227件中 91 - 100件表示
  • 八代市

    八代市から見た興人

    明治時代になり八代港が近代的な港湾として整備され、1890年(明治23年)に九州第1号のセメント工場ができたのを皮切りに、以後製紙工場(九州製紙、現日本製紙)、日曹人絹パルプ(現興人)、昭和酒造(現メルシャン)と相次いで進出し、工業都市へと発展した。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見たヤマハ発動機

    ヤマハ熊本プロダクツ八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た麻生交通

    麻生交通(甲佐町 - 泉町「氷川ダム」間を運行)八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た球磨川

    八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市。日本三大急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地がある。江戸時代には、熊本藩主細川氏の筆頭家老松井氏の城下町として栄えた。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た八代駅

    鮎製品(八代駅で販売されている駅弁「鮎屋三代」は、球磨川で獲れた天然の鮎を使った出汁で炊いた御飯に、鮎の甘露煮が乗っている。JR九州の「人気駅弁ランキング」で3年連続1位に輝く。)八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た一国一城令

    1615年に一国一城令が出されたが、麦島城は一国一城令の例外として残り、肥後国は熊本城と麦島城の一国二城体制となった八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た松浜軒

    1688年に城主松井直之が築いた御茶屋「松浜軒(しょうひんけん)」が今に残り、国の名勝に指定されている。ハナショウブなど四季折々の花が美しい庭園を備え、園内の松井文庫の資料館には松井家の家宝が展示されている。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見たイグサ

    江戸時代以来の干拓によって広がった平野部では農業が盛ん。畳表の原料となるいぐさの生産は日本一で、国産の約8割を占める。ただし、近年は安い中国産に押され、作付面積が最盛期の3分の1と急激に減少している。また、国内最大の柑橘類・晩白柚(ばんぺいゆ)も特産品で日本一の生産量を誇る。最近はトマトの一大産地としても知られる。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た不知火海

    八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市。日本三大急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地がある。江戸時代には、熊本藩主細川氏の筆頭家老松井氏の城下町として栄えた。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た八代城

    古来より八代は博多、坊津と並ぶ九州の対外貿易港で、みかんが中国南部より伝来した地であるとされる。平安時代末期には日宋貿易を重視した平清盛の所領であり、鎌倉時代になると執権北条氏の所領となった。室町時代初めの1334年に建武の新政時の功績により伯耆国で海運業を営んでいた名和長年の子、名和義高が八代荘地頭職を賜り、古麓城と城下町を築いた。名和氏は、隣の球磨郡の領主・相良氏と室町時代を通じてたびたび争ったが、1504年、相良氏が名和氏を追い八代に進出。相良氏は本拠を古麓に移し、徳渕津が中国との貿易港として大いに栄えた。しかし、1582年には相良氏は南の薩摩・大隅から勢力を伸ばしてきた島津氏に服属し、八代から退いた。八代市 フレッシュアイペディアより)

227件中 91 - 100件表示

「熊本中南部のできごと」のニューストピックワード