687件中 61 - 70件表示
  • 埼玉県道33号東松山桶川線

    埼玉県道33号東松山桶川線から見た高崎線高崎線

    圏央道の建設と共に、高崎線をアンダーパスする立体交差を建設し、2015年9月14日に完成している。埼玉県道33号東松山桶川線 フレッシュアイペディアより)

  • 川越線

    川越線から見た高崎線高崎線

    川越線の始発駅にあたる大宮駅。埼京線と直通運転をしているため、同線と共用の地下ホームに発着する。駅を出てまもなくすると地上に出る。なお1985年(昭和60年)の電化以前は、大宮駅の地上ホーム11番線・12番線から発着していた。現在、地上ホームから発着する川越線定期列車は設定されていないが、レールは繋がっており、快速「ぶらり川越号」「おさんぽ川越号」等の臨時列車や工事列車等で使用されている。進行方向左手に鉄道博物館を見ながら高崎線とともに北上。左手から交差する新幹線の高架下をくぐると、直進する高崎線と袂を分かち、大きく左に分かれていく。右手につばさ小学校を見ながらまもなく市街地を進むと日進駅。日進駅を出ると路線は複線から単線となる。日進の市街地のなかを路線は下り勾配のなか、直進していく。鴨川橋梁を渡り、右手に宮前中学校、左手に佐川急便さいたま店を見送ると宮前インターチェンジの下を過ぎ、西大宮バイパスとしばらく並行し、西大宮駅に到着する。西大宮駅を出ると両脇にせまった住宅地の中を通り、指扇駅に至る。指扇駅を出ると川越線は緩やかに南にカーブしながら築堤を通る。埼玉県道2号さいたま春日部線の上を渡り、土手から荒川の河川敷を進む。川越線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎車両センター

    高崎車両センターから見た高崎線高崎線

    2006年7月8日のダイヤ改正で、上野発着の宇都宮線・高崎線の列車のすべてにグリーン車が連結されたため、一部編成がグリーン車を連結せずに余剰となった。このため、宇都宮線宇都宮以北や両毛線での付属編成の運用が増加したほか、一部の3000番台(14編成・計70両)は千葉支社管内で運用されている113系を置き換える目的で幕張車両センターへ転出し、同年10月21日から総武本線・成田線をはじめとする千葉支社管内での運用を開始した。帯色変更は大宮総合車両センターなどで施工された。高崎車両センター フレッシュアイペディアより)

  • あけぼの (列車)

    あけぼの (列車)から見た高崎線高崎線

    あけぼのは、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)が上野駅 - 青森駅間を東北本線・高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線を経由して運行していた寝台特急列車である。あけぼの (列車) フレッシュアイペディアより)

  • カシオペア (列車)

    カシオペア (列車)から見た高崎線高崎線

    災害などで東北本線が長期不通となった場合、大宮駅‐青森駅を高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線経由での迂回運行されることがあった。東日本大震災以前では、常磐線経由での迂回運行もあった。カシオペア (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF15形電気機関車

    国鉄EF15形電気機関車から見た高崎線高崎線

    製作直後から直流電化の主要線区(東海道本線、山陽本線、東北本線、高崎線、上越線など)にあまねく投入され、貨物列車牽引用として使用された。ただし東海道・山陽本線では、EF60形・EF65形の投入によって次第に区間貨物列車への運用が多くなり、1978年(昭和53年)10月改正で広島機関区の運用が無くなり、姿を消した。国鉄EF15形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 磐越西線

    磐越西線から見た高崎線高崎線

    この地震による被災地での燃料不足を受けて、JR貨物はJX日鉱日石エネルギー根岸製油所にて精製した石油製品を輸送する臨時石油輸送列車を根岸駅から郡山駅へ運行することを決め、3月25日から根岸駅発にて運転を開始。東北本線が不通であるため、高崎線 - 上越線 - 信越本線 - 当線経由で迂回するルートで運行された。1日1往復(4月からは2往復)の運行で、新潟まで電気機関車が牽引してきたタキ1000形貨車20両を、急勾配のある磐越西線内は貨車を10両ずつに分割してDD51形が重連で牽引する形で行われた。それでも悪条件が重なり急勾配で立ち往生したため、JR東日本のDE10形が後方から押し上げて通過した。なお、かつて当線の貨物列車を牽引していた東新潟機関区のDD51形は2010年3月13日のダイヤ改正で運用を失い、他線区へ転出していたため、門司機関区や吹田機関区などから機関車を借りて運行された。貸し出されたDD51形の中には、東新潟機関区へ、いわば「里帰り」となった車両もあった。この臨時石油輸送列車は4月16日まで運転され、4月17日からは東北本線黒磯駅 - 安積永盛駅間の復旧に伴い東北本線経由に変更された。磐越西線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄115系電車

    国鉄115系電車から見た高崎線高崎線

    上野口は本系列が最初に投入された地域であり、80系電車や電気機関車牽引による客車で運転されていた東北本線(宇都宮線)・高崎線普通列車の置換え・新性能化が目的である。国鉄115系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 赤羽台

    赤羽台から見た高崎線高崎線

    東京都北区の北西部に位置する。北で赤羽北、東で赤羽、南で赤羽西、西で桐ヶ丘とそれぞれ接する。北区北部を流れる新河岸川の河岸段丘上に位置しており、町域の北部と南部とで高低差がある。東辺をJRの鉄道路線が南北に走り、赤羽台三・四丁目付近で宇都宮線・高崎線・京浜東北線と埼京線・上越新幹線・東北新幹線の路線が分岐している。南部の赤羽台一・二丁目には日本住宅公団(現在の独立行政法人都市再生機構)が建設した赤羽台団地や財務省職員住宅、東京北医療センター(旧国立王子病院)などの大規模施設が設置されている。赤羽台 フレッシュアイペディアより)

  • ホリデー快速鎌倉

    ホリデー快速鎌倉から見た高崎線高崎線

    なお、本稿では宇都宮線方面より武蔵野線または新宿駅経由で鎌倉駅まで運行された快速鎌倉物語、特急おはようとちぎ&かまくら 、および両毛線・高崎線方面より新宿駅経由で鎌倉駅・逗子駅まで運行されたホリデー快速鎌倉路、快速湘南ビーチ、ホリデー快速あかぎ鎌倉についても記載する。ホリデー快速鎌倉 フレッシュアイペディアより)

687件中 61 - 70件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード