238件中 21 - 30件表示
  • 高崎線

    高崎線から見た王子駅

    日本初の私鉄である日本鉄道の第1期線として、1883年(明治16年)に上野 - 熊谷間で仮営業を開始したのが始まりである。立案当初、上野 - 高崎間の路線には、王子 - 赤羽 - 大宮 - 鴻巣 - 熊谷 - 高崎という英国人技師ボイルの案と、千住 - 岩槻 - 忍 - 熊谷 - 高崎という米国人技師クロフォードの案の二案があった。当時の鉄道局長官井上勝がボイル案を採用し、現在の路線が建設された。開業時の開設駅は上野、王子、浦和、上尾、鴻巣、熊谷で現在は中距離列車の停車しない王子も含まれている。翌1884年(明治17年)には高崎、前橋まで延長され、全通した。高崎まで開通した同年6月25日には、明治天皇臨席のもと上野駅で開通式が行われ、この際に明治天皇は上野 - 高崎間を往復乗車した。1894年(明治27年)12月発行の「汽車汽船旅行案内」には、当線を「上野-赤羽-大宮-高崎と経て直江津線に連絡し前橋まで至って両毛線に連絡する線」とし、中仙道線と案内している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た福島第一原子力発電所

    優等列車の待避などで長時間停車する場合については車内温度保持のために半自動ドア扱いを行う。2005年までは主に冬期(11月15日 - 翌年3月31日)のみの実施であったが、2006年度からは夏期(7月8日 - 9月30日)にもに実施されるようになり、2007年7月1日からは通年化された。さらに、籠原以北については東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う福島第一原子力発電所などの停止による電力不足を受け、2011年6月から節電対策として終日半自動ドア扱いとなっている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た大崎駅

    2001年の湘南新宿ライン運転開始当初から横須賀線電車と線路を共用する区間では大崎駅 - 戸塚駅間のみ快速運転をし、高崎線内と東海道線戸塚以西は各駅に停車(一部高崎線内快速運転)する快速列車(後述)が運転されている。その上位列車として「特別快速」という種別が設定された。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た

    北上尾駅、桶川駅と新興住宅地の中を進み、市街地が途切れ、宅地の合間に畑地を見ながら北本駅、複合商業施設エルミこうのすが見えて来ると鴻巣駅に着く。この辺りから田畑が目立つようになり、野菜生産全国第6位、花卉生産高全国第8位、生産高全国第17位を誇る(いずれも平成19年の数値)埼玉県を代表する田園風景が続く。利根大堰から導水される武蔵水路を渡って北鴻巣駅を過ぎ、列車は元荒川沿いを北西に進み、緩く西にカーブして民家が増えて来ると吹上駅に着く。吹上駅を出ると元荒川を渡って右にカーブを切り、荒川の東側の田畑の中を荒川に沿うように並走して行田駅に着く。行田駅を出ると、蛇行していたかつて元荒川の旧流路を2回渡り、熊谷市久下の田畑地帯を北西に疾走して秩父鉄道、次いで上越新幹線が東側から乗り越し、右側に現れた複合商業施設ニットーモールを通過すると、熊谷駅に着く。この鴻巣 - 熊谷間は河川等水面とほぼ同じ高さの平面上を走る。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た夜行列車

    かつては高崎駅以北へ向かう上越線・信越線の特急・急行列車が高崎線内を多数通過していたが、上越新幹線・長野新幹線開通後は大幅に削減された。現在、昼間の特急列車としては「草津」や「あかぎ」などが運行されている。夜行列車については、2010年春に寝台特急「北陸」および急行「能登」が廃止され、以後は上野から秋田・青森方面へ向かう寝台特急「あけぼの」が残るのみとなっている。この「あけぼの」は、2010年12月の東北新幹線東京 - 新青森間全通により廃止が取り沙汰されたが、JR東日本秋田支社は当面存続させる方針を表明している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た野菜

    北上尾駅、桶川駅と新興住宅地の中を進み、市街地が途切れ、宅地の合間に畑地を見ながら北本駅、複合商業施設エルミこうのすが見えて来ると鴻巣駅に着く。この辺りから田畑が目立つようになり、野菜生産全国第6位、花卉生産高全国第8位、米生産高全国第17位を誇る(いずれも平成19年の数値)埼玉県を代表する田園風景が続く。利根大堰から導水される武蔵水路を渡って北鴻巣駅を過ぎ、列車は元荒川沿いを北西に進み、緩く西にカーブして民家が増えて来ると吹上駅に着く。吹上駅を出ると元荒川を渡って右にカーブを切り、荒川の東側の田畑の中を荒川に沿うように並走して行田駅に着く。行田駅を出ると、蛇行していたかつて元荒川の旧流路を2回渡り、熊谷市久下の田畑地帯を北西に疾走して秩父鉄道、次いで上越新幹線が東側から乗り越し、右側に現れた複合商業施設ニットーモールを通過すると、熊谷駅に着く。この鴻巣 - 熊谷間は河川等水面とほぼ同じ高さの平面上を走る。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た東日本大震災

    優等列車の待避などで長時間停車する場合については車内温度保持のために半自動ドア扱いを行う。2005年までは主に冬期(11月15日 - 翌年3月31日)のみの実施であったが、2006年度からは夏期(7月8日 - 9月30日)にもに実施されるようになり、2007年7月1日からは通年化された。さらに、籠原以北については東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う福島第一原子力発電所などの停止による電力不足を受け、2011年6月から節電対策として終日半自動ドア扱いとなっている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たSuica

    全線が旅客営業規則の定める「東京近郊区間」、およびIC乗車カード「Suica」の首都圏エリアに含まれている。旅客案内などに用いられるラインカラーは、首都圏地区の東海道線や宇都宮線と同様、普通列車の車体色の一部であるオレンジ()である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たバリアフリー

    なお、4ドア車両のE231系・E233系ではバリアフリー対応の洋式トイレが設置されているが、3ドア車両の211系はバリアフリー非対応となっている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た2009年

    2014年度(当初2009年度末としていたが遅れている)には、東北縦貫線計画が完了し上野駅発着列車の東京方面乗り入れが可能となる予定である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

238件中 21 - 30件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード

  • 通し狂言 しらぬい譚(ものがたり)

  • Shibaura Business Model Competition

  • クルマにまつわる恋愛事情