238件中 71 - 80件表示
  • 高崎線

    高崎線から見た倉賀野駅

    深谷市街地を抜けて、再び畑地の中を進んでしばらく行くと岡部駅に到着する。田園地帯の中に埼玉工業大学のキャンパスが建つのを見ることができる。田畑の中を西北西に進み、藤治川、志戸川を渡ると、新岡部変電所を右に過ぎる。さらに進むと小山川、女堀川を次々と渡って宅地に入ると間もなく本庄駅に着く。そして、住宅地に次いで工場地を抜けると神保原駅を過ぎ、田圃の中を走ってイオンタウン上里の横を過ぎると、利根川水系である神流川を渡り群馬県に入る。最初に見えてくるガトーフェスタ・ハラダの工場を右に過ぎ、住宅地に入ると間もなく新町駅に着く。工場地を過ぎて温井川を渡り、宅地と畑地を見ながら進むと南側から八高線が接近し合流する。合流地点には八高線側に北藤岡駅があるが、高崎線にホームはない。その後、すぐに右にカーブを切り烏川を渡ると、今度は左にカーブを切り、高崎東部工業団地を抜けてしばらくすると倉賀野駅に着く。倉賀野駅を出て踏切を渡ると、程なく高崎操車場が見えてくる。その高崎操車場を過ぎ、倉賀野バイパス(国道17号)をくぐり、高崎機関区を過ぎて右に大きくカーブすると程なく高崎駅に着く。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見たJR東日本E231系電車

    普通列車・快速列車はグリーン車を組み込んだ10両編成または15両編成の近郊形電車で運行されており、E231系・E233系(4ドア車)と211系(3ドア車)で運転されている。15両編成での運用は籠原以南のみとなっており、籠原以北では10両編成での運用となる。このため、高崎方面発着の一部の列車は、籠原で付属編成5両の増解結を行う。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た熊谷市

    北上尾駅、桶川駅と新興住宅地の中を進み、市街地が途切れ、宅地の合間に畑地を見ながら北本駅、複合商業施設エルミこうのすが見えて来ると鴻巣駅に着く。この辺りから田畑が目立つようになり、野菜生産全国第6位、花卉生産高全国第8位、米生産高全国第17位を誇る(いずれも平成19年の数値)埼玉県を代表する田園風景が続く。利根大堰から導水される武蔵水路を渡って北鴻巣駅を過ぎ、列車は元荒川沿いを北西に進み、緩く西にカーブして民家が増えて来ると吹上駅に着く。吹上駅を出ると元荒川を渡って右にカーブを切り、荒川の東側の田畑の中を荒川に沿うように並走して行田駅に着く。行田駅を出ると、蛇行していたかつて元荒川の旧流路を2回渡り、熊谷市久下の田畑地帯を北西に疾走して秩父鉄道、次いで上越新幹線が東側から乗り越し、右側に現れた複合商業施設ニットーモールを通過すると、熊谷駅に着く。この鴻巣 - 熊谷間は河川等水面とほぼ同じ高さの平面上を走る。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た国道17号

    高崎線は、大宮駅で東北本線から分岐し、群馬県の高崎までを結ぶ路線で、東京の近郊路線の一つである。国道17号(中山道)とほぼ並走し、一部区間をのぞき同じ市町村を経由している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た幹線

    高崎線(たかさきせん)は、埼玉県さいたま市大宮区の大宮駅から群馬県高崎市の高崎駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た渋川駅

    現在、高崎線はほぼ全列車が東北本線(宇都宮線)の大宮駅以南に乗り入れ、うち約7割の列車は同線の列車線の線路を走行して上野駅を始発終着駅とする。また、その他約3割は貨物線を走行して田端駅付近から山手貨物線池袋・新宿・渋谷経由で東海道本線の平塚駅・国府津駅・小田原駅まで乗り入れる。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称している。終点である高崎駅からは、全体の2割程度が上越線へと乗り入れ、さらに上越線の新前橋駅から両毛線、渋川駅から吾妻線(特急のみ)へ直通する列車もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た新前橋駅

    現在、高崎線はほぼ全列車が東北本線(宇都宮線)の大宮駅以南に乗り入れ、うち約7割の列車は同線の列車線の線路を走行して上野駅を始発終着駅とする。また、その他約3割は貨物線を走行して田端駅付近から山手貨物線池袋・新宿・渋谷経由で東海道本線の平塚駅・国府津駅・小田原駅まで乗り入れる。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称している。終点である高崎駅からは、全体の2割程度が上越線へと乗り入れ、さらに上越線の新前橋駅から両毛線、渋川駅から吾妻線(特急のみ)へ直通する列車もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た両毛鉄道

    現在も上野を列車運行上の起点とし、さらに現在では別路線の両毛線の駅となっている前橋への直通列車も設定されているのは、当時の終着駅が前橋であることに由来する。ただし、この時の前橋駅は利根川の西岸、現在の新前橋駅付近にあった。この駅は、地元で内藤分停車場あるいは内藤ステーションと呼ばれていた(詳しくは「前橋駅」および「両毛線」の項を参照)。小山から両毛鉄道が西進し、現在の前橋駅まで開業すると同時に、日本鉄道も利根川を渡る線路を敷設して現在の前橋駅まで延伸開業し、旧前橋駅は廃止された。その後、新前橋駅は1921年(大正10年)の上越南線開業で分岐駅として開業している。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た宮原駅

    ピーク1時間(ラッシュ時)の通過人員と混雑率は、宮原駅→大宮駅間で、2008年度がそれぞれ48,360人・192%、また2010年度は48,350人・191%である。この混雑率は「体が触れ合うが新聞は読める」目安とされる180%と「週刊誌なら何とか読める」目安とされる200%のほぼ中間となっている。高崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎線

    高崎線から見た池袋駅

    現在、高崎線はほぼ全列車が東北本線(宇都宮線)の大宮駅以南に乗り入れ、うち約7割の列車は同線の列車線の線路を走行して上野駅を始発終着駅とする。また、その他約3割は貨物線を走行して田端駅付近から山手貨物線池袋・新宿・渋谷経由で東海道本線の平塚駅・国府津駅・小田原駅まで乗り入れる。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称している。終点である高崎駅からは、全体の2割程度が上越線へと乗り入れ、さらに上越線の新前橋駅から両毛線、渋川駅から吾妻線(特急のみ)へ直通する列車もある。高崎線 フレッシュアイペディアより)

238件中 71 - 80件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード