687件中 11 - 20件表示
  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た高崎線高崎線

    この改正と前後して新駅の設置も行われ、改正当日に小海線に美里駅が開業したほか、直前の11月18日には仙山線に東照宮駅が、直後の12月17日は高崎線に北上尾駅がそれぞれ開業した。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 上越線

    上越線から見た高崎線高崎線

    高崎線の終着駅高崎駅より利根川沿いに群馬県内を北上し、三国山脈を越えて新潟県に入り、中越地方の魚野川・信濃川沿いに六日町盆地などを経て長岡市に至る鉄道路線。終点の宮内駅では信越本線に接続する。後閑駅 - 越後湯沢駅間を除き国道17号とほぼ並走する。上越線 フレッシュアイペディアより)

  • 両毛線

    両毛線から見た高崎線高崎線

    東京方面から来る高崎線・湘南新宿ライン・上野東京ラインの列車が、高崎線の延長のような運行系統で上越線を経由し、県庁所在地である前橋駅まで乗り入れている。ただし、両毛線に乗り入れる区間は新前橋駅 - 前橋駅間の1駅間のみである。以前は桐生駅・伊勢崎駅 - 上野駅間を直通する列車もあったが、2004年10月16日のダイヤ改正で消滅した。両毛線 フレッシュアイペディアより)

  • 桶川市

    桶川市から見た高崎線高崎線

    埼玉県の中央部に位置し、市域の多くは大宮台地の上にある市域の最高点は北西部の25 m。市の中心を南北に国道17号、旧中山道、高崎線が通り、東西に埼玉県道12号川越栗橋線が通る。加納地区には直下に中央構造線に関連する綾瀬川断層が存在する。桶川市 フレッシュアイペディアより)

  • 駅自動放送

    駅自動放送から見た高崎線高崎線

    田中一永: JR東日本(一部のATOS導入駅(宇都宮線、高崎線など主に上野東京ライン開業に伴い放送が更新された駅で使用)、横浜線、京葉線など)駅自動放送 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐線

    常磐線から見た高崎線高崎線

    東北本線(宇都宮線)・高崎線などでの普通列車グリーン車の利用が好調なことから、常磐線でも2007年1月6日よりE531系の4・5号車に順次普通車扱いで連結し、同年3月18日から営業を開始した。導入区間は上野駅 - 高萩駅間で、上野駅・我孫子駅発着の普通列車・特別快速の全列車に導入された。勝田駅 - 高萩駅間は朝夕・夜の一部列車のみ、また土浦駅で切り離しとなる列車もある。土浦駅以北のみを運転する列車でも、下り2本、上りは平日1本・土休日3本のグリーン車連結列車がある。常磐線 フレッシュアイペディアより)

  • 日本鉄道

    日本鉄道から見た高崎線高崎線

    日本鉄道(にっぽんてつどう)は、日本初の私鉄であり、現在の東北本線や高崎線、常磐線など、東日本の東日本旅客鉄道(JR東日本)の路線の多くを建設・運営していた会社である。日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年11月15日国鉄ダイヤ改正

    1982年11月15日国鉄ダイヤ改正から見た高崎線高崎線

    東北新幹線開業時当日に運行された東北新幹線の列車本数は、大宮駅 - 盛岡駅間に設定された速達タイプの「やまびこ」5往復と、仙台駅発着の各駅停車「あおば」6往復であった。このダイヤ改正において、東北本線を走る優等列車のうち、新設された東北新幹線列車と運行区間が重複する上野駅 - 盛岡駅間の特急「やまびこ」4往復と上野駅 - 仙台駅間の特急「ひばり」14往復のうち6往復が廃止された。また、このほか上野駅 - 大宮駅間に新たに製造された185系電車200番台を使用した暫定開業期間中の連絡列車として「新幹線リレー号」が新設された。この185系は小山電車区(現在の小山車両センター)の所属ではなく新前橋電車区(現在は高崎車両センターに組織変更)の所属であったため、高崎線や上越線を走る一部急行列車がこの185系を用いて運行された。1982年11月15日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎市

    高崎市から見た高崎線高崎線

    高崎市の中心市街地は、およそJR高崎線とJR信越本線、国道17号で囲まれた地域である。この地域は江戸時代以来の城下町であったとともに、中山道の宿場町でもあった。市役所を始めとする主要な行政機関や文化施設、公共施設、また数多くの商店街や金融機関、大型商業施設、宿泊施設などがこの地域に立地している。ただ、近年は高崎駅の東側にも商業施設や文化施設などが進出してきている。高崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 田端運転所

    田端運転所から見た高崎線高崎線

    本形式の新製配置が始まった1973年(昭和48年)10月改正時は、まず東北本線隅田川 - 福島・郡山間の貨物列車牽引に投入。1980年以降は余剰となり富山第二機関区や酒田機関区から転入した同機を常磐線に投入しEF80形の置き換えを進めた。1985年には常磐線寝台特急「ゆうづる」の上野 - 水戸間の牽引機にも充当されることとなり、さらに1988年に津軽海峡線開通に併せ運行を開始した上野 - 札幌間の寝台特急「北斗星」やその後北斗星の姉妹列車として運行開始した「カシオペア」の上野 - 青森間の牽引機として充当された。これ以降、1993年には寝台特急「あけぼの」の上野 - 小牛田間(1997年以降は上越線・羽越本線経由で上野 - 青森間)、1994年に24系客車化された寝台特急「はくつる」(2004年3月1日ダイヤ改正で廃止)においては全区間を牽引するなど、運用の幅は広まった。東北本線青森地区では1996年の普通列車の電車化までの間、間合い運用として盛岡 - 青森間の一部の客車普通列車を牽引していた。しかしこれら東北夜行特急の牽引機としての運用も、「北斗星」の運行本数削減や「あけぼの」の経由路線変更(東北本線経由から高崎線・上越線・信越本線・羽越本線経由に変更)により減少し、2010年の6月から7月にかけてEF510形500番台の登場により「北斗星」「カシオペア」が置き換えられたため旅客列車の定期運用が消滅、さらに同年12月のダイヤ改正でJR貨物から受託する常磐線の貨物列車牽引も同機に置き換えられ、すべての定期運用がなくなった。その後もEF510の代走や宇都宮運転所・水戸駅に常駐し工事臨時列車牽引や救援用の運用などに充当されていた(水戸駅常駐は継続)。田端運転所 フレッシュアイペディアより)

687件中 11 - 20件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード