687件中 21 - 30件表示
  • 埼玉県道12号川越栗橋線

    埼玉県道12号川越栗橋線から見た高崎線高崎線

    桶川市内に入ると坂を登り、川田谷交差点で埼玉県道57号さいたま鴻巣線と合流して共用区間となる。坂を下り、再び登ると国道17号上尾道路と交差する。ここから4車線区間となり、再度坂を下った滝の宮交差点で埼玉県道57号さいたま鴻巣線が南へ分岐する。4車線の道でまた坂を登り、下日出谷交差点の先で下り、再度登ると平坦な桶川の中心市街となる。高崎線を陸橋でまたぎ、旧中山道(埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線)、国道17号、首都圏中央連絡自動車道(桶川加納インターチェンジ)と交差する。埼玉県道311号蓮田鴻巣線と交わる桶川高校入口交差点で4車線区間は終わり、北東へ直進する。埼玉県道12号川越栗橋線 フレッシュアイペディアより)

  • 沼津駅

    沼津駅から見た高崎線高崎線

    当駅には東海道本線で運行される寝台列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」を含めた当駅を経由するすべての旅客列車が停車する。東海道本線の普通列車は静岡県内で運行される列車のほか、東京駅方面との直通列車が1日9往復設定されている。そのうち東京駅始発の朝の下り2本以外は東京駅経由で東北本線上野駅あるいはその先、東北本線や高崎線との直通が行われ、最遠で栃木県の宇都宮駅、群馬県の高崎駅までが当駅と一本の列車で結ばれている(ただし、当駅発高崎線直通の設定は無く、当駅行きのみ)。また、当駅は東海道本線において東京方面から普通列車の直通列車が運行される最西端の駅である。新宿経由高崎線直通列車は乗り入れていないため渋谷、新宿方面には小田原駅以遠で乗り換えが必要である。かつて、東京駅発着の普通列車は当駅まで1時間あたり1-2本乗り入れていたが、2004年10月16日のダイヤ改正で東日本旅客鉄道(JR東日本)とJR東海の境界駅である熱海駅で多くの普通列車の運転系統が分割され、朝夕の通勤時間帯と夜間を除いては同駅での乗換が必要となった。また、かつては当駅より西へも東京駅から直通の普通列車が設定されていたが、2012年3月17日のダイヤ改正で最後まで残っていた東京駅 - 静岡駅間の直通列車1往復が消滅した。沼津駅 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た高崎線高崎線

    東京の北郊に位置するさいたま市は、広域的に見ればより東京に近い市南部の方が、市北部より人口密度が高い傾向にある。これに加えて、東京都心部に直結する京浜東北線や埼京線、高崎線の沿線に人口が集中する傾向があり、両方の条件が重なる南区から浦和区、中央区にかけては、20000人/km2以上という高い人口密度の地域が連なっている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄80系電車

    国鉄80系電車から見た高崎線高崎線

    1956年・1957年の東北・高崎線用及び東海道線用増備車。国鉄80系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た高崎線高崎線

    県西部の中心地。中核市。中山道の宿場町・高崎藩の城下町。関東地方と信越地方を結ぶ交通の要地で、高崎線・信越線・上越線・新幹線・上信電鉄や、関越道・北関東道など複数の路線が通じる。中心市街地は烏川東北岸の高崎駅西口周辺に広がり、烏川西南岸に巨大仏・高崎白衣大観音、碓氷川南岸に「高崎だるま市」で知られる少林山達磨寺がある。西北部の榛名地区に榛名山・榛名神社があり、榛名山麓では梅・梨の生産が盛ん。人口は人で県内最大。1900年(明治33年)4月1日、群馬郡高崎町が県内2番目・西毛で初めて市制施行。2006年(平成18年)1月23日に、群馬郡倉渕村・箕郷町・群馬町・多野郡新町を編入。2006年(平成18年)10月1日に群馬郡榛名町を編入したことで、前橋市の人口を上回り、県内最大の人口を有する市となった。2009年(平成21年)6月1日、多野郡吉井町を編入。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原駅

    宮原駅から見た高崎線高崎線

    宮原駅(みやはらえき)は、埼玉県さいたま市北区宮原町三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線の駅である。宮原駅 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄211系電車

    国鉄211系電車から見た高崎線高崎線

    0・2000番台を基本に宇都宮線と高崎線(東北本線上野口)の使用に配慮した寒地仕様車で、115系非冷房車の置換え用として登場したものである。1000番台はセミクロスシート車、3000番台はロングシート車で、ともにスノープラウ(排雪器)、耐雪ブレーキ、半自動ドア、レールヒーターなどの耐寒耐雪装備がなされている。国鉄211系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 北関東

    北関東から見た高崎線高崎線

    人口密集地域が限られるため、公共交通網整備は比較的効果的に行き届いており、道路では関越自動車道や北関東自動車道、国道17号、国道18号、国道50号、鉄道では高崎線、信越本線、上越線、両毛線、八高線、吾妻線、上毛電気鉄道上毛線などが整備されている。北関東 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た高崎線高崎線

    宇都宮線直通の列車は横須賀線内が終点となり、大宮駅 - 小山駅間で快速運転を行う列車も含め、西大井駅 - 逗子駅間は横須賀線電車と同様の駅に停車する。2004年10月改正までは新宿駅 - 横須賀駅・久里浜駅間で運転される列車もあったが、現在は全列車が大船駅か逗子駅で折り返している。また、高崎線と東海道線(平塚方面)を直通する列車も戸塚駅以北で横須賀線電車と線路を共用するが、こちらは西大井駅 - 戸塚駅間のうち武蔵小杉駅・横浜駅・戸塚駅のみに停車しており、ホームを通過する駅が生じる関係上「快速」として運転されている。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和駅

    浦和駅から見た高崎線高崎線

    乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線単独駅である(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車および列車線を走る宇都宮線・高崎線(大宮駅より分岐)、東北貨物線を走る湘南新宿ラインの列車が停車する。上野駅発着系統のほかに、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ライン系統がある。また、当駅には「」のスリーレターコードが付与されている。浦和駅 フレッシュアイペディアより)

687件中 21 - 30件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード