238件中 11 - 20件表示
  • 高崎線

    高崎線から見た上田清司

    当線には、ほかに並走し代替となる競合路線がないため、路線住民からは他路線に比べてダイヤ上や運賃面でのサービスが悪いと指摘されている。また、高崎線各駅を結ぶバスも極端に運転本数が少ない、または運転が無いため、長時間の運転見合わせ時に、移動手段が無く問題になっている。これらは、埼玉県議会の質問で取り上げられることもあった。特に運賃面において電車特定区間に全区間指定されておらず、神奈川(東海道・横須賀線)・千葉(総武・京葉線)方面に比べ運賃が比較的高めであることから、埼玉県内の適用範囲を拡げるよう上田清司埼玉県知事が抗議しているが、変更される見込みはない。ダイヤ面では東京駅6時出発の東海道新幹線への接続や、羽田空港7時頃出発の航空機に接続可能な始発列車の繰り上げ、逆に羽田空港23時00分以降到着の航空便や東京駅23時台到着の東海道新幹線との接続が可能な終列車の繰り下げの要望が埼玉県議会の質問に取り上げられることもあった。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た明治天皇

    日本初の私鉄である日本鉄道の第1期線として、1883年(明治16年)に上野 - 熊谷間で仮営業を開始したのが始まりである。立案当初、上野 - 高崎間の路線には、王子 - 赤羽 - 大宮 - 鴻巣 - 熊谷 - 高崎という英国人技師ボイルの案と、千住 - 岩槻 - 忍 - 熊谷 - 高崎という米国人技師クロフォードの案の二案があった。当時の鉄道局長官井上勝がボイル案を採用し、現在の路線が建設された。開業時の開設駅は上野、王子、浦和、上尾、鴻巣、熊谷で現在は中距離列車の停車しない王子も含まれている。翌1884年(明治17年)には高崎、前橋まで延長され、全通した。高崎まで開通した同年6月25日には、明治天皇臨席のもと上野駅で開通式が行われ、この際に明治天皇は上野 - 高崎間を往復乗車した。1894年(明治27年)12月発行の「汽車汽船旅行案内」には、当線を「上野-赤羽-大宮-高崎と経て直江津線に連絡し前橋まで至って両毛線に連絡する線」とし、中仙道線と案内している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た蒸気機関車

    熊谷駅を出ると、上越新幹線の高架および秩父鉄道としばらく並走する。タイミングが合えば、秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」を間近で見ることができる。高崎線と秩父鉄道の間に存在する、使われていない線路は東武熊谷線跡である。その後、高崎線は北側にカーブを切って両線から分かれる。田園地帯をしばらく北西に進むと熊谷貨物ターミナル駅を過ぎる。貨物ターミナルでは、本線の下り線のみ、貨物ターミナルをオーバークロスして越えた後、貨物専用線の秩父鉄道三ヶ尻線と並行し、ほどなく三ヶ尻線が分かれていき、分岐した側に回送線が延びて籠原駅に着く。一部の列車は、この駅で高崎寄り5両を増解結する。籠原駅を出ると、高崎車両センター籠原派出所・籠原運輸区が広がり、多くの列車が待機している。しばらく、住宅街と工業地の合間を抜けて唐沢川を渡り深谷駅に着く。深谷市は東京駅に使われたレンガを製造した地で、それにちなみ、現在の深谷駅舎は東京駅をモチーフにしたデザインとなっている。また、全国にその名を知られた深谷ねぎで著名な土地でもあり、深谷・大里地区はねぎ生産高全国第2位の埼玉県きってのねぎ生産地である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道(圏央道)との交差予定地点付近に設置する。桶川 - 北本間は距離があり、新駅予定地に近い北本市二ツ家に国際興業バスが運行する深夜急行バス「ミッドナイトアロー上尾・鴻巣」の停留所が既存駅以外で唯一設けられている。北本市が建設に意欲的で、2005年には市長自ら高崎支社を直接訪問している。高崎支社は、新駅予定地と圏央道区間が重なるため、圏央道の開通が絶対条件との回答を行った。さらに、圏央道と桶川市で接続する上尾道路の建設がオオタカの問題で工事が中断し、その影響で圏央道の建設も遅れた。2010年3月に圏央道と上尾道路が接続され、高崎線と交差地点を含む区間での圏央道の工事は開始されているが、土地買収の遅れから当該区間の開通予定が延期となり、交差地点では2012年現在着工されているが、新駅の新しい情報は特に見られない。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た東北地方太平洋沖地震

    優等列車の待避などで長時間停車する場合については車内温度保持のために半自動ドア扱いを行う。2005年までは主に冬期(11月15日 - 翌年3月31日)のみの実施であったが、2006年度からは夏期(7月8日 - 9月30日)にもに実施されるようになり、2007年7月1日からは通年化された。さらに、籠原以北については東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う福島第一原子力発電所などの停止による電力不足を受け、2011年6月から節電対策として終日半自動ドア扱いとなっている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た岐阜市

    なお、同社初の路線として、日本初の官営ではない民営鉄道として、この路線が開業した背景には、当時の日本の貿易赤字解消の外貨獲得と殖産興業として当時の一大輸出品目であった生糸や絹織物を、養蚕業と製糸業の盛んな群馬県から貿易港の横浜まで製品を運ぶ手段が必要とされたことにある。また、同線が当時東西の両京を結ぶ主要鉄道と位置付けられた中山道鉄道(後に両京を結ぶ鉄道の岐阜以東は東海道経由へと変更された)の第1区を形成する計画でもあった。しかし、政府財政の窮乏のために建設が遅れ、株式会社である日本鉄道が代わって建設したのである。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たICカード

    全線が旅客営業規則の定める「東京近郊区間」、およびIC乗車カード「Suica」の首都圏エリアに含まれている。旅客案内などに用いられるラインカラーは、首都圏地区の東海道線や宇都宮線と同様、普通列車の車体色の一部であるオレンジ()である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たキャンパス

    深谷市街地を抜けて、再び畑地の中を進んでしばらく行くと岡部駅に到着する。田園地帯の中に埼玉工業大学のキャンパスが建つのを見ることができる。田畑の中を西北西に進み、藤治川、志戸川を渡ると、新岡部変電所を右に過ぎる。さらに進むと小山川、女堀川を次々と渡って宅地に入ると間もなく本庄駅に着く。そして、住宅地に次いで工場地を抜けると神保原駅を過ぎ、田圃の中を走ってイオンタウン上里の横を過ぎると、利根川水系である神流川を渡り群馬県に入る。最初に見えてくるガトーフェスタ・ハラダの工場を右に過ぎ、住宅地に入ると間もなく新町駅に着く。工場地を過ぎて温井川を渡り、宅地と畑地を見ながら進むと南側から八高線が接近し合流する。合流地点には八高線側に北藤岡駅があるが、高崎線にホームはない。その後、すぐに右にカーブを切り烏川を渡ると、今度は左にカーブを切り、高崎東部工業団地を抜けてしばらくすると倉賀野駅に着く。倉賀野駅を出て踏切を渡ると、程なく高崎操車場が見えてくる。その高崎操車場を過ぎ、倉賀野バイパス(国道17号)をくぐり、高崎機関区を過ぎて右に大きくカーブすると程なく高崎駅に着く。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た東北縦貫線計画

    2014年度(当初2009年度末としていたが遅れている)には、東北縦貫線計画が完了し上野駅発着列車の東京方面乗り入れが可能となる予定である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た横浜市

    なお、同社初の路線として、日本初の官営ではない民営鉄道として、この路線が開業した背景には、当時の日本の貿易赤字解消の外貨獲得と殖産興業として当時の一大輸出品目であった生糸や絹織物を、養蚕業と製糸業の盛んな群馬県から貿易港の横浜まで製品を運ぶ手段が必要とされたことにある。また、同線が当時東西の両京を結ぶ主要鉄道と位置付けられた中山道鉄道(後に両京を結ぶ鉄道の岐阜以東は東海道経由へと変更された)の第1区を形成する計画でもあった。しかし、政府財政の窮乏のために建設が遅れ、株式会社である日本鉄道が代わって建設したのである。高崎線 フレッシュアイペディアより)

238件中 11 - 20件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード