545件中 71 - 80件表示
  • 塩塚博

    塩塚博から見た高崎線高崎線

    1993年に五感工房から依頼され、JR東日本向けの発車メロディ9作と接近メロディ9作を制作。発車メロディは1994年より高崎線や中央線快速を中心に順次導入されていった。塩塚が制作した発車メロディは転調が多いのが特徴で、1990年代半ばに首都圏の多くの駅で採用されたほか、2009年にはDizzi Mystica,MK,Icon,Cubby-Sの手によりトランスにアレンジされクエイク(現・エグジットチューンズ)株式会社より「EXIT TRANCE PRESENTS 駅トラ」として、さらに2011年には塩塚自身のアレンジによる「テツノポップ」がユニバーサルミュージックより発売された。一方、接近メロディは、かつて御茶ノ水駅や高崎線の一部の駅、上越線の塩沢駅と大沢駅で使用されていたほか、多摩都市モノレールの発車メロディ・内房線(九重駅?太海駅の各駅)の接近メロディとして使用されている。塩塚博 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県道12号川越栗橋線

    埼玉県道12号川越栗橋線から見た高崎線高崎線

    桶川市泉からJR高崎線を超えて旧中山道へ至る「べにばな陸橋」は当初より4車線化に備えて作られており、外側1車線が自転車・歩行者に解放されていた。4車線化により歩行者と自転車は側道を通り、階段で歩道橋を渡ることになった。埼玉県道12号川越栗橋線 フレッシュアイペディアより)

  • Suica

    Suicaから見た高崎線高崎線

    現在では、湘南新宿ライン、宇都宮線(東北本線)・高崎線(上越線・両毛線直通列車を含む)、東海道本線(熱海以西を除く)・伊東線、横須賀線・総武快速線(総武本線・成田線・内房線・外房線直通列車を含む)、常磐線の普通列車グリーン車で導入されている。なお、東海道本線の185系で運転されている列車(2013年3月15日まで運転の東京7時24分発普通伊東行き521M)や「湘南ライナー」などライナー系のグリーン車も該当車両にカードリーダーはないが、車掌がsuicaグリーン読取機を持っている。ただし、以下の場合は磁気グリーン券のみの対応となる。Suica フレッシュアイペディアより)

  • ホームライナー

    ホームライナーから見た高崎線高崎線

    1984年6月1日に国鉄・JR最初のホームライナーとして上野駅→大宮駅間で運行が開始され、「ホームライナー大宮」と命名された。その後運行区間が宇都宮線古河駅、高崎線鴻巣駅まで延伸されて現在の名称である「ホームライナー古河」「ホームライナー鴻巣」となった。運行開始以来夜間のみの運行で、新宿駅発の列車も設定されていたことがある。ホームライナー フレッシュアイペディアより)

  • 列車種別

    列車種別から見た高崎線高崎線

    JR高崎線における「通勤快速」列車種別 フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表

    時刻表から見た高崎線高崎線

    1988年8月号以降は在来線のページが2色刷となり、特急・急行列車が赤字での掲載となった。JR・第三セクター鉄道(一部除く)・伊豆急行の東京・大阪近郊区内を除く全列車を掲載。東海道線、高崎線、宇都宮線などの主要路線の東京駅、上野駅などの起点駅の入線時刻が記載される。また、臨時列車・季節列車は斜字体で掲載される。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま新都心駅

    さいたま新都心駅から見た高崎線高崎線

    乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線1路線のみである(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車、および中距離電車である宇都宮線(東北線)と高崎線の列車が停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として案内されている。なお、宇都宮線・高崎線の列車は列車線で運行される上野駅発着列車のみが当駅に停車し、旅客ホームの無い東北貨物線上を走行する湘南新宿ラインや武蔵野線直通列車などは通過する。さいたま新都心駅 フレッシュアイペディアより)

  • 太田市

    太田市から見た高崎線高崎線

    富士重工業(スバル)の企業城下町であるためか自動車の依存度が高く、ラッシュ時の渋滞が激しい。鉄道は東武鉄道太田駅からたすき状に4方向へと路線が伸び、県内東部(東毛)の交通の要衝の一つとなっている。特急りょうもうが太田駅と藪塚駅(一部木崎駅に停車)に停車し、浅草駅まで運行されているが、太田駅からの所要時間が約80分で、なおかつ特急料金も含まれて2,000円以上もするため、熊谷駅や籠原駅から高崎線を利用する市民も多数いる。(熊谷から上野まで約60分、新宿まで約75分)太田市 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道本線

    東海道本線から見た高崎線高崎線

    1883年(明治16年)8月、政府はすでに東京 - 高崎間(現在の高崎線)の建設が決まっていたことに鑑み、東京 - 大阪間幹線鉄道を中山道経由で建設することを決定。中部地区ではこの中山道線建設のための資材輸送を目的として、現在武豊線となっている区間を含めた武豊駅 - 木曽川駅間が1886年(明治19年)に開業。また1884年(明治17年)には中山道ルートの一部として大垣駅 - 関ヶ原駅 - 長浜駅間が開業している。東海道本線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄211系電車

    国鉄211系電車から見た高崎線高崎線

    0・2000番台を基本に宇都宮線と高崎線(東北本線上野口)の使用に配慮した寒地仕様車で、115系非冷房車の置換え用として登場したものである。1000番台はセミクロスシート車、3000番台はロングシート車で、ともにスノープラウ(排雪器)、耐雪ブレーキ、半自動ドア、レールヒーターなどの耐寒耐雪装備がなされている。国鉄211系電車 フレッシュアイペディアより)

545件中 71 - 80件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード