545件中 91 - 100件表示
  • 群馬県道133号元島名倉賀野線

    群馬県道133号元島名倉賀野線から見た高崎線高崎線

    前橋市方面から倉賀野市街地への短絡路として利用される。近年では、終点付近の沿道に大型店が進出するなど開発が進んでいるが、路線の整備は進んでおらず、JR高崎線の踏切などで渋滞が慢性化している。群馬県道133号元島名倉賀野線 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道460号中十条赤羽線

    東京都道460号中十条赤羽線から見た高崎線高崎線

    赤羽駅(JR京浜東北線・宇都宮線(東北本線)・高崎線・埼京線(赤羽線))東京都道460号中十条赤羽線 フレッシュアイペディアより)

  • 行田馬車鉄道

    行田馬車鉄道から見た高崎線高崎線

    行田馬車鉄道(ぎょうだばしゃてつどう)は、かつて埼玉県北足立郡吹上村(今の鴻巣市)の高崎線吹上駅前から、現在の行田市中心部までを結んでいた馬車鉄道線である。行田馬車鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷寺 (熊谷市)

    熊谷寺 (熊谷市)から見た高崎線高崎線

    JR高崎線・上越新幹線・秩父鉄道 熊谷駅より、国際十王バスまたは朝日バス約5分 「熊谷寺前(ゆうこくじまえ)」停留所下車。熊谷寺 (熊谷市) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (明治)

    日本の鉄道史 (明治)から見た高崎線高崎線

    この会社が1885年に開通させた前橋駅 - 赤羽駅 - 品川駅のルート(のちの高崎線・赤羽線・山手線)は、官営鉄道(品川駅 - 横浜駅)と合わせて当時の主要輸出商品であった生糸や絹織物の産地と輸出港を結ぶ路線となり、鉄道による産業発展への貢献の第一号となった。日本の鉄道史 (明治) フレッシュアイペディアより)

  • 本庄サーキット

    本庄サーキットから見た高崎線高崎線

    JR高崎線本庄駅よりタクシー約25分。本庄サーキット フレッシュアイペディアより)

  • ぐるっとくん

    ぐるっとくんから見た高崎線高崎線

    1998年10月に運行開始。その後、新路線の追加、既存路線の延伸、新型車両の導入を行い現在では県内最大規模のコミュニティバス路線網をもつ。全ての路線がJR高崎線上尾駅を起終点とする循環路線である。市内循環バスと称するが隣接する さいたま市や桶川市にバス停留所が多数存在する。市内にはUDトラックス(旧:日産ディーゼル)本社があり、ガススタンドが整備されているため、同社製のCNG(圧縮天然ガス)バスを中心として積極的に導入している。また、東武バスカラーの車両も存在する。ぐるっとくん フレッシュアイペディアより)

  • 上尾市立平方小学校

    上尾市立平方小学校から見た高崎線高崎線

    JR高崎線上尾駅よりバス、平方学校前上尾市立平方小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上尾市立平方東小学校

    上尾市立平方東小学校から見た高崎線高崎線

    JR高崎線上尾駅よりバス (西上尾第二団地)上尾市立平方東小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 関東内陸工業地域

    関東内陸工業地域から見た高崎線高崎線

    これら関東地方の内陸工業地に一貫する特徴として、主に輸送機器工業を中心とする多岐に亘る工業事業所が散在していることが挙げられ、その主な工業都市として栃木県宇都宮市、同上三川町、群馬県太田市、同伊勢崎市、埼玉県狭山市や同川越市などがあり、多くの工業団地が造成・分譲されている。これらの主要工業都市は東北自動車道や関越自動車道(あるいはJR宇都宮線や東武伊勢崎線)の沿線に立地するほか、その他の工業都市も常磐自動車道、国道4号や国道6号、国道16号、国道17号、国道50号といった主要道路(あるいはJR常磐線や高崎線、両毛線といった鉄道路線)の沿線に在って、製品市場である東京圏や港湾と結ばれている。関東内陸工業地域 フレッシュアイペディアより)

545件中 91 - 100件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード