227件中 71 - 80件表示
  • 八代市

    八代市から見た薩摩国

    古来より八代は博多、坊津と並ぶ九州の対外貿易港で、みかんが中国南部より伝来した地であるとされる。平安時代末期には日宋貿易を重視した平清盛の所領であり、鎌倉時代になると執権北条氏の所領となった。室町時代初めの1334年に建武の新政時の功績により伯耆国で海運業を営んでいた名和長年の子、名和義高が八代荘地頭職を賜り、古麓城と城下町を築いた。名和氏は、隣の球磨郡の領主・相良氏と室町時代を通じてたびたび争ったが、1504年、相良氏が名和氏を追い八代に進出。相良氏は本拠を古麓に移し、徳渕津が中国との貿易港として大いに栄えた。しかし、1582年には相良氏は南の薩摩・大隅から勢力を伸ばしてきた島津氏に服属し、八代から退いた。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た総務省

    2004年、日本で最初の地域SNSであるごろっとやっちろを開設した。そのシステムを動かしているopen-gorottoは、八代市職員の小林隆生が一人で開発したものでオープンソース化され、総務省はこれをベースにしたシステムを導入した地域SNS計画を進めている。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た渡瀬常吉

    渡瀬常吉・牧師、宣教師八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た一級水系

    球磨川水系(一級水系八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た佐田介石

    佐田介石・仏教僧侶、攘夷運動・梵暦運動の指導者八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た伊勢神宮

    肥後国誌には「八代」の地名の由来は社(やしろ)で、天照皇太神の山陵が上古にこの地に在ったので「やしろ」と言われるようになったと記されており、九州王朝説では倭姫命が定めた伊勢神宮のあった伊勢の有力候補地とされる。(参照→九州王朝)八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た国土交通省

    国土交通省九州地方整備局八代河川国道事務所八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見たコミュニティ放送

    (株)エフエムやつしろ(Kappa FM)は、1997年10月1日より本放送を開始したコミュニティ放送である。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た隈本城

    その後の1587年には島津氏も豊臣秀吉の天下統一の過程で行われた九州征伐で八代を追われた。当時の八代の人口は五万を数え肥後国の中で最も栄えていると記録されており、秀吉は隈本城や古麓城など肥後を佐々成政に与えたが徳渕津は豊臣家の直轄領とし番大将として寺西次郎介が入った。肥後国人一揆で佐々成政が滅亡した後、肥後国南部の領主となった小西行長は、古麓城を廃城とし新たに八代支配の拠点として1588年に 麦島城を築いた。関ヶ原の戦いの後、熊本城主・加藤清正が肥後一国の領主となり、1612年、城代として加藤正方が麦島城に入った。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見た検疫所

    農林水産省門司植物防疫所八代出張所八代市 フレッシュアイペディアより)

227件中 71 - 80件表示

「熊本中南部のできごと」のニューストピックワード