545件中 21 - 30件表示
  • 国鉄113系電車

    国鉄113系電車から見た高崎線高崎線

    1100番台車は100番台と同じ改造に加え、寒冷地対応改造を施して東北本線(宇都宮線)・高崎線の上野口用で高崎車両センター所属の211系に組込まれて使用されている。こちらも側面行先表示器をLED化されている。寒冷地仕様なので番台が(東京口用+1000)になっている。国鉄113系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎市

    高崎市から見た高崎線高崎線

    高崎市の中心市街地は、およそJR高崎線とJR信越本線、国道17号で囲まれた地域である。この地域は江戸時代以来の城下町であったとともに、中山道の宿場町でもあった。市役所を始めとする主要な行政機関や文化施設、公共施設、また数多くの商店街や金融機関、大型商業施設、宿泊施設などがこの地域に立地している。ただ、近年は高崎駅の東側にも商業施設や文化施設などが進出してきている。高崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 桶川駅

    桶川駅から見た高崎線高崎線

    桶川駅(おけがわえき)は、埼玉県桶川市南一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線の駅である。桶川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原駅

    宮原駅から見た高崎線高崎線

    宮原駅(みやはらえき)は、埼玉県さいたま市北区宮原町三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線の駅である。宮原駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北関東

    北関東から見た高崎線高崎線

    人口密集地域が限られるため、公共交通網整備は比較的効果的に行き届いており、道路では関越自動車道や北関東自動車道、国道17号、国道18号、国道50号、鉄道では高崎線、信越本線、上越線、両毛線、八高線、吾妻線、上毛電気鉄道上毛線などが整備されている。北関東 フレッシュアイペディアより)

  • 上野駅

    上野駅から見た高崎線高崎線

    高崎線 : 線路名称上の起点は大宮駅だが、同駅以南で東北本線(宇都宮線)列車線に乗り入れている。上野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 両毛線

    両毛線から見た高崎線高崎線

    東京方面から来る高崎線・湘南新宿ラインの列車が、高崎線の延長のような運行系統で上越線を経由し、県庁所在地である前橋駅まで乗り入れている。ただし、両毛線に乗り入れる区間は新前橋駅 - 前橋駅間の1駅間のみである。以前は桐生駅・伊勢崎駅 - 上野駅間を直通する列車もあったが、2004年10月16日のダイヤ改正で消滅した。両毛線 フレッシュアイペディアより)

  • あけぼの (列車)

    あけぼの (列車)から見た高崎線高崎線

    あけぼのは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が上野駅 - 青森駅間を東北本線・高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線を経由して運行する寝台特急である。あけぼの (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た高崎線高崎線

    東北本線の上野駅 - 黒磯駅間に「宇都宮線」の愛称が付けられた。その宇都宮線では夕方の快速「スイフト」の種別が通勤快速に変更され、高崎線でも夕方の快速「タウン」の種別が通勤快速に変更された。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 京浜東北線

    京浜東北線から見た高崎線高崎線

    全区間に方向別複々線を採用。東京都心部の電車区間内の複々線で貨客分離をのぞけば中央線の御茶ノ水駅 - 中野駅間とこの区間のみが完成していたに過ぎない。このうち、品川駅 - 東京駅間は戦前の京浜線急行電車計画によりすでにホームや高架橋の一部などが完成しており(対米戦の開始により未成に終わった)、分離以前は東北線・高崎線・常磐線の一部列車が朝夕ラッシュ時に上野駅から新橋駅まで、常磐線の国電(現行の常磐線快速電車、当時は各駅停車で運転)が上野駅から有楽町駅まで、それぞれこの複々線のうち工事完了区間を利用して乗り入れていた。京浜東北線 フレッシュアイペディアより)

545件中 21 - 30件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード