545件中 31 - 40件表示
  • JR東日本E233系電車

    JR東日本E233系電車から見た高崎線高崎線

    東海道本線で2008年3月10日から営業運転を開始した。また、東北本線(宇都宮線の上野駅 - 大宮駅間)・高崎線・両毛線でも2012年9月1日より営業運転を開始し、2013年3月16日からは宇都宮線大宮駅以北でも営業運転を開始した。JR東日本E233系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉都民

    埼玉都民から見た高崎線高崎線

    また、JR宇都宮線(東北本線)・高崎線・湘南新宿ライン・埼京線・京浜東北線・東武伊勢崎線・東上線といった鉄道路線により、埼玉県北部から、東京特別区へ通勤・通学する流れも強く見られる。埼玉都民 フレッシュアイペディアより)

  • 麻帆良学園都市

    麻帆良学園都市から見た高崎線高崎線

    校舎のモデルは埼玉県深谷市にあるJR高崎線深谷駅。麻帆良学園都市 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻巣宿

    鴻巣宿から見た高崎線高崎線

    なお、「本宿村」は1879年(明治12年)に「北本宿村」に改称された後、1889年(明治22年)に中丸村大字北本宿となった。1928年(昭和3年)に国鉄高崎線(旧・日本鉄道、現・JR東日本高崎線)の駅が開設された際に駅名として採用され、1943年(昭和18年)に成立した新村の村名となった。北本宿村は1959年(昭和34年)の町制施行の際に北本町に改称された。鴻巣宿 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄動力車労働組合

    国鉄動力車労働組合から見た高崎線高崎線

     北海道や東京の上野駅発の東北本線、高崎線、常磐線はとりわけ、動労が強かった。上野から高崎、黒磯、水戸までの国電以外の115系電車や415系電車による中距離普通列車、165系電車や455系電車による急行列車、EF57やEF58が牽引する客車急行、485系電車特急や583系寝台電車特急、EF65やEF80が牽引する夜行寝台特急の全ては動労組合員が運転していた。この組織力はこの地域の機関士や電車運転士が動労のイデオロギーに共鳴した結果ではなく、北海道各局、東京北局(国電を除く)、高崎、水戸の管理局の乗務員が貨物用機関車が多く配置されていた機関区出身者、もしくは機関区出身者によって発足した運転区、電車区出身の電車運転士だったことから来ていた。順法闘争時において高崎線で上尾事件が起こった背景に、北関東地区における国鉄線の運転が組合の指令に忠実な動労組合員に占められていたため、他の地区よりもひどい遅延が慢性的に発生していたことも理由として挙げられる。国鉄動力車労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 国府津車両センター

    国府津車両センターから見た高崎線高崎線

    基本編成は東海道線東京駅 - 沼津駅間・伊東線、高崎線(上野駅 - 高崎駅間)、湘南新宿ラインの東海道線 - 高崎線系統(小田原駅 - 高崎・両毛線前橋駅間)、付属編成は東海道線東京駅 - 熱海駅間、湘南新宿ラインの東海道線 - 高崎線系統(小田原駅 - 籠原駅間。ただし、平日朝に1本ある深谷始発の列車のみ同駅まで入線)、高崎線(上野駅 - 籠原駅間)で運用されている。国府津車両センター フレッシュアイペディアより)

  • 田端運転所

    田端運転所から見た高崎線高崎線

    国鉄時代、本形式の新製配置が始まった1973年(昭和48年)当初は東北本線隅田川駅 - 福島駅間の貨物列車牽引に充当され、常磐線・水戸線の貨物列車牽引はEF80形の運用のみであった。その後、全国的に電車・道路が普及し電気機関車の運用の場が次第に減少し1980年以降は全国的に機関車余剰となったことから富山第二機関区や酒田機関区のEF81形が常磐線に投入されることとなり、徐々にEF80形との置き換えが進められた。1985年には常磐線寝台特急「ゆうづる」の牽引機にも充当されることとなったが、この時の牽引区間は上野駅 - 水戸駅間に限られていた。その後1988年に津軽海峡線の開通により「ゆうづる」は廃止され代わりに運転開始した上野駅 - 札幌駅間の寝台特急「北斗星」、およびその後北斗星の姉妹列車として運行開始した「カシオペア」の上野駅 - 青森駅間の牽引機として充当され、これ以降、1993年には寝台特急「あけぼの」の上野駅 - 小牛田駅間(1997年以降は上越線・羽越本線経由で上野駅 - 青森駅間)、また1994年に24系客車化された寝台特急「はくつる」(2004年3月1日ダイヤ改正で廃止)においては全区間を当機が牽引した。東北本線青森地区では1996年の普通列車の電車化までの間、間合い運用として盛岡駅 - 青森駅間の一部の客車普通列車を牽引していた。しかしこれら東北夜行特急の牽引機としての運用も、「北斗星」の運行本数削減や「あけぼの」の経由路線変更(東北本線経由から高崎線・上越線・信越本線・羽越本線経由に変更)により減少し、2010年の6月から7月にかけてEF510形500番台によって「北斗星「カシオペア」が置換えられたため旅客列車の定期運用が消滅、これに伴って同年12月のダイヤ改正でJR貨物から受託する常磐貨物運用もEF510形500番台に切り替えられ、田端運転所のEF81形は定期運用が無くなった。2011年現在はEF510形の代走や宇都宮地区および水戸地区の事業用および救援用機関車として宇都宮運転所および水戸駅構内に常駐し、工事臨時列車牽引や非常時の救援用の運用などに充当されている。田端運転所 フレッシュアイペディアより)

  • 能登 (列車)

    能登 (列車)から見た高崎線高崎線

    1975年3月10日ダイヤ改正において、上野駅 - 金沢駅間を高崎線・上越線・信越本線・北陸本線経由で運行していた季節夜行急行「北陸1号」が定期寝台特急「北陸」に格上げされたのに伴い、定期夜行急行「北陸2号」の愛称が「能登」とされ、上野駅始発・終着の北陸方面定期夜行急行の一列車として運行されるようになった。当時、上野駅を発着する北陸方面夜行優等列車として「北陸」「能登」のほか「越前」(福井駅発着)が運行されていた。能登 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF15形電気機関車

    国鉄EF15形電気機関車から見た高崎線高崎線

    製作直後から直流電化の主要線区(東海道本線、山陽本線、東北本線、高崎線、上越線など)にあまねく投入され、貨物列車牽引用として使用された。ただし東海道・山陽本線では、EF60形・EF65形の投入によって次第に区間貨物列車への運用が多くなり、1978年(昭和53年)10月改正で広島機関区の運用が無くなり、姿を消した。国鉄EF15形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本レストランエンタプライズ

    日本レストランエンタプライズから見た高崎線高崎線

    2004年 - 湘南新宿ライン・宇都宮線・高崎線でのグリーンアテンダント乗務開始。日本レストランエンタプライズ フレッシュアイペディアより)

545件中 31 - 40件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード