熊本中南部のできごと ニュース&Wiki etc.

八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市。日本三大急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地がある。江戸時代には、熊本藩主細川氏の筆頭家老松井氏の城下町として栄えた。 (出典:Wikipedia)

「熊本中南部のできごと」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「八代市」のつながり調べ

  • 八代市立泉第一小学校

    八代市立泉第一小学校から見た八代市

    八代市立泉第一小学校(やつしろしりつ いずみだいいちしょうがっこう)は、熊本県八代市泉町下岳にある小学校。(八代市立泉第一小学校 フレッシュアイペディアより)

  • キシュウミカン

    キシュウミカンから見た八代市

    ミカンとしては最初に日本に広まった種類である。中国との交易港として古くから栄えていた肥後国八代(現熊本県八代市)に中国浙江省から小ミカンが伝り、高田(こうだ)みかんとして栽培され肥後国司より朝廷にも献上されていた、それが15世紀〜16世紀ごろ紀州有田(現和歌山県有田郡)に移植され一大産業に発展したことから「紀州」の名が付けられた。また江戸時代の豪商である紀伊国屋文左衛門が、当時江戸で高騰していたミカンを紀州から運搬し富を得たとされる伝説でも有名である。(キシュウミカン フレッシュアイペディアより)

「八代市」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「熊本中南部のできごと」のニューストピックワード