435件中 11 - 20件表示
  • 地域特別気象中枢

    地域特別気象中枢から見たハリケーンハリケーン

    北東太平洋: この海域は北西太平洋に次いで熱帯低気圧の活動の活発な海域であり、年間発生数は全海域で最も多い。この海域で発生するハリケーンはメキシコ西部へ影響することが多く、次いで米国本土(特にカリフォルニア州)、中央アメリカの北部にも影響を及ぼす。近代的なデータベースにはカリフォルニア州に上陸したハリケーンの記録はないが、1858年にサンディエゴで75mph(33.5m/s)を超える風速(ほぼ熱帯低気圧がハリケーンに分類される最低限の風速)を記録したとする伝承がある。しかし、この時本当にカリフォルニア州にハリケーンが上陸したのかは明らかにされていない。1939年のロングピーチ・トロピカル・ストーム、1976年のハリケーン・カスリーン、1997年のハリケーン・ノラはいずれもゲールフォース・ウィンド(強風級の風)をカリフォルニアにもたらした。地域特別気象中枢 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・バフェット

    ジミー・バフェットから見たハリケーンハリケーン

    2006年8月、アルバム"Take The Weather With You"をリリース。このアルバムの上で"Breathe In, Breathe Out, Move On"は2005年に発生したハリケーンカトリーナに言及している。同時に"Silver Wings"の彼の解釈でM・ハガードに敬意を表して、"Whoop De Doo"でマーク・ノップラーと共演している。ジミー・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • 国立ハリケーンセンター

    国立ハリケーンセンターから見たトロピカルストームハリケーン

    大西洋および太平洋のハリケーンシーズンの間は、ハリケーン専門家班 (Hurricane Specialists Unit) が北東太平洋および北大西洋海域の熱帯気象に関する概況を逐次発表する。36時間以内にトロピカルストームやハリケーンが発生するような状況が予測された場合、NHCは適宜メディアやNOAAウェザーラジオを通じて、注意勧告や警報を発する。NHCはアメリカ合衆国の一機関であるが、世界気象機関はこれを北大西洋と東太平洋におけるRSMC(地域特別気象中枢)に指定している。このように、NHCはこの海域で発生する熱帯低気圧に関する情報を米国内外に発信する情報センターとしての役割も担っている。万一、センターの電力供給に支障が生じたり、何らかの理由で任務遂行が不可能な状況に陥ったりした場合は、中部太平洋ハリケーンセンターが北東太平洋、水文気象予測センターが北大西洋における熱帯気象の概況把握・予報発表等の業務をそれぞれバックアップする体制をとっている。国立ハリケーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • オキーチョビー湖

    オキーチョビー湖から見たハリケーンハリケーン

    湖底の組成は石灰岩であり最大深度は4mとなっている。水の色は濁った色をしているが、これは周辺の農地から流れ出るリンなどで湖が富栄養化していることが原因である。1928年のハリケーンにより老朽化した堤防が破壊されて周辺に大洪水を引き起こし数千名の命を奪った。災害の後アメリカ陸軍によって高さ6mの堤防が湖の全周に渡って築かれた。オキーチョビー湖 フレッシュアイペディアより)

  • 熱帯低気圧

    熱帯低気圧から見たハリケーンハリケーン

    熱帯低気圧(ねったいていきあつ、)は、熱帯から亜熱帯の海洋上で発生する低気圧のことである。強い風と雨を伴うため、しばしば甚大な気象災害をもたらす。その進路や勢力は季節によって変化し、温帯にまで移動し被害をもたらすこともある。台風、ハリケーン、サイクロンなどは、強い熱帯低気圧に対してその位置する海域別に与えられている名称である。熱帯低気圧 フレッシュアイペディアより)

  • フランス領ルイジアナ

    フランス領ルイジアナから見たハリケーンハリケーン

    フランス領ルイジアナの低地は、温和な気候であるが、晩夏から初秋にかけて起こるメキシコ湾沿岸のハリケーンが特徴でもある。冬季には霜が降りるが、米、タバコ、藍の栽培が可能である。この地域の地形の代表的なものは、ミシシッピ川三角州に見られる湖沼と多くの湿地である。ミシシッピ川から小川が分流し長く緩やかな流れを形成しており、総計数千キロメートルにおよぶ網目状の航行可能な水路となっている。フランス領ルイジアナ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の台風

    2014年の台風から見たハリケーンハリケーン

    7月20日に東太平洋で確認された熱帯撹乱が次第に発達して7月25日にハリケーンになり、ジェヌヴィーヴ(Genevieve)と名づけられた。27日には弱体化して再び熱帯低気圧に戻ったが、次第に勢力を回復し、8月2日に再びハリケーンへと成長して太平洋上を西進。途中で勢力を弱めたものの日付変更線に近づくに連れて急速に勢力を回復し、8月7日15時(協定世界時7日6時)にミッドウェー島近海で日付変更線を越えて気象庁の予報区域に入ったため台風第13号として観測対象になった。7日15時時点で中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルの勢力を維持していた。。2014年の台風 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン山 (ニューハンプシャー州)

    ワシントン山 (ニューハンプシャー州)から見たハリケーンハリケーン

    ワシントン山の気象は異常なほど変わりやすい。これは、主に大西洋から南に、メキシコ湾地域、太平洋岸北西部と幾つかの嵐道が集まっていることが一部効いている。プレジデンシャル山地の立ち上がりが高く、南北に向いていることと組み合わされて、西よりの風の大きな障壁になっている。冬は、北東部と大西洋の間の温度差があるために、海岸部に沿って低気圧が発生しやすい。これらの要因が組み合わされ、ハリケーンを上回るような風が、年平均110日も発生している。11月から4月までこの強風は3日に2日の割合で起こっている。ワシントン山 (ニューハンプシャー州) フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年台風第12号

    平成18年台風第12号から見たハリケーンハリケーン

    平成18年台風第12号(へいせい18ねんたいふうだい12ごう、国際名:イオケ〔Ioke〕)は、2006年(平成18年)8月に発生したハリケーン・台風である。平成18年台風第12号 フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・アイバン

    ハリケーン・アイバンから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・アイバン(Hurricane Ivan)は、2004年9月に発生した近年の観測史の中でも最大級の勢力を持ったハリケーンである。本来ロシア語などの人名であるIvanには、イヴァン(スラヴ語よみ)やアイヴァン(英語よみ)などの読み方があるが、日本のほとんどの報道機関では英語読みの「アイバン/アイヴァン」という読み方を採用している。ハリケーン・アイバン フレッシュアイペディアより)

435件中 11 - 20件表示

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード