーやライト、ワイパー、ホーンのスイッチ類をメータークラスターに集中配置したクラスタースイッチは引き継がれた。シトロエン・CX フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロールショー

    ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロールショーから見た照明照明

    ステージ向かって左上部にあるライトは、モンスターが着替えている間、ビートルジュースの合図で花火が出るシーンで舞台上部に引き上げられる。そしてこの時にステージ上方奥からスポットライトが降りてくる。ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロールショー フレッシュアイペディアより)

  • 十文字美信

    十文字美信から見た照明照明

    1968年、試験所を辞め、写真家を志す。東京綜合写真専門学校に入学するも、2ヶ月で退学。六本木スタジオで働き始め、ライティング(照明技術)を学ぶ。十文字美信 フレッシュアイペディアより)

  • 国際無線障害特別委員会

    国際無線障害特別委員会から見た照明照明

    SC-F : モーター、電動工具、照明器具などからの妨害、イミュニティ。国際無線障害特別委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ミザンセーヌ

    ミザンセーヌから見た照明照明

    映画批評において「ミザンセーヌ」という言葉が濫用されたため、永らく未定義語のままであったが、一般的に映画界においては「カメラに映るすべてのもの」を意味する。つまり、セット(装置)、小道具、俳優、衣裳、照明効果といったものである。またセットにおける俳優の位置や動き、「ブロッキング」と呼ばれるものも含まれる。ミザンセーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 16番ゲージ

    16番ゲージから見た照明照明

    2000年代以降、エレクトロニクス技術の応用で新しい制御方式が誕生している。デジタルコマンドコントロール (DCC) と呼ばれる制御方式は、12ボルト電源を採用しながらも、線路上にデジタル信号を送信して車両ごとの運転操作やライトの制御、サウンド制御を行うことができる。また、線路に流れる電圧は、12ボルトで一定なので、ライトの明るさは模型列車の速度の影響を受けない。16番ゲージ フレッシュアイペディアより)

463件中 61 - 70件表示