323件中 91 - 100件表示
  • モンロー砦

    モンロー砦から見たハリケーンハリケーン

    クリストファー・ニューポート船長の指揮する3隻の船で到着したジョン・スミス船長とバージニア会社の植民者達は1607年にジェームズ川沿いにイギリス領バージニア植民地のジェームズタウン開拓地を設立した。植民者達の当初の探検によって、海岸を防衛するという目的でオールドポイント・コンフォートの地の戦略的重要性を認識した。彼等は初めに現在のモンロー砦の地に、アルジャーノン砦(1609年-1612年)を建設した。ジェームズタウンが最初にそうであったように3角形の柵が設けられたと考えられている。1610年には近くにヘンリー砦やチャールズ砦と呼ばれる小さな砦が造られた。アルジャーノン砦は1612年に焼けてしまった。1632年に「オールドポイント・コンフォートの砦」とだけ呼ばれる小さな砦が建設され、1667年にはハリケーンで破壊された。1728年、この地にジョージ砦が建設された。その石造りの壁は1749年のハリケーンで破壊されたが、砦内の木造建物は少なくとも1775年まで駐屯兵を減らして使われ続けた。1781年、アメリカ独立戦争のヨークタウン包囲戦で、フランス西インド諸島艦隊がジョージ砦の廃墟の上に砲台を建設した。植民時代を通じて、時と共に砦への駐屯が行われた。モンロー砦 フレッシュアイペディアより)

  • 台風の目

    台風の目から見たハリケーンハリケーン

    台風の目(たいふうのめ)あるいは熱帯低気圧の目とは、熱帯低気圧(台風、ハリケーン、サイクロンを含む)の雲の渦巻きの中心部にできる、雲のない空洞部分のことである。台風の目の空洞の外壁となる部分は雲が壁状を成し、英語では「eyewall(アイ・ウォール)」と呼び、日本語で「目の壁」あるいは「眼の壁雲」と言われる。この雲の目の外壁は同時に目を囲む台風のそのものの広大な雲の内壁でもある。台風の目 フレッシュアイペディアより)

  • グアテマラ空軍

    グアテマラ空軍から見たハリケーンハリケーン

    1960年にグアテマラ内戦が勃発し、1996年に停戦するまで混乱状態が続いた。この間の民生支援では1974年のハリケーンや1976年の地震では救助活動に出動している。組織面では1978年に軍事航空学校パイロット課程の再編成、1983年に特別コマンドとして空軍予備が創設されている。グアテマラ空軍 フレッシュアイペディアより)

  • サバンナ包囲戦

    サバンナ包囲戦から見たハリケーンハリケーン

    フランス海軍の提督デスタン伯爵は1779年の前半をカリブ海で過ごし、イギリス艦隊と互いに相手の動きを探っていた。7月にグレナダを占領する成果を上げた後で、アメリカ軍から要請のあったサバンナ攻撃を支援することにした。9月3日、ハリケーンのシーズンであるにも拘わらず数隻のフランス艦船がチャールストンに到着し、デスタン伯爵が25艦のフランス戦列艦隊に4,000名の将兵を載せてジョージアに向かっていると知らせてきた。リンカーンとフランスの特使はサバンナ攻撃の作戦で合意し、9月11日、リンカーンは2,000名以上を率いてチャールストンを出発した。サバンナ包囲戦 フレッシュアイペディアより)

  • チェサピーク湾の海戦

    チェサピーク湾の海戦から見たハリケーンハリケーン

    アメリカ独立戦争の南部戦線では戦略的に決着の付かない状態が続き、イギリス軍のコーンウォリス将軍は、ニューヨークにいるヘンリー・クリントン将軍の部隊と海上を通じた連携をとるため、またイギリス海軍の優位を生かして戦線を有利にするために、1781年の夏、北の要塞化された上陸点であるヨークタウンの海岸に向かった。ニューヨークはジョージ・ワシントンの大陸軍とロシャンボー伯爵のフランス軍から攻撃される恐れがあった。ヨークタウンにイギリス軍が居るということで、チェサピーク湾を支配することが海軍の重要な目標となった。コーンウォリスは、カリブ海のハリケーン・シーズンを回避して北方へ進むイギリス海軍西インド諸島艦隊が来てくれることを期待していた。同時に、ワシントンもチェサピーク湾の戦略的重要性を認識して、カリブ海にいたフランス艦隊に至急来援するよう依頼していた。イギリス艦隊を率いる海軍少将サミュエル・フッド卿はフランス艦隊がチェサピーク湾に向かっているのか、あるいはニューヨークの包囲に向けてアメリカ軍とフランス軍の支援に廻るのかを掴んでいなかった。チェサピーク湾の海戦 フレッシュアイペディアより)

  • デラウェア州の歴史

    デラウェア州の歴史から見たハリケーンハリケーン

    ミヌイットはその年、故郷へ帰る途中でハリケーンに遭って死んだが、スウェーデンの植民地は徐々に成長を始めた。1644年までにスウェーデン人とフィンランド人開拓者がクリスチーナ砦からスクーカル川までのデラウェア川両岸に住んでいた。ニュースウェーデンでも良く知られた知事、ヨハン・ビョルンソン・プリンツは現在のペンシルベニア州ティニカムに居を移し、開拓者をそこに集中させようと考えた。デラウェア州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • サイパン (空母)

    サイパン (空母)から見たハリケーンハリケーン

    その後ノーフォークに帰還し、11月1日からオーバーホールを行う。翌年4月にはカリブ海に航海し任務を再開する。6月にはペンサコラの航空訓練センターの訓練生を乗艦させ、夏まで訓練を行った。9月末にサイパンは再びハリケーンの救援任務を命じられ、メキシコに派遣される。10月1日から9日まで艦載ヘリコプターで生存者の救助、救助班の派遣、氾濫したタンピコ地区への食料、飲料水、医薬品の補給を行った。サイパン (空母) フレッシュアイペディアより)

  • セントビンセント・グレナディーンの歴史

    セントビンセント・グレナディーンの歴史から見たハリケーンハリケーン

    20世紀の間、天災は国を苦しめた。1902年、セントビンセントにある火山スフリエール山が噴火し、2000人が死亡し多くの農地が破壊され、経済は悪化した。1979年4月、再び噴火した時は死者はなかったが、数千人が避難を要し、広範囲にわたる農場に被害を受けた。1980年、1987年はハリケーンがバナナとココナッツのプランテーションを襲い、1998年と1999年もまた、非常に活発なハリケーンの被害を受けた。1999年のハリケーン・レニーでは、西海岸の広い範囲にダメージを受けた。セントビンセント・グレナディーンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • レックス・ハドラー

    レックス・ハドラーから見たハリケーンハリケーン

    来日前は盗塁時のセカンドベースカバーの選手を吹っ飛ばすほど激しいスライディングで、地元アナウンサーに「ハリケーン」と呼ばれていたが、日本で盗塁を決めたのはたった1回、9月の対阪神タイガース戦だけだった(盗塁死は4つある)。レックス・ハドラー フレッシュアイペディアより)

  • ライド (バンド)

    ライド (バンド)から見たハリケーンハリケーン

    ライド解散後、ベルは新しいバンドハリケーンを結成する。しかしハリケーン#1は2枚のアルバムを残して解散。その後ベルはゲイ・ダッドのツアーに帯同し、加入寸前というところで、突如オアシスにベースで加入することが決まった。ライド (バンド) フレッシュアイペディアより)

323件中 91 - 100件表示