熱帯性暴風雨 ニュース&Wiki etc.

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ハリケーン」のつながり調べ

  • テネシー州

    テネシー州から見たハリケーン

    テネシー州は海岸から遠いので、ハリケーンの影響を直接受けることは少ないが、1982年の熱帯低気圧クリスのように、熱帯低気圧の名残が上陸して弱くなったもののかなりの降水量をもたらすことがある。年間平均で雷雨発生日が50日ほどあり、その中には大きな雹を降らせたり、暴風を伴うものがある。州全体で竜巻が発生する可能性があり、特に西テネシーと中部テネシーで多い。時には強力な竜巻が発生する。年間平均発生数は15個である。竜巻は激しいものになる可能性があり、死者を出した竜巻の比率では全米最大である。冬の嵐も時としてやっかいなものになり、氷雨を伴う暴風が起こりやすい。スモーキー山地の大半では特に、霧が問題になっている。(テネシー州 フレッシュアイペディアより)

  • 気象論 (アリストテレス)

    気象論 (アリストテレス)から見たハリケーン

    第1章 - 雷(2)、ハリケーン、竜巻。。(気象論 (アリストテレス) フレッシュアイペディアより)

「ハリケーン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード