687件中 101 - 110件表示
  • 国道17号

    国道17号から見た高崎線高崎線

    起点である日本橋から高崎市の君が代橋東交差点にかけては五街道の一つである中山道、群馬県北部の一部及び新潟県内の大半の区間では三国街道を辿る。群馬県内及び新潟県内の大半の区間では関越自動車道と、新潟県内の国道8号との重複区間では北陸自動車道と並走しており、関越道は、当路線の番号を継承した「E17」がナンバリングされている。鉄道路線ではほぼ全線にわたり高崎線・上越線・上越新幹線と並走する(なお東京都内の白山駅付近から志村坂上駅にかけては都営地下鉄三田線が下を通り、埼玉県内のうちさいたま市大宮区以南では東北本線(京浜東北線・宇都宮線及び支線である埼京線も含む)・東北新幹線とも並走する)。国道17号 フレッシュアイペディアより)

  • Suica

    Suicaから見た高崎線高崎線

    このサービスは2015年4月現在、JR東日本の東京近郊各線(湘南新宿ライン・上野東京ライン・宇都宮線(東北本線)・高崎線・上越線・両毛線・東海道本線・伊東線・横須賀線・総武本線・成田線・内房線・外房線・常磐線)の普通列車グリーン車自由席で実施されており、Suica(モバイルSuicaはクレジットカード情報登録済みのもののみ)のほかPASMO、TOICA、Kitacaの4種類のICカードでのみ利用可能である。その他の相互利用可能なICカードとEASYモバイルSuicaでは利用できない。Suica フレッシュアイペディアより)

  • さいたま新都心駅

    さいたま新都心駅から見た高崎線高崎線

    乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線1路線のみである(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車、および中距離電車である宇都宮線(東北線)・高崎線(隣の大宮駅から分岐)の列車が停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として案内されている。なお、宇都宮線・高崎線の列車は列車線で運行される上野駅発着系統、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。旅客ホームが設置されていない東北貨物線上を走行する湘南新宿ラインや武蔵野線直通列車などは通過する。駅番号は宇都宮線がJU 06、京浜東北線がJK 46。さいたま新都心駅 フレッシュアイペディアより)

  • 山手線

    山手線から見た高崎線高崎線

    田端駅から東京駅までは、正式には東北本線の電車線を走行する区間となり、山手線電車は京浜東北線の北行・南行線路に挟まれて南へ進む。田端駅を出ると800mほどで東京メトロ千代田線と接続する西日暮里駅。同駅手前から左側の東北新幹線の向こう側に複々線の東北列車線(宇都宮線・高崎線)の線路が現れて並行し、西日暮里駅を出てさらに進むと京成本線と常磐線が東側から現れて日暮里駅に至る。同駅ではほかに日暮里・舎人ライナーも接続するが、宇都宮線・高崎線に駅は無い。また東北新幹線は同駅付近から地下に潜っていく。日暮里駅から上野駅までは山手線、京浜東北線、宇都宮線・高崎線、常磐線を合わせて10本5複線の線路が並行。まずはこれらの線路を京成本線が跨いでいく。都道319号(言問通り)をくぐると東側にある上野恩賜公園の脇に差し掛かり、山手・京浜東北線の鶯谷駅へ。続いて公園沿いに右へカーブし、宇都宮・高崎、常磐の各線の線路が高架線と地上線に分かれると、東北・信越各方面へのターミナル駅である上野駅に至る。宇都宮線・高崎線と常磐線はかつて、同駅を運行上の起点としていたが、2015年(平成27年)3月14日にはこれらの線路がこの先の東京駅まで繋がった(上野東京ライン)。また地下には東北新幹線のホームもあり、かつては新幹線も上野駅を始発駅としていた。駅西側の上野恩賜公園内には上野動物園があり、京成本線は同公園の地下を通ってJR上野駅南西にある京成上野駅に発着している。山手線 フレッシュアイペディアより)

  • 京浜東北線

    京浜東北線から見た高崎線高崎線

    全区間に方向別複々線を採用。東京都心部の電車区間内の複々線で貨客分離をのぞけば中央線の御茶ノ水駅 - 中野駅間とこの区間のみが完成していたに過ぎない。このうち、品川駅 - 東京駅間は戦前の京浜線急行電車計画によりすでにホームや高架橋の一部などが完成しており(対米戦の開始により未成に終わった)、分離以前は東北線・高崎線・常磐線の一部列車が朝夕ラッシュ時に上野駅から新橋駅まで、常磐線の国電(現行の常磐線快速電車、当時は各駅停車で運転)が上野駅から有楽町駅まで、それぞれこの複々線のうち工事完了区間を利用して乗り入れていた。京浜東北線 フレッシュアイペディアより)

  • 埼京線

    埼京線から見た高崎線高崎線

    当初、通勤新線は赤羽駅 - 宮原駅間を建設し、高崎線に乗り入れて新宿駅へ直通させる構想で、1985年の運輸政策審議会答申第7号でも宮原延伸が計画されていた。当時の地図付録の路線図などにも予定線が大宮から宮原に延びて記されている。新たに建設される赤羽駅 - 大宮駅間は、赤羽台トンネルと地下の大宮駅付近を除き、全面高架で新幹線と一体となった構造で、中間には10駅を設置、当初から快速電車の運転を考慮して、2駅(戸田公園駅と南与野駅)の外側に通過線を設けた1面4線とした。また、武蔵野線と接続駅となる武蔵浦和駅は、緩急接続ができるように2面4線の構造とした。しかし、埼京線の車両基地用地として候補に挙がっていた戸田駅付近の用地買収が難航し、宮原駅周辺でも用地買収の面から反対運動が起こったため、将来用地の拡大が容易な南古谷駅付近に車両基地(川越電車区→現・川越車両センター)を建設することになり、同時に沿線人口が伸び続け、通勤路線として活発化が期待できるとして、当時非電化だった川越線を電化することになった。よって、こちらの工事を優先する必要性に迫られ、大宮駅 - 宮原駅間の建設は中止となったが、大宮駅 - 日進駅間の高崎・川越線並走区間で川越線側にトンネル用地や合流用地がある。さらに、高崎線の大宮駅 - 宮原駅間も立ち退きがほぼ完了し、複々線化用地がほぼ確保されていた。なお、当初の構想であった高崎線の池袋・新宿直通は、JR発足後に東北・山手貨物線を利用して実現し、のちの湘南新宿ラインへと発展している。これを受けて2000年の運輸政策審議会答申第18号からも計画が削除され、高崎線の複々線化用地も住居や駐車場などへの転用が始まっている。なお、埼京線開業前に同地域に存在した鉄道建設計画については都営地下鉄三田線を参照。埼京線 フレッシュアイペディアより)

  • お前はまだグンマを知らない

    お前はまだグンマを知らないから見た高崎線高崎線

    グンマに向かう高崎線では「籠原駅から先はドアは(自動で)開かない」ことを知って仰天し、さらに転校初日に号令の「起立・注目・礼」に対応できずいきなりクラスメイトに暴行を受けた上でひもかわうどんで身体を縛られてしまい、「他県人が食べると死ぬ」と言われている焼きまんじゅうを無理やり食べさせられるが、無事完食したことで救われた(生まれの三条市が旧高崎藩の飛び地だったことから助かったとも言われている)。親が転勤族で故郷というものがなかった為かそれ以降は周囲に馴染んでいき、グンマの生活になんとか適応している。長所兼短所は「嫌な事をすぐ忘れる」こと。心の中では「普通の友達が欲しい」と願っている。一方、轟の「修行に行こう」などの妖しい誘いに自ら乗ってきたりもする。お前はまだグンマを知らない フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県道133号元島名倉賀野線

    群馬県道133号元島名倉賀野線から見た高崎線高崎線

    前橋市方面から倉賀野市街地への短絡路として利用される。近年では、終点付近の沿道に大型店が進出するなど開発が進んでいるが、路線の整備は進んでおらず、JR高崎線の踏切などで渋滞が慢性化している。群馬県道133号元島名倉賀野線 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (明治)

    日本の鉄道史 (明治)から見た高崎線高崎線

    この会社が1885年に開通させた前橋駅 - 赤羽駅 - 品川駅のルート(のちの高崎線・赤羽線・山手線)は、官営鉄道(品川駅 - 横浜駅)と合わせて当時の主要輸出商品であった生糸や絹織物の産地と輸出港を結ぶ路線となり、鉄道による産業発展への貢献の第一号となった。日本の鉄道史 (明治) フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県道392号勅使河原本庄線

    埼玉県道392号勅使河原本庄線から見た高崎線高崎線

    旧中山道であり、国道17号から県道に降格された路線である。起点から終点に至るまで、国道17号および高崎線に並行している。また起点は群馬県境に近く、埼玉県内のみの県道の中では県道351号と同様最北端に位置する。埼玉県道392号勅使河原本庄線 フレッシュアイペディアより)

687件中 101 - 110件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード