463件中 81 - 90件表示
  • 部室

    部室から見た照明照明

    部室には、たいてい蛍光灯などの照明があり、また一般的に電源コンセントは備え付けられている。しかし、水道、ガス、電話、通信回線(LANなど)を備えているものは少ない。活動場所を十分に確保できない小規模な文化部などでは、部室は重要な活動拠点であり、部室の設備拡充が望まれることも多いが、多くの学校では部活動は課外活動であるので、部室設備が拡充されることは少ない。部室 フレッシュアイペディアより)

  • 常夜灯

    常夜灯から見た照明器具照明

    家庭で使われる室内照明器具に組み込まれているナツメ球も常夜灯と呼ばれる。主に就寝中の安全確保のために使用する。スイッチを紐やリモコンで操作して段階的に切り替えて点灯させるタイプが一般的である。常夜灯 フレッシュアイペディアより)

  • JCI日本芸術協会

    JCI日本芸術協会から見た照明照明

    茶室制作:映画会社・松竹、スタッフ:制作 阿部勉・池田幸雄、美術デザイン 横山豊、美術装置 矢部則之、照明 土山正人、美術装飾 川田直樹、小道具 高津装飾美術、コーディネーター:南久惠JCI日本芸術協会 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸民具街道

    江戸民具街道から見た灯火照明

    江戸民具街道(えどみんぐかいどう)は、神奈川県足柄上郡中井町にある、江戸時代から戦前にかけての民具を灯火を中心に伝える資料館。江戸民具街道 フレッシュアイペディアより)

  • 六十里越

    六十里越から見た照明照明

    六十里越のトンネルでは唯一、照明のあるトンネルである。六十里越 フレッシュアイペディアより)

  • 山田照明

    山田照明から見た照明照明

    山田照明株式会社(やまだしょうめい、)は、東京都千代田区に本社を置く照明器具メーカー。YAMADAの商標で知られる。山田照明 フレッシュアイペディアより)

  • エピスコープ

    エピスコープから見た照明照明

    エピスコープ()またはオペークプロジェクタ()は、オーバーヘッドプロジェクタの元となった機械。他に 実物幻灯機、実物投影機、反射幻灯機(反射式幻灯機)、epidioscope あるいは epidiascope とも呼ばれる。不透明な物体を明るい光源(照明)で照らし、その反射光により像を投影する。また、スクリーンに像を結ぶためにレンズやプリズムが使われる。反射光を投影するため、オーバーヘッドプロジェクタに比較してより明るい照明とより大きなレンズを必要とする。初期の製品ではライムライトが利用され、その後の製品でも小型の製品ではハロゲンランプ、大型のスクリーンに投射するものではメタルハライドランプといった、発光に際して熱放射も発生する光源が利用された。そのため、光源の熱で機器の材質や投影対象物がダメージを受けないように注意が必要となり、投影に際して原稿に放射熱が行かないよう工夫が凝らされたり、絶えず冷却した。しかしそれでも長時間の投影には向かなかった。このため、エピスコープはオーバーヘッドプロジェクタほど普及することはなかった。エピスコープ フレッシュアイペディアより)

  • リングフラッシュ

    リングフラッシュから見た調光照明

    最近の製品、例えば現行製品(2007年)であるオリンパスやサンパックのリングフラッシュはTTL自動調光が実現されており、クリップオンフラッシュ型の調光部+電源をシューに取り付けるようになっている。リングフラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 泉ヶ岳

    泉ヶ岳から見た照明照明

    泉ヶ岳の南東斜面にある泉ヶ岳スキー場()と、北東斜面にあるスプリングバレー泉高原スキー場()の二つのスキー場がある。仙台市街地から1時間程度で到達できる、市街地直近のスキー場であり、平日の勤め帰りに訪れるスキーヤーもいる。スノーボード解禁となったのが比較的早く、ハーフパイプも設置されていたため、東北地方各地からスノーボーダーが集まった時期もあった。ナイタースキーの照明は市街地からも見ることが出来、2つのスキー場の明かりが山の形に沿って「ハ」の字に見えるのが1つの名物ともなっている。逆に、泉ヶ岳でナイタースキーをしていると、仙台市街地の夜景に飛び込むような錯覚を得る。泉ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • ポジャールスキー公 (装甲巡洋艦)

    ポジャールスキー公 (装甲巡洋艦)から見た照明照明

    また、この航海は艦船のシステムや機関、全軍事技術の信頼性や効果の確認テストには絶好の機会となった。1880年にソコトラ島沖のアラビア海を航行していた際に遭遇した嵐の中では、舵手 6 人掛りで進路を維持するのがやっとであった。このことからも、手動式から機械式操舵伝動装置への移行の必要性は明らかであった。探照燈のような電気式照明器具の必要性もまた、確認された。ポジャールスキー公 (装甲巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

463件中 81 - 90件表示