前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
323件中 1 - 10件表示
  • ハリケーン・イニキ

    ハリケーン・イニキから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・イニキ(英表記:Hurricane Iniki、イニキはハワイの方言で「強く刺すような風」)とは、1992年9月にアメリカ合衆国のハワイ州およびその周辺の島々を襲い、同地域を襲ったものの中ではアメリカ観測史上最大となったハリケーンである。発生要因のひとつとして、1991年から1994年にかけて発生していた強いエルニーニョ現象の影響も挙げられている。この年はこのイニキを含めて中部太平洋地域では全部で11のトロピカル・ストーム(強力な熱帯低気圧)が発生している。イニキは1992年9月11日にハワイ諸島最北端のカウアイ島に直撃、サファ・シンプソン・ハリケーン・スケールのカテゴリー4に指定された。ハワイ州をハリケーンが直撃したのは1982年のハリケーン・イワ(Hurricane Iwa)以来で、カテゴリー3以上のメジャー・ハリケーンとなると1959年のハリケーン・ダット(Hurricane Dot)以来であった。ハリケーン・イニキ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年

    2005年から見たハリケーンハリケーン

    8月26日 - ハリケーン「カトリーナ」が米国フロリダ州に上陸。8月29日にはカテゴリ4の強さでルイジアナ州ニューオーリンズに再上陸。政府の対応の遅れから、約1,200人の死者を出し、ニューオーリンズでは、取り残された市民により略奪が発生。避難先でも、感染症や衰弱死、性犯罪などが多発する惨状となる。原油価格は高騰し、ブッシュ政権の支持率は急落。2005年 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見たハリケーンハリケーン

    アメリカ合衆国本土にチャーリー、フランシス、アイバン、ジーンとハリケーンが次々と上陸した。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーストーム

    スーパーストームから見たハリケーンハリケーン

    台風やハリケーンを人工的に操る技術の開発を目的に立ち上げられたアメリカ合衆国政府のプロジェクト "Stormshield"。スーパーストーム フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・バフェット

    ジミー・バフェットから見たハリケーンハリケーン

    2006年8月、アルバム"Take The Weather With You"をリリース。このアルバムの上で"Breathe In, Breathe Out, Move On"は2005年に発生したハリケーンカトリーナに言及します。同時に"Silver Wings"の彼の解釈でM・ハガードに敬意を表して、"Whoop De Doo"でマーク・ノップラーと共演しています。ジミー・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • 地域特別気象中枢

    地域特別気象中枢から見たハリケーンハリケーン

    北東太平洋: この海域は北西太平洋に次いで熱帯低気圧の活動の活発な海域であり、年間発生数は全海域で最も多い。この海域で発生するハリケーンはメキシコ西部へ影響することが多く、次いで米国本土(特にカリフォルニア州)、中央アメリカの北部にも影響を及ぼす。近代的なデータベースにはカリフォルニア州に上陸したハリケーンの記録はないが、1858年にサンディエゴで75mph(33.5m/s)を超える風速(ほぼ熱帯低気圧がハリケーンに分類される最低限の風速)を記録したとする伝承がある。しかし、この時本当にカリフォルニア州にハリケーンが上陸したのかは明らかにされていない。1939年のロングピーチ・トロピカル・ストーム、1976年のハリケーン・カスリーン、1997年のハリケーン・ノラはいずれもゲールフォース・ウィンド(強風級の風)をカリフォルニアにもたらした。地域特別気象中枢 フレッシュアイペディアより)

  • 国立ハリケーンセンター

    国立ハリケーンセンターから見たトロピカルストームハリケーン

    大西洋および太平洋のハリケーンシーズンの間は、ハリケーン専門家班 (Hurricane Specialists Unit) が北東太平洋および北大西洋海域の熱帯気象に関する概況を逐次発表する。36時間以内にトロピカルストームやハリケーンが発生するような状況が予測された場合、NHCは適宜メディアやNOAAウェザーラジオを通じて、注意勧告や警報を発する。NHCはアメリカ合衆国の一機関であるが、世界気象機関はこれを北大西洋と東太平洋におけるRSMC(地域特別気象中枢)に指定している。このように、NHCはこの海域で発生する熱帯低気圧に関する情報を米国内外に発信する情報センターとしての役割も担っている。万一、センターの電力供給に支障が生じたり、何らかの理由で任務遂行が不可能な状況に陥ったりした場合は、中部太平洋ハリケーンセンターが北東太平洋、水文気象予測センターが北大西洋における熱帯気象の概況把握・予報発表等の業務をそれぞれバックアップする体制をとっている。国立ハリケーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • フランス領ルイジアナ

    フランス領ルイジアナから見たハリケーンハリケーン

    フランス領ルイジアナの低地は、温和な気候であるが、晩夏から初秋にかけて起こるメキシコ湾沿岸のハリケーンが特徴でもある。冬季には霜が降りるが、米、タバコ、藍の栽培が可能である。この地域の地形の代表的なものは、ミシシッピ川三角州に見られる湖沼と多くの湿地である。ミシシッピ川から小川が分流し長く緩やかな流れを形成しており、総計数千キロメートルにおよぶ網目状の航行可能な水路となっている。フランス領ルイジアナ フレッシュアイペディアより)

  • オキーチョビー湖

    オキーチョビー湖から見たハリケーンハリケーン

    湖底の組成は石灰岩であり最大深度は4mとなっている。水の色は濁った色をしているが、これは周辺の農地から流れ出るリンなどで湖が富栄養化していることが原因である。1928年のハリケーンにより老朽化した堤防が破壊されて周辺に大洪水を引き起こし数千名の命を奪った。災害の後アメリカ陸軍によって高さ6mの堤防が湖の全周に渡って築かれた。オキーチョビー湖 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年メキシコ湾原油流出事故

    2010年メキシコ湾原油流出事故から見たハリケーンハリケーン

    マコンド・プロスペクトでは昨年10月に別のリグで掘削を始めたが、ハリケーンで損傷したため、今年1月にディープウォーター・ホライズンと交替した。申請工期は78日だが、内部で51日と定められた。その後工期は遅れ予算は超過した(1日100万?)。事故は80日目だった。2010年メキシコ湾原油流出事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
323件中 1 - 10件表示