前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
545件中 1 - 10件表示
  • 東海道線 (JR東日本)

    東海道線 (JR東日本)から見た高崎線高崎線

    朝ラッシュ時の利用者が1日の普通列車利用者数の半数を占め(1989年時点)、また遠距離通勤客の増加による混雑の激化を背景に、JR東日本はラッシュ時の輸送改善に力を入れており、貨物線を有効活用した通勤ライナーの増発や2階建てグリーン車の連結による着席サービスの向上、座席のロングシート化による定員増や4ドア普通車の導入などによる混雑緩和が図られている。2001年からは新たな運行体系として、横須賀線の線路と山手貨物線新宿駅を経由して高崎線へと直通する湘南新宿ラインの運行が開始された。将来は東京駅から現在東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線の始発駅となっている上野駅までの列車線を新設し、これらの路線との直通運転が開始される予定となっている(東北縦貫線計画)。東海道線 (JR東日本) フレッシュアイペディアより)

  • 湘南新宿ライン

    湘南新宿ラインから見た高崎線高崎線

    湘南新宿ライン(しょうなんしんじゅくライン)は、東京都新宿区の新宿駅を経由し、東北本線(宇都宮線)と横須賀線、および東海道本線と高崎線を相互直通運転する東日本旅客鉄道(JR東日本)の中距離電車の系統路線名である。湘南新宿ライン フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E231系電車

    JR東日本E231系電車から見た高崎線高崎線

    本系列は、老朽化および陳腐化が進んだ首都圏の通勤車両(103系、201系、205系ならびに301系)および近郊形車両(113系ならびに115系)の置き換え用として開発、投入された。0番台は2000年(平成12年)3月より中央・総武緩行線(習志野電車区)に、次いで近郊タイプが同年6月より東北本線(宇都宮線)(小山電車区)に、500番台が2002年(平成14年)4月より山手線(山手電車区)に、そして800番台が2003年(平成15年)5月より地下鉄東西線直通用に、それぞれ順次投入され、現時点ではその運行範囲は宇都宮線、常磐線、成田線、東海道本線、伊東線、高崎線、上越線、両毛線、横須賀線、湘南新宿ラインにまで拡大している。JR東日本E231系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東北本線

    東北本線から見た高崎線高崎線

    現在「東北本線」と呼ばれる線路は、日本鉄道の時代は「奥州線」と呼ばれたり、地図上では「東北鉄道」などの記載も見られたが、同社の定款では「第一区」から「第五区」、国有化直前時点の定款では仙台駅を境に「本線南区」・「本線北区」と称していた。国有化後の1909年(明治42年)10月12日には鉄道院告示第54号国有鉄道線路名称左ノ通定ムにより、当線は主な経由地(福島県・宮城県・岩手県・青森県)の地方名として定着していた「東北」を冠し「東北線の部 東北本線」となった。この時「東北線の部」に属していた路線は東北本線、山手線、常磐線、隅田川線、高崎線、両毛線、水戸線、日光線、岩越線、塩釜線、八ノ戸線の11路線であり、東北本線はこの中の「本線」とされ「東北線の部」の幹線であった。主要経由地の4県は明治以前の令制国では陸奥国(奥州)の地域であったが、戊辰戦争の戦後処理の一環で明治政府が出羽国(羽州)と共に1868年(明治元年)に分割(「陸奥国 (1869-)」参照)、これに伴い民権派が薩長土肥を『西南』と呼んだのに対し、旧奥羽両国を指す新名称として明治10年代から使用し、当線の改称時には一般化していた「東北」が採用された。東北本線 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮線

    宇都宮線から見た高崎線高崎線

    ラインカラーは首都圏地区の東海道線や高崎線と同様、車体色の一部に用いられているオレンジ()で案内されている。宇都宮線 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄電気軌道

    本庄電気軌道から見た高崎線高崎線

    八高線開通前、陸の孤島状態であった児玉町やその南の群馬県多野郡鬼石町(現在の藤岡市鬼石地区)と高崎線を連絡する交通機関として活躍した。本庄電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • ホームライナー古河・鴻巣

    ホームライナー古河・鴻巣から見た高崎線高崎線

    ホームライナー古河(ホームライナーこが)およびホームライナー鴻巣(ホームライナーこうのす)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が首都圏で運行するホームライナーである。東北本線(宇都宮線)で運行されるものが「ホームライナー古河」、高崎線で運行されるものが「ホームライナー鴻巣」である。ホームライナー古河・鴻巣 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た高崎線高崎線

    冬の平野部、特に西回り寒波の場合、南関東や沿岸地方は周囲の山脈が寒気の流入を阻むことから、大陸からの寒気の影響を受けにくく、九州南部や種子島よりも最低気温、最高気温が高くなることも多い。また、寒気に覆われても、晴れるために南関東では日中の気温は比較的高く、関東平野では南岸低気圧の積雪時の方が最も寒さを感じやすい。一方、南関東を含めた太平洋・東京湾沿岸部を除いた内陸部は冬の冷え込みが厳しく、日格差が非常に大きくなる。特に、真岡、那須烏山、大子、鳩山など栃木県や茨城県を中心とした内陸部は朝の気温が-10度を下回ることもあり、日中との気温差が20度近くになることも珍しくない。東京大手町(気象台)、横浜(気象台)、千葉(旧測候所)は例外的にヒートアイランド現象により、冬の最低気温が極めて高く、島嶼部や岬などを除くと、全国で最も高い日も多い。しかしながら、周囲の冷え込みは厳しく、上記観測地点から数キロ程度内陸の地点に行くだけで、朝の気温差が5度以上になることもある。千葉と佐倉や成田、東京大手町と練馬や府中、横浜と海老名はその代名詞である。また、関東内陸部でも宇都宮(ヒートアイランド)、所沢(湖に隣接)は特に冬場の最低気温が周囲よりも高い場所となっている。北関東でも群馬県の前橋、伊勢崎から埼玉県の熊谷にかけての高崎線沿線いの上武地域は最低気温が高く、南関東内陸部の地点(府中、八王子、佐倉など)よりも高いことが多い。これは、からっ風によるフェーン現象とヒートアイランドの影響である。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 桶川市

    桶川市から見た高崎線高崎線

    埼玉県の中央部に位置し、市域の多くは大宮台地の上にある。市の中心を南北に国道17号、旧中山道、高崎線が通り、東西に埼玉県道12号川越栗橋線が通る。桶川市 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代のJRダイヤ改正

    2010年代のJRダイヤ改正から見た高崎線高崎線

    宇都宮線・高崎線の「ホームライナー古河・ホームライナー鴻巣」の一部列車は、後述の急行「能登」の臨時列車格下げにより、489系金沢車から485系新潟車に置き換えられた。2010年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
545件中 1 - 10件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード