545件中 81 - 90件表示
  • 東北貨物線

    東北貨物線から見た高崎線高崎線

    東北貨物線は、田端信号場駅構内で池袋駅方面からの山手貨物線と合流し、田端信号場駅付近から王子駅付近までは東北本線の電車線(京浜東北線の線路、複線)と複々線を成し、また王子駅付近から北浦和駅付近までは電車線(複線)に加え列車線(宇都宮線・高崎線列車の線路、複線)と6線を成す。さらに北浦和駅付近から大宮操車場間では武蔵野線大宮支線(複線)も合わせ8線となる。下り線は大宮駅の北側構内で宇都宮線下り線とポイント分合し、さらにその北側で高崎線方面への分岐線を分けた後、東大宮操車場への東北本線回送線に合流する。上り線は大宮駅の南側構内で東北本線回送線と宇都宮線上り線がポイント分合し高崎線上り線からの分岐線も合わせて貨物線となり、高崎線上り線と宇都宮線(東北本線)下り線を潜って大宮操車場に入る。また田端信号場駅では三河島駅・隅田川駅方面に通じる常磐線の貨物支線と接続されている。東北貨物線 フレッシュアイペディアより)

  • 川口市

    川口市から見た高崎線高崎線

    埼玉県の「中央地域」と呼ばれる県南東部JR京浜東北線・高崎線沿線地域(旧北足立郡地域)のうち、南端に位置する市の1つ。川口市 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷市

    熊谷市から見た高崎線高崎線

    1883年7月28日 - 日本鉄道により、現在の高崎線の一部となる上野駅〜熊谷駅間が開業し、熊谷駅設置。同線は翌年には高崎まで延伸。熊谷市 フレッシュアイペディアより)

  • 埼京線

    埼京線から見た高崎線高崎線

    当初、通勤新線は赤羽駅 - 宮原駅間を建設し、高崎線に乗り入れて新宿駅へ直通させる構想で、1985年の運輸政策審議会答申第7号でも宮原延伸が計画されていた。当時の地図付録の路線図などにも予定線が大宮から宮原に延びて記されている。しかし、埼京線の車両基地用地として候補に挙がっていた浦和市(現在のさいたま市)のロッテ浦和工場の買収が難航し、宮原駅周辺でも用地買収の面から反対運動が起こり、急遽川越線を電化するとともに南古谷駅付近に車両基地を建設することになったため、こちらの工事を優先する必要性に迫られ、大宮駅 - 宮原駅間の建設は中止となった。埼京線 フレッシュアイペディアより)

  • 埼群軌道新線

    埼群軌道新線から見た高崎線高崎線

    現在の東上線と上越新幹線・高崎線との所要時間を比較すると、はたして熊谷 - 東京方面とのバイパス効果が得られるのかという問題もある。埼群軌道新線 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県道12号前橋高崎線

    群馬県道12号前橋高崎線から見た高崎線高崎線

    この間にJR高崎線との立体交差群馬県道12号前橋高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐線輸送力整備・新線建設促進期成同盟

    常磐線輸送力整備・新線建設促進期成同盟から見た高崎線高崎線

    JR宇都宮線(東北本線)、高崎線、常磐線(常磐快速線)の列車を東京駅直通にし、東海道本線との相互直通運転を行う計画。常磐線輸送力整備・新線建設促進期成同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立児玉白楊高等学校

    埼玉県立児玉白楊高等学校から見た高崎線高崎線

    JR高崎線本庄駅下車、朝日バス・児玉駅入り口下車、徒歩17分埼玉県立児玉白楊高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷工業団地

    熊谷工業団地から見た高崎線高崎線

    鉄道 - JR高崎線 籠原駅 より南に3km熊谷工業団地 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉工業団地

    児玉工業団地から見た高崎線高崎線

    鉄道 - JR東日本高崎線本庄駅・神保原駅、JR東日本八高線丹荘駅、JR東日本上越・長野新幹線本庄早稲田駅児玉工業団地 フレッシュアイペディアより)

545件中 81 - 90件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード

  • 通し狂言 しらぬい譚(ものがたり)

  • Shibaura Business Model Competition

  • クルマにまつわる恋愛事情