545件中 61 - 70件表示
  • 北鴻巣駅

    北鴻巣駅から見た高崎線高崎線

    北鴻巣駅(きたこうのすえき)は、埼玉県鴻巣市赤見台一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線の駅である。北鴻巣駅 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF58形電気機関車

    国鉄EF58形電気機関車から見た高崎線高崎線

    1950年代から1970年代にかけ、東海道・山陽本線や高崎・上越線、そして東北本線黒磯以南といった主要幹線において、旅客列車牽引の主力として用いられた。末期には、1978年に電化された紀勢本線にも配備された。国鉄EF58形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF60形電気機関車

    国鉄EF60形電気機関車から見た高崎線高崎線

    1964年4月から7月にかけて84 - 99号機が製造された。山陽本線旅客電化用、甲府 - 上諏訪間電化開業用、上越・高崎・東北本線貨物列車増発を名目としている。沼津・米原・吹田第二機関区に配置され、該当機関区に所属していたEF15形が各地に転属している。国鉄EF60形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た高崎線高崎線

    1883年(明治16年) - 8月、日本鉄道により現在の東北本線及び高崎線の一部、上野?熊谷間の鉄道が開通。県庁所在地である浦和に駅が設置される。大宮には駅が設置されなかった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮下

    西宮下から見た高崎線高崎線

    上尾市南部に位置する。鴨川左岸の大宮台地上にあたる。北で谷津、東で愛宕、南東で栄町、南でさいたま市北区別所町、南西の鴨川畔で僅かに大谷本郷、西で向山、北西で富士見と隣接する。東側には高崎線が通っているが町域内にはあたらない。かつては畑地と南部の林野が大半を占めていたが、大部分が宅地化されている。西宮下 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮駅 (埼玉県)

    大宮駅 (埼玉県)から見た高崎線高崎線

    JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は、新幹線が東北新幹線と上越新幹線、在来線が東北本線・高崎線・川越線であり、東北本線を当駅の所属線としている(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)。東北本線に関しては本線のほか、武蔵浦和駅経由の別線(埼京線の線路)が分岐している。上越新幹線・高崎線・川越線は当駅を起点としている。大宮駅 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た高崎線高崎線

    5月1日 - 日本鉄道上野駅 - 高崎駅間全通(現:高崎線)。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 多層建て列車

    多層建て列車から見た高崎線高崎線

    草津・水上※水上号は臨時列車で併結運転も不規則、あかぎ:(東北本線・高崎線・上越線:上野駅 - 新前橋駅間)多層建て列車 フレッシュアイペディアより)

  • 専用鉄道

    専用鉄道から見た高崎線高崎線

    JX日鉱日石エネルギー岡部油槽所専用線 - 高崎線岡部駅分岐専用鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 川越線

    川越線から見た高崎線高崎線

    川越線の始発駅にあたる大宮駅。埼京線と直通運転をしているため、同線と共用の地下ホームに発着する。駅を出てまもなくすると地上に出る。なお1985年(昭和60年)の電化以前は、大宮駅の地上ホーム11番線・12番線から発着していた。現在、地上ホームから発着する川越線定期列車は設定されていないが、工事列車等で使用する関係からレールは繋がっている。進行方向左手に鉄道博物館を見ながら高崎線とともに北上。左手から交差する新幹線の高架下をくぐると、直進する高崎線と袂を分かち、大きく左に分かれていく。右手につばさ小学校を見ながらまもなく市街地を進むと日進駅。日進駅を出ると路線は複線から単線となる。日進の市街地のなかを路線は下り勾配のなか、直進していく。鴨川橋梁を渡り、右手に宮前中学校、左手に佐川急便さいたま店を見送ると宮前インターチェンジの下を過ぎ、西大宮バイパスとしばらく並行し、西大宮駅に到着する。西大宮駅を出ると両脇にせまった住宅地の中を通り、指扇駅に至る。指扇駅を出ると川越線は緩やかに南にカーブしながら築堤を通る。埼玉県道2号さいたま春日部線の上を渡り、土手から荒川の河川敷を進む。川越線 フレッシュアイペディアより)

545件中 61 - 70件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード