238件中 31 - 40件表示
  • 高崎線

    高崎線から見た東日本旅客鉄道大宮支社

    大宮駅を含む川越線との並走区間はJR東日本大宮支社、宮原駅 - 高崎駅間は同社高崎支社の管轄である。支社境界は川越線と分かれた後の大成第六踏切付近(大宮起点3km地点)に設けられている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た西武大宮線

    大宮駅:西武大宮線 - 1941年2月25日廃止高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た本庄電気軌道

    本庄駅:本庄電気軌道 - 1933年5月1日廃止高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たJR

    平日夕方以降に1時間あたり1本運転される快速列車である。土曜・休日は代替として前述の快速「アーバン」が運転される。JR発足後初のダイヤ改正となった1988年3月13日の運転開始時から1991年3月15日までの間は快速「タウン」の名称で運行されていた。快速「アーバン」と異なり、運行開始当初より熊谷以北は各駅停車で運行されている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た行田馬車鉄道

    吹上駅:行田馬車鉄道 - 1923年廃止高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た東日本旅客鉄道高崎支社

    路線名には高崎市や高崎駅の「高崎」を冠し、管轄は大宮駅構内をのぞきJR東日本高崎支社であるが、経路上の大部分(大宮駅から神保原駅まで)は埼玉県内であり、高崎線の南部では埼玉県と東京間の地域輸送に機能が偏重している。指令室は上野 - 高崎間の9割弱にあたる神保原以南が東京総合指令室(東京支社管轄)であり、乗務員線区は高崎支社乗務員(籠原運輸区、高崎運輸区、新前橋運輸区)以外にも上野運転区・上野車掌区が乗務している(湘南新宿ラインは新宿運輸区も担当)。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た私鉄

    日本初の私鉄である日本鉄道の第1期線として、1883年(明治16年)に上野 - 熊谷間で仮営業を開始したのが始まりである。立案当初、上野 - 高崎間の路線には、王子 - 赤羽 - 大宮 - 鴻巣 - 熊谷 - 高崎という英国人技師ボイルの案と、千住 - 岩槻 - 忍 - 熊谷 - 高崎という米国人技師クロフォードの案の二案があった。当時の鉄道局長官井上勝がボイル案を採用し、現在の路線が建設された。開業時の開設駅は上野、王子、浦和、上尾、鴻巣、熊谷で現在は中距離列車の停車しない王子も含まれている。翌1884年(明治17年)には高崎、前橋まで延長され、全通した。高崎まで開通した同年6月25日には、明治天皇臨席のもと上野駅で開通式が行われ、この際に明治天皇は上野 - 高崎間を往復乗車した。1894年(明治27年)12月発行の「汽車汽船旅行案内」には、当線を「上野-赤羽-大宮-高崎と経て直江津線に連絡し前橋まで至って両毛線に連絡する線」とし、中仙道線と案内している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た埼玉新都市交通

    川越線との乗り換え駅になる想定。さいたま市がJR東日本に要請を行っている。なお、同じ大宮駅 - 宮原駅間には2007年10月14日に開館した鉄道博物館があり、この最寄り駅の鉄道博物館駅を運営する埼玉新都市交通は要請元のさいたま市も3%を出資する第三セクターであるが、JR東日本も35%出資しており、影響が大きすぎるので設置は厳しいとの懸念もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た両毛線

    現在、高崎線はほぼ全列車が東北本線(宇都宮線)の大宮駅以南に乗り入れ、うち約7割の列車は同線の列車線の線路を走行して上野駅を始発終着駅とする。また、その他約3割は貨物線を走行して田端駅付近から山手貨物線池袋・新宿・渋谷経由で東海道本線の平塚駅・国府津駅・小田原駅まで乗り入れる。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称している。終点である高崎駅からは、全体の2割程度が上越線へと乗り入れ、さらに上越線の新前橋駅から両毛線、渋川駅から吾妻線(特急のみ)へ直通する列車もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た上野駅

    旅客案内上は、乗り入れ先の東北本線(愛称は宇都宮線)上野駅 - 大宮駅間を含めて「高崎線」と案内される場合がある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

238件中 31 - 40件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード