前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
435件中 1 - 10件表示
  • ハリケーン・イニキ

    ハリケーン・イニキから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・イニキ(英表記:Hurricane Iniki、イニキはハワイの方言で「強く刺すような風」)とは、1992年9月にアメリカ合衆国のハワイ州およびその周辺の島々を襲い、同地域を襲ったものの中ではアメリカ観測史上最大となったハリケーンである。発生要因のひとつとして、1991年から1994年にかけて発生していた強いエルニーニョ現象の影響も挙げられている。この年はこのイニキを含めて中部太平洋地域では全部で11のトロピカル・ストーム(強力な熱帯低気圧)が発生している。イニキは1992年9月11日にハワイ諸島最北端のカウアイ島に直撃、サファ・シンプソン・ハリケーン・スケールのカテゴリー4に指定された。ハワイ州をハリケーンが直撃したのは1982年のハリケーン・イワ(Hurricane Iwa)以来で、カテゴリー3以上のメジャー・ハリケーンとなると1959年のハリケーン・ダット(Hurricane Dot)以来であった。ハリケーン・イニキ フレッシュアイペディアより)

  • ペンサコーラ (フロリダ州)

    ペンサコーラ (フロリダ州)から見たハリケーンハリケーン

    ペンサコーラという市名は1100年頃からこの地に住みつき、文化を興していたネイティブ・アメリカンのペンサコーラ族に由来すると考えられている。ペンサコーラは現在のアメリカ合衆国本土で最初のヨーロッパ人入植地が創設された地であり、その歴史は1559年にさかのぼる。しかし、ハリケーンの被害、飢饉、および先住民の攻撃により、このスペイン人入植地は短命に終わり、1561年には放棄された。その後、17世紀後半に入ると、フランスによるルイジアナの探検が進み、スペインがそれを脅威として捉えたため、フランスの牽制を目的としてこの地に入植地を再設し、それが現代の街の基礎となった。ペンサコーラ (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たハリケーンハリケーン

    同じ最大風速が17.2m/s以上の熱帯低気圧のうち、北インド洋と南太平洋にあるものは「サイクロン」と呼ばれ、北大西洋と北東太平洋の熱帯低気圧のうち最大風速が32.7m/s以上のものは「ハリケーン」と呼ばれるが、これらの熱帯低気圧が地理的な境界線を越えた場合は呼び方が変わる。例えば、2006年に北東太平洋で発生したハリケーン・イオケは、西進して経度180度を越えたため台風12号になった。このように、区域を跨って台風に変わったものを越境台風と呼ぶ。逆に1972年の台風29号は、マレー半島を通過してベンガル湾に抜けたことによりサイクロンに変わった。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見たハリケーンハリケーン

    アメリカ合衆国本土にチャーリー、フランシス、アイバン、ジーンとハリケーンが次々と上陸した。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年

    2005年から見たハリケーンハリケーン

    8月26日 - ハリケーン「カトリーナ」が米国フロリダ州に上陸。8月29日にはカテゴリ4の強さでルイジアナ州ニューオーリンズに再上陸。政府の対応の遅れから、約1,200人の死者を出し、ニューオーリンズでは、取り残された市民により略奪が発生。避難先でも、感染症や衰弱死、性犯罪などが多発する惨状となる。原油価格は高騰し、ブッシュ政権の支持率は急落。2005年 フレッシュアイペディアより)

  • 平成26年台風第13号

    平成26年台風第13号から見たハリケーンハリケーン

    平成26年台風第13号(へいせい26ねんたいふうだい13ごう)は、2014年(平成26年)7月25日にハリケーンとして発生し、8月7日15時に180度経線を越えて気象庁の予報区域に入った台風。平成26年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 平成9年台風第19号

    平成9年台風第19号から見たハリケーンハリケーン

    平成9年台風第19号(へいせい9ねんたいふうだい19ごう、国際名:オリーバ〔Oliwa〕)は、1997年(平成9年)9月に発生し、日本に被害を出した台風である。この台風の国際名Oliwaは、太平洋北西部ではなく太平洋北中部の名前リストのものであり、当時この台風は、平成27年台風第12号が長崎県佐世保市に上陸するまで記録に残る限り日本に上陸した唯一のハリケーンだった。平成9年台風第19号 フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーンアワー

    ハリケーンアワーから見たハリケーンハリケーン

    『ハリケーンアワー』(原題: Hours)は、2013年にアメリカ合衆国で制作されたスリラー映画。2005年に実際にアメリカ合衆国東部を襲った巨大ハリケーン「カトリーナ」を題材にしている。アメリカ合衆国での公開を目前に控えた2013年11月30日、主演と製作総指揮を務めたポール・ウォーカーは交通事故によって突然この世を去ってしまい、彼の死後に劇場公開がなされた。ハリケーンアワー フレッシュアイペディアより)

  • スーパーストーム

    スーパーストームから見たハリケーンハリケーン

    台風やハリケーンを人工的に操る技術の開発を目的に立ち上げられたアメリカ合衆国政府のプロジェクト "Stormshield"。スーパーストーム フレッシュアイペディアより)

  • ヌエストラ・セニョーラ・デ・アトーチャ

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・アトーチャから見たハリケーンハリケーン

    9月6日、強いハリケーンによって、キーウェストの西約35マイル(56キロ)離れたドライ・トートガスの近くのサンゴ礁で難破、船体は深刻な損害を受け、すぐに沈没。乗員・乗客265人中、3人の船員と2人の奴隷を除く全員が溺死した。このとき、1619年のでマゼラン海峡に代わるホーン岬航路を探検したバルトロメ・ガルシア・デ・ノダルが、死亡している。ヌエストラ・セニョーラ・デ・アトーチャ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
435件中 1 - 10件表示

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード