641件中 81 - 90件表示
  • 坂口れい子

    坂口れい子から見た八代市八代市

    熊本県八代市に山本慶太郎とマキの二女として生まれた。父親は高田村(現八代市)の富農の出身で、30代で八代町長を務め辣腕を振った。マキは農家出身であるが、どんな人でも優しく平等に接するように教育した。代陽女子尋常小学校から、旧制八代中学に進み、2年生の時少女倶楽部に投稿した短編小説「こはれた時計」が特選となった。熊本女子師範学校(現熊本大学)1933年に卒業。母校代陽小学校の教員となる。1938年からは台湾の台中北斗小学校で小学校教諭を務めながら執筆活動を行う。1940年に歌の同人誌で知り合った坂口貴敏と結婚。1943年に『灯』で第1回台湾文学奨励賞受賞。1946年に引揚げ、八代商業高等学校などの教諭を務める。1953年に『蕃地』で第3回新潮社文学賞受賞。また、『蕃婦ロポウの話』(1960年)、『猫のいる風景』(1962年)、『風葬』(1964年)で3度の芥川賞候補に挙げられながら、賞に恵まれなかった。坂口れい子 フレッシュアイペディアより)

  • さつま号 (八代 - 川内線)

    さつま号 (八代 - 川内線)から見た八代市八代市

    さつま号(八代 - 川内線)とは、かつて熊本県八代市から鹿児島県川内市(現在の薩摩川内市)とを結んでいた快速バスである。さつま号 (八代 - 川内線) フレッシュアイペディアより)

  • 翔薬

    翔薬から見た八代市八代市

    熊本営業部:熊本支店、八代支店翔薬 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年下半期の市町村合併

    2005年下半期の市町村合併から見た八代市八代市

    熊本県八代市+八代郡坂本村+千丁町+鏡町+東陽村+泉村=八代市(新設)2005年下半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 二本杉峠

    二本杉峠から見た八代市八代市

    二本杉峠(にほんすぎとうげ)は、熊本県下益城郡美里町早楠と同県八代市泉町仁田尾の境に位置する国道445号の峠であり標高1,100mのところにある。二本杉峠 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市警察

    八代市警察から見た八代市八代市

    八代市警察(やつしろしけいさつ)は、かつて存在した熊本県八代市の自治体警察。八代市警察 フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥のみち、肥薩のみちほか

    陸奥のみち、肥薩のみちほかから見た八代市八代市

    1972年1月より薩摩の人間風土を背景にした小説『翔ぶが如く』を執筆していた司馬は、この旅のはじめに、その小説の最終で描くことになる西南戦争の激戦地・田原坂を訪れる。さらに南下し、八代に立ち寄ったあと、人吉街道を通り、人吉にて1泊。人吉では鎌倉時代から700年以上続いた相良氏の城跡を訪れる。そのあと、戦国以降西南戦争まで藩外に対して閉ざされていた久七峠を越え、薩摩藩領に入る。その夜は鹿児島の三大ホテルの一つといわれるところに泊まったが、その猥雑さに鹿児島には洗練された文化意識というものが絶えてしまったのだという思いを抱いた。陸奥のみち、肥薩のみちほか フレッシュアイペディアより)

  • 平田光宗

    平田光宗から見た八代市八代市

    養父の昌宗は島津貴久の家老を務め、光宗も天正3年(1575年)より、貴久の後を継いだ島津義久の家老に抜擢された。薩摩国郡山(現・鹿児島県鹿児島市郡山町)と西別府(現・鹿児島市西別府町)を領し、下郡山に住んでいたが、後に帖佐(現・鹿児島県姶良市)と肥後国八代(現・熊本県八代市)の地頭に任じられ、それぞれに在番した。平田光宗 フレッシュアイペディアより)

  • 町田久倍

    町田久倍から見た八代市八代市

    その後は島津義弘に従い八代に在陣し、九州制覇に向け貢献するも天正15年(1587年)に豊臣秀吉が行った九州征伐により島津氏は敗れ、義久は泰平寺(鹿児島県薩摩川内市)にて秀吉と和睦を結び、名を龍伯と改めた。義久は上洛し聚楽城にて改めて臣従の意を示したが、その際に久倍は嫡子忠綱と二男久幸を連れ義久の供をしている。町田久倍 フレッシュアイペディアより)

  • 二見村

    二見村から見た八代市八代市

    二見村 (熊本県) - 熊本県 葦北郡 に所在。現・八代市二見村 フレッシュアイペディアより)

641件中 81 - 90件表示

「熊本中南部のできごと」のニューストピックワード