687件中 41 - 50件表示
  • 高砂 (さいたま市)

    高砂 (さいたま市)から見た高崎線高崎線

    1883年(明治16年)7月28日 - 上野と熊谷を結ぶ日本鉄道の路線(現在の東北本線・高崎線)が開業し、同時に町内に浦和駅が設けられる。高砂 (さいたま市) フレッシュアイペディアより)

  • 西宮下

    西宮下から見た高崎線高崎線

    上尾市南部に位置する。鴨川左岸の大宮台地上にあたる。北で谷津、東で愛宕、南東で栄町、南でさいたま市北区別所町、南西の鴨川畔で僅かに大谷本郷、西で向山、北西で富士見と隣接する。東側には高崎線が通っているが町域内にはあたらない。かつては畑地と南部の林野が大半を占めていたが、大部分が宅地化されている。西宮下 フレッシュアイペディアより)

  • 能登 (列車)

    能登 (列車)から見た高崎線高崎線

    1975年3月10日ダイヤ改正において、上野駅 - 金沢駅間を高崎線・上越線・信越本線・北陸本線経由で運行していた季節夜行急行「北陸1号」が定期寝台特急「北陸」に格上げされたのに伴い、定期夜行急行「北陸2号」の愛称が「能登」とされ、上野駅始発・終着の北陸方面定期夜行急行の一列車として運行されるようになった。当時、上野駅を発着する北陸方面夜行優等列車として「北陸」「能登」のほか「越前」(福井駅発着)が運行されていた。能登 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 鴻巣宿

    鴻巣宿から見た高崎線高崎線

    なお、「本宿村」は1879年(明治12年)に「北本宿村」に改称された後、1889年(明治22年)に中丸村大字北本宿となった。1928年(昭和3年)に国鉄高崎線(旧・日本鉄道、現・JR東日本高崎線)の駅が開設された際に駅名として採用され、1943年(昭和18年)に成立した新村の村名となった。北本宿村は1959年(昭和34年)の町制施行の際に北本町に改称された。鴻巣宿 フレッシュアイペディアより)

  • 北本市

    北本市から見た高崎線高崎線

    北部および東部で接している。鴻巣市が本市東部を覆うような形で接している。高崎線や国道17号、旧中山道(埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線)などで結ばれており、また、北本駅が鴻巣市境に近接している為、住宅地や市街地が一部市境にまたがって存在するほか、鴻巣市に所在する鴻巣警察署の管轄内であり、電話番号の単位料金区域でも同じ熊谷MAに属し市内扱いであるなど、北本市にとって最も密接な市である。鴻巣市の南西部および南東部(常光地区)の住民は北本駅を利用、北本市北部(深井地区など)の住民は鴻巣駅を利用することがある。また、鴻巣市のコミュニティバス「フラワー号」の馬室コース・常光コースが北本駅まで乗り入れており、北本市内にもバス停が設置されている。なお、現在の鴻巣の街の基となった鴻巣宿は現在の北本市域から移設されたものである。北本市 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代のJRダイヤ改正

    2000年代のJRダイヤ改正から見た高崎線高崎線

    山手貨物線・品鶴線を経由し新宿駅を越えて東海道線・横須賀線と宇都宮線・高崎線間を直通運転する湘南新宿ラインの系統が新設された。ただし、池袋駅・新宿駅の改良工事が完成していなかったために、池袋駅・新宿駅発着の列車も設定されていた。2000年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏国電暴動

    首都圏国電暴動から見た高崎線高崎線

    1973年(昭和48年)の春闘で、国労と動労は、順法闘争を争議戦術として、経営当局に対抗していたが、利用客からは批判と反発を招いただけとなり、3月13日朝には高崎線上尾駅他数駅で、乗客が鉄道車両や駅施設を破壊して駅周辺を占拠した暴動は、上尾事件に発展していた。本来であれば、この時点で事態の収拾を図るべきであったが、労使双方とも歩み寄りは見られなかった。とりわけ国労・動労は「上尾の件は権力側の扇動したもの」と、根拠も示さないまま反論し、利用客への謝罪を拒否したばかりでなく、順法闘争を断続的に再開した。順法闘争自体への法的解釈論議を別としても、このような態度をとる組合に対し、マスメディアは利用客の視点から批判を行い、国労・動労に対する国民の怒りも、もはや限界に達していた。首都圏国電暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗星 (列車)

    北斗星 (列車)から見た高崎線高崎線

    災害などで東北本線が長期不通となった場合、大宮 - 青森間を高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線経由で運行されることがあった。東日本大震災以前では、常磐線経由での迂回運行もあった。北斗星 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF60形電気機関車

    国鉄EF60形電気機関車から見た高崎線高崎線

    1964年4月から7月にかけて84 - 99号機が製造された。山陽本線旅客電化用、中央本線甲府 - 上諏訪間電化開業用、上越・高崎・東北本線貨物列車増発を名目としている。沼津・米原・吹田第二機関区に配置され、該当機関区のEF15形が各地に転属している。国鉄EF60形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-

    RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-から見た高崎線高崎線

    本作の主人公。桐生鉄道高校旅客輸送科の2年生。身長170cm、血液型A型、9月23日生まれ(天秤座)。警四の班長代理に任命される。子供の頃から鉄道好きで、新幹線やリニアモーターカーの運転手と一生安泰の人生を目指し國鉄入社を志望する。学生鉄道OJTで「採算の取れない83の路線について廃止すべき」とするレポートを書いて國鉄に応募し、校内でただ一人選ばれるが、研修先として志望と異なる鉄道公安隊に配属されることになる。事なかれ主義ではあるが、ひとたび事が起これば振り回されつつも仲間とともに解決のために全力を尽くす。しかし、4巻でのテロ事件以降自らの職場をつぶそうとするRJと積極的に対峙していこうという姿勢に変わりつつある。また、氷見がRJの仲間ではないかと疑われた際も、所属は違うが同じ公安隊の仲間として氷見のことを信じていた。能力は平均程度だが、公安隊の各班長からは人の能力をうまく引き出すことができると評価されており、同時に周りの信頼や女性陣からの好意を得る結果に繋がっている。五能からも、短期講習の成績表で最高ランク評価「A」を付けた二人のうちの一人として高く評価されている。また、知らない話や聞かされていない話でも機転を利かせて相手に違和感を抱かせないように話を合わせることができる(ただし、この特技についての自覚はない)。自宅は高崎線沿線にある。RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊- フレッシュアイペディアより)

687件中 41 - 50件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード