1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示
  • 照明

    照明から見た撮影監督

    照明(しょうめい)は、各種光源を利用して、何らかの目的をもって特定の場所を明るくする行為や機能のこと。夜間や暗所での視環境を良くしたり、光を利用して空間のイメージに変化を加えるために用いられる事が多い。舞台や映画撮影、写真撮影ではライティングと呼ばれることが多い。そのために、照明をデザインする職業を照明デザイナーまたはライティングデザイナー、撮影監督と呼ぶことも多い。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見た行灯

    かがり火、松明、ろうそくや灯明(行灯など)による照明が主流。提灯(ちょうちん)。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見た流木

    画像:流木を使った照明器具アキヨシP8026430●.jpg|流木と馬車の車輪を使った手作り照明照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見た環境負荷

    新たな照明として、施設や家庭などで白熱電球に比べて環境負荷が少なく発光効率の高い、LED照明が使用されるようになってきている。また、将来的には有機EL照明の普及も予想される。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見たサーチライト

    竹ひごを筒状に組みその周囲に障子紙を張ったもの中に蝋燭が入っている。蝋燭の明かりが障子を通し外を照らす。夜にこれを持ちながら歩くと道中の明かり取りになる。家の前にかけておくと外灯にもなる。また使用しない時は上下から折り畳む事が出来る。周りに障子紙が貼られているので風で火が消えることはほとんどない。また上下に穴が空いて空気が通るため酸素不足で火が消えることもない。昔の懐中電灯で、現在実用として使われることはほとんどない。発展形として龕灯(木などで作られ背後に握りの付いた桶状の胴部を持ち、中の蝋燭立が常に正立する様仕組まれた、云わばサーチライト)がある。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見たメタルハライドランプ

    あらゆる球技場で使用される屋外照明。意匠は施設にマッチしたものを使うことが多い。ランプは寿命の長い高輝度放電灯(主にメタルハライドランプ)を使うことが多く、演色性もある程度考慮される。競技中まぶしくなりにくいよう設置される。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見た灯明

    かがり火、松明、ろうそくや灯明(行灯など)による照明が主流。提灯(ちょうちん)。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見たたき火

    たき火などで夜行性の肉食獣等の外敵から身を守った。照明 フレッシュアイペディアより)

  • 照明

    照明から見た有機EL照明

    新たな照明として、施設や家庭などで白熱電球に比べて環境負荷が少なく発光効率の高い、LED照明が使用されるようになってきている。また、将来的には有機EL照明の普及も予想される。照明 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
39件中 31 - 39件表示