238件中 61 - 70件表示
  • 高崎線

    高崎線から見たあさま

    かつては、上越線の「とき」や信越本線の「あさま」に加え、羽越本線系統の「いなほ」や北陸本線系統の「白山」「はくたか」といった多数の特急列車が運転されており(これらのほかに比較的運転日の多い季節・臨時特急として、中軽井沢行きの「そよかぜ」、万座・鹿沢口行きの「白根」、スキー臨時列車で石打行きの「新雪」が存在した)、当線を含めた上野 - 新潟間のルートでは最高速度120km/hでの運転が行われていたが、1982年11月15日の上越新幹線、1997年10月1日の北陸新幹線(長野新幹線)の開業により、広域輸送を両新幹線に譲り、新幹線の恩恵を受けにくい上越線水上方面や吾妻線、両毛線方面への中距離特急が運転されるのみとなった。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た信越本線

    かつては高崎駅以北へ向かう上越線・信越線の特急・急行列車が高崎線内を多数通過していたが、上越新幹線・長野新幹線開通後は大幅に削減された。現在、昼間の特急列車としては「草津」や「あかぎ」などが運行されている。夜行列車については、2010年春に寝台特急「北陸」および急行「能登」が廃止され、以後は上野から秋田・青森方面へ向かう寝台特急「あけぼの」が残るのみとなっている。この「あけぼの」は、2010年12月の東北新幹線東京 - 新青森間全通により廃止が取り沙汰されたが、JR東日本秋田支社は当面存続させる方針を表明している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た北陸 (列車)

    かつては高崎駅以北へ向かう上越線・信越線の特急・急行列車が高崎線内を多数通過していたが、上越新幹線・長野新幹線開通後は大幅に削減された。現在、昼間の特急列車としては「草津」や「あかぎ」などが運行されている。夜行列車については、2010年春に寝台特急「北陸」および急行「能登」が廃止され、以後は上野から秋田・青森方面へ向かう寝台特急「あけぼの」が残るのみとなっている。この「あけぼの」は、2010年12月の東北新幹線東京 - 新青森間全通により廃止が取り沙汰されたが、JR東日本秋田支社は当面存続させる方針を表明している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た東北新幹線

    かつては高崎駅以北へ向かう上越線・信越線の特急・急行列車が高崎線内を多数通過していたが、上越新幹線・長野新幹線開通後は大幅に削減された。現在、昼間の特急列車としては「草津」や「あかぎ」などが運行されている。夜行列車については、2010年春に寝台特急「北陸」および急行「能登」が廃止され、以後は上野から秋田・青森方面へ向かう寝台特急「あけぼの」が残るのみとなっている。この「あけぼの」は、2010年12月の東北新幹線東京 - 新青森間全通により廃止が取り沙汰されたが、JR東日本秋田支社は当面存続させる方針を表明している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た高崎駅

    高崎線(たかさきせん)は、埼玉県さいたま市大宮区の大宮駅から群馬県高崎市の高崎駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た小田原駅

    現在、高崎線はほぼ全列車が東北本線(宇都宮線)の大宮駅以南に乗り入れ、うち約7割の列車は同線の列車線の線路を走行して上野駅を始発終着駅とする。また、その他約3割は貨物線を走行して田端駅付近から山手貨物線池袋・新宿・渋谷経由で東海道本線の平塚駅・国府津駅・小田原駅まで乗り入れる。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称している。終点である高崎駅からは、全体の2割程度が上越線へと乗り入れ、さらに上越線の新前橋駅から両毛線、渋川駅から吾妻線(特急のみ)へ直通する列車もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た秋田駅

    かつては高崎駅以北へ向かう上越線・信越線の特急・急行列車が高崎線内を多数通過していたが、上越新幹線・長野新幹線開通後は大幅に削減された。現在、昼間の特急列車としては「草津」や「あかぎ」などが運行されている。夜行列車については、2010年春に寝台特急「北陸」および急行「能登」が廃止され、以後は上野から秋田・青森方面へ向かう寝台特急「あけぼの」が残るのみとなっている。この「あけぼの」は、2010年12月の東北新幹線東京 - 新青森間全通により廃止が取り沙汰されたが、JR東日本秋田支社は当面存続させる方針を表明している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た増解結

    熊谷駅を出ると、上越新幹線の高架および秩父鉄道としばらく並走する。タイミングが合えば、秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」を間近で見ることができる。高崎線と秩父鉄道の間に存在する、使われていない線路は東武熊谷線跡である。その後、高崎線は北側にカーブを切って両線から分かれる。田園地帯をしばらく北西に進むと熊谷貨物ターミナル駅を過ぎる。貨物ターミナルでは、本線の下り線のみ、貨物ターミナルをオーバークロスして越えた後、貨物専用線の秩父鉄道三ヶ尻線と並行し、ほどなく三ヶ尻線が分かれていき、分岐した側に回送線が延びて籠原駅に着く。一部の列車は、この駅で高崎寄り5両を増解結する。籠原駅を出ると、高崎車両センター籠原派出所・籠原運輸区が広がり、多くの列車が待機している。しばらく、住宅街と工業地の合間を抜けて唐沢川を渡り深谷駅に着く。深谷市は東京駅に使われたレンガを製造した地で、それにちなみ、現在の深谷駅舎は東京駅をモチーフにしたデザインとなっている。また、全国にその名を知られた深谷ねぎで著名な土地でもあり、深谷・大里地区はねぎ生産高全国第2位の埼玉県きってのねぎ生産地である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た青森駅

    かつては高崎駅以北へ向かう上越線・信越線の特急・急行列車が高崎線内を多数通過していたが、上越新幹線・長野新幹線開通後は大幅に削減された。現在、昼間の特急列車としては「草津」や「あかぎ」などが運行されている。夜行列車については、2010年春に寝台特急「北陸」および急行「能登」が廃止され、以後は上野から秋田・青森方面へ向かう寝台特急「あけぼの」が残るのみとなっている。この「あけぼの」は、2010年12月の東北新幹線東京 - 新青森間全通により廃止が取り沙汰されたが、JR東日本秋田支社は当面存続させる方針を表明している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た国府津駅

    現在、高崎線はほぼ全列車が東北本線(宇都宮線)の大宮駅以南に乗り入れ、うち約7割の列車は同線の列車線の線路を走行して上野駅を始発終着駅とする。また、その他約3割は貨物線を走行して田端駅付近から山手貨物線池袋・新宿・渋谷経由で東海道本線の平塚駅・国府津駅・小田原駅まで乗り入れる。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称している。終点である高崎駅からは、全体の2割程度が上越線へと乗り入れ、さらに上越線の新前橋駅から両毛線、渋川駅から吾妻線(特急のみ)へ直通する列車もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

238件中 61 - 70件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード