280件中 31 - 40件表示
  • 高崎線

    高崎線から見たSuica

    全線が旅客営業規則の定める「東京近郊区間」、およびIC乗車カード「Suica」の首都圏エリアに含まれている。旅客案内などに用いられるラインカラーは、首都圏地区の東海道線や宇都宮線と同様、普通列車の車体色の一部であるオレンジ()である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たあかぎ (列車)

    しかし、1982年(昭和57年)11月15日の上越新幹線開通で、上越線系統の列車群が新幹線へ移る形で廃止され、次いで1997年(平成9年)10月1日の北陸新幹線(高崎駅 - 長野駅間)の先行開業により、信越線系統の広域輸送も新幹線に譲り、新幹線の恩恵を受けにくい吾妻線(「草津」)、両毛線方面(「あかぎ」)等への中距離特急が運転されるのみとなり、このうち、上越線水上への特急(「谷川」、のちの「水上」)は利用者減少により臨時列車化された。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たあさま

    上越線の「とき」や信越本線の「あさま」に加え、羽越本線系統の「いなほ」や北陸本線系統の「白山」「はくたか」といった多数の特急列車が運転されており、当線を含めた上野 - 新潟間のルートでは最高速度120km/hでの運転が行われていた。また、これらのほかに比較的運転日の多い季節・臨時特急として、中軽井沢行きの「そよかぜ」、万座・鹿沢口行きの「白根」、スキー臨時列車で石打行きの「新雪」が存在した。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たバリアフリー

    E231系及びE233系は、バリアフリー対応の洋式トイレが設置されている。また、それぞれ小山車両センター・国府津車両センターの2つの車両センターに分散して所属しているが、2015年3月14日以降、高崎線(両毛線直通含む)と東海道線(伊東線直通含む)・宇都宮線(一部除く)及び上野東京ライン(常磐線系統除く)・湘南新宿ラインで車種を問わずに共通運用されており、同じ列車でも日によって車種が異なる場合がある。更に車種・所属車両センター違いの車両を組み合わせての15両編成運用もある。それぞれ担当している所属車両センターは決まっているが、ダイヤが乱れた場合は通常とは異なる車両センターの所属車が充当されることもある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た草津 (列車)

    上越線の「とき」や信越本線の「あさま」に加え、羽越本線系統の「いなほ」や北陸本線系統の「白山」「はくたか」といった多数の特急列車が運転されており、当線を含めた上野 - 新潟間のルートでは最高速度120km/hでの運転が行われていた。また、これらのほかに比較的運転日の多い季節・臨時特急として、中軽井沢行きの「そよかぜ」、万座・鹿沢口行きの「白根」、スキー臨時列車で石打行きの「新雪」が存在した。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た東日本旅客鉄道大宮支社

    大宮駅を含む川越線との並行区間はJR東日本大宮支社、宮原駅 - 高崎駅間は同社高崎支社の管轄である。支社境界は川越線と分かれた後の大成第六踏切付近(大宮起点3km地点)に設けられている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た行田馬車鉄道

    吹上駅:行田馬車鉄道 - 1923年廃止高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た埼玉新都市交通

    川越線との乗り換え駅になる想定。さいたま市がJR東日本に要請を行っている。なお、同じ大宮駅 - 宮原駅間には2007年10月14日に開館した鉄道博物館があり、この最寄り駅の鉄道博物館駅(旧大成駅)を運営する埼玉新都市交通は要請元のさいたま市も3%を出資する第三セクターであるが、JR東日本も35%出資しており、影響が大きすぎるので設置は厳しいとの懸念もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た西武大宮線

    大宮駅:西武大宮線 - 1941年2月25日廃止高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た本庄電気軌道

    本庄駅:本庄電気軌道 - 1933年5月1日廃止高崎線 フレッシュアイペディアより)

280件中 31 - 40件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード