545件中 41 - 50件表示
  • ホリデー快速鎌倉

    ホリデー快速鎌倉から見た高崎線高崎線

    なお、本稿では宇都宮線方面より武蔵野線または新宿駅経由で鎌倉駅まで運行された快速鎌倉物語、特急おはようとちぎ&かまくら 、および両毛線・高崎線方面より新宿駅経由で鎌倉駅・逗子駅まで運行されたホリデー快速鎌倉路、快速湘南ビーチ、ホリデー快速あかぎ鎌倉についても記載する。ホリデー快速鎌倉 フレッシュアイペディアより)

  • 川越車両センター

    川越車両センターから見た高崎線高崎線

    京浜東北線・根岸線で運用していた209系0番台1編成を改造した在来線車両の技術革新を目的とする試験電車。7両編成1本が2008年10月より配置されているが、現在は中間のサヤ209形1両が廃車となり6両編成となっている。これまでに中央本線や高崎線、宇都宮線(東北本線)といった線区での走行経歴があり、JR東日本管内を中心に各種測定が実施されている。川越車両センター フレッシュアイペディアより)

  • 日本のニュータウン

    日本のニュータウンから見た高崎線高崎線

    群馬県 - 中北部が山岳地帯という地形上、ほとんどが南部にある。主な鉄道路線はJR高崎線、JR両毛線、東武伊勢崎線。日本のニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 特別快速

    特別快速から見た高崎線高崎線

    2004年10月16日より湘南新宿ラインを介して高崎線高崎駅 - 東海道線小田原駅間を運行している。全列車E231系(国府津車両センター所属車)での運転である。これは2001年の湘南新宿ライン運行開始時より高崎線発着列車は横須賀線区間で西大井・新川崎・保土ヶ谷・東戸塚が通過となり、実質的に横須賀線内快速運転となっていたことから、これと種分けするために特別快速とした。よって横須賀線内の各駅に停車する宇都宮線?横須賀線系統の湘南新宿ラインには特別快速が設定されていない。最高速度は120km/h。運転開始前後、巨大な屋外看板や電車内のドアに貼付した広告等で新宿-横浜間最速27分運転をアピールしていた。特別快速 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま地方検察庁

    さいたま地方検察庁から見た高崎線高崎線

    JR京浜東北線・高崎線・東北本線(愛称宇都宮線)浦和駅(西口)から徒歩10分さいたま地方検察庁 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷花火大会

    熊谷花火大会から見た高崎線高崎線

    JR高崎線では、終了後に臨時大宮行き普通列車1本および臨時上野行き普通列車数本を運転熊谷花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏国電暴動

    首都圏国電暴動から見た高崎線高崎線

    1973年の春闘で国労と動労は、順法闘争を争議戦術として経営当局に対抗していたが、利用客からは批判と反発を招いただけとなり、3月13日朝には高崎線上尾駅他数駅で乗客が鉄道車両や駅施設を破壊して駅周辺を占拠した暴動、通称上尾事件に発展していた。本来であればこの時点で事態の収拾を図るべきであったが、労使双方とも歩み寄りは見られなかった。とりわけ国労・動労は「上尾の件は権力側の扇動したもの」と根拠も示さないまま反論し、利用客への謝罪を拒否したばかりでなく順法闘争を断続的に再開した。順法闘争自体への法的解釈論議を別としても、このような態度をとる組合に対しマスコミは批判を行い、国民の国労、動労への怒りももはや限界に達していた。首都圏国電暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 越谷浦和バイパス

    越谷浦和バイパスから見た高崎線高崎線

    国道4号交点から国道463号現道と合流するさいたま市浦和区の本太坂下までの区間は4車線、本太坂下からJR京浜東北線、宇都宮線、高崎線を挟んだ国道17号交点までの区間は、2車線(用地は4車線分確保済み)となっている。橋梁建設費回収のため、有料区間として新見沼大橋有料道路と新浦和橋有料道路が設置されたが、新浦和橋は2003年にさいたま市に移管され、無料開放された。越谷浦和バイパス フレッシュアイペディアより)

  • さきたま古墳公園

    さきたま古墳公園から見た高崎線高崎線

    高崎線北鴻巣駅より、さきたま緑道で徒歩約60分(4.5km)。さきたま古墳公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐越西線

    磐越西線から見た高崎線高崎線

    この地震による被災地での燃料不足を受けて、JR貨物はJX日鉱日石エネルギー根岸製油所にて精製した石油製品を輸送する臨時石油輸送列車を根岸駅から郡山駅へ運行することを決め、3月25日から根岸駅発にて運転を開始。東北本線が不通であるため、高崎線 - 上越線 - 信越本線 - 当線を迂回するルートで運行された。1日1往復(4月1日からは2往復)を磐越西線内の全区間、DD51形が重連でタキ1000形貨車10両を牽引する形で行われていた。なお、かつて当線の貨物列車を牽引していた東新潟機関区のDD51形は2010年3月13日のダイヤ改正で運用を失い、他線区へ転出していたため、門司機関区や吹田機関区などから機関車を借りて運行された。この臨時石油輸送列車は4月16日まで運転され、4月17日からは東北本線黒磯駅 - 安積永盛駅間の復旧に伴い東北本線経由に変更された。磐越西線 フレッシュアイペディアより)

545件中 41 - 50件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード