323件中 21 - 30件表示
  • トロピカルストーム

    トロピカルストームから見たハリケーンハリケーン

    トロピカルストーム フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・エミリオ・イバーラ・アルマーダ

    エスタディオ・エミリオ・イバーラ・アルマーダから見たハリケーンハリケーン

    1947年のカニェーロス設立に伴い、エスタディオ・モチス(Estadio Mochis)として開場した。当時の収容人数は3,000人。1962年には改修工事を行い、6,000人収容となった。1972年10月6日、カニェーロスのプロリーグ加盟に尽力した球団幹部エミリオ・イバーラ・アルマーダの栄誉を称え、彼の名をスタジアム名に冠した。1982年9月29日にはハリケーン・パウルがシナロア州を直撃し、当スタジアムも損傷した。その後修繕され、現在の収容人数は10,840人。エスタディオ・エミリオ・イバーラ・アルマーダ フレッシュアイペディアより)

  • 全米洪水保険制度

    全米洪水保険制度から見たハリケーンハリケーン

    2003年時点での保険契約件数は約440万件で、うち約180万件がフロリダ州、約46万件がテキサス州、約38万件がルイジアナ州と、メキシコ湾岸のハリケーン襲来地帯に多い。年間保険料は、約18億ドルにのぼる。全米洪水保険制度 フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・クレオ

    ハリケーン・クレオから見たトロピカルストームハリケーン

    ハリケーン・クレオ(Hurricane Cleo)は1964年に大西洋で3番目に名称が与えられた熱帯低気圧である。しかし、クレオの前に発生し、名称が与えられた熱帯低気圧(Abby,Brenda)はトロピカルストームまでにしか発達しなかったため、このシーズンにおいては最初のハリケーンである。また、このシーズンで最も長く持続したハリケーンの1つでもある。ハリケーン・クレオ フレッシュアイペディアより)

  • キャットボンド

    キャットボンドから見たハリケーンハリケーン

    たとえば、フロリダ州所在の物件に関する保険を引き受けることで、リスクのポートフォリオを構築した保険会社は、大規模なハリケーンの発生によって支払不能に陥ることを防止するため、リスクの一部を投資家に移転することを望むかもしれない。伝統的な再保険を購入することもできるし、キャットボンドを発行することにより投資家にリスクを移転することもできる。後者の場合、まずSPV(特別目的会社)を設立し、SPVが投資家に対してキャットボンドを発行する。利率は通常、LIBORに3?20%程度のスプレッドを上乗せする形に設定される。もしフロリダ州にハリケーンが襲来しなければ、投資家は元本に加え、多額の利子を手にすることができる。その代わりハリケーンの襲来がキャットボンドのトリガー条件を満たした場合は、元本の償還は行われず、スポンサーは得た資金を保険契約者への保険金の支払に当てることになる 。キャットボンド フレッシュアイペディアより)

  • フーターズ・エア

    フーターズ・エアから見たハリケーンハリケーン

    2005年12月8日、同社はイリノイ州ロックフォードへの運航を終了すると表明し、2006年1月9日には全ての定期便の運航が停止された。その後もペースエアラインズによるチャーター便の運航は継続されていたが、2005年に大きな被害を出したハリケーン「カトリーナ」「リタ」の影響による燃料費の高騰を理由に、2006年4月17日には全てのチャーター便の運航を取りやめた。フーターズ・エア フレッシュアイペディアより)

  • ミシシッピ州の歴史

    ミシシッピ州の歴史から見たハリケーンハリケーン

    1969年8月17日、カテゴリー5のハリケーン、カミーユがミシシッピ州を襲い、245人が死亡、被害総額は15億ドルに上った。ミシシッピ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・スタン

    ハリケーン・スタンから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・スタン(Hurricane Stan)は2005年北大西洋で発生した18番目の名前の付けられた熱帯低気圧で、10番目のハリケーンである。ハリケーンの規模を示すカテゴリーは1。スタンは2005年10月2日朝にユカタン半島に上陸して夜までにメキシコ湾に抜け、4日朝(UTC 9:00)にメキシコ南部ベラクルス州に迫った所でハリケーンとなった。ベラクルスに上陸後は勢力を弱め4日夕方(UTC 21:00)には熱帯低気圧となった。ハリケーン・スタン フレッシュアイペディアより)

  • ジェミニ2号

    ジェミニ2号から見たハリケーンハリケーン

    打上げロケットのタイタンII GLVは、1964年夏期にケープカナベラル空軍基地に届いていたが、ハリケーン回避のため、分解され格納庫に保管されていた。ロケットの最終組み立て開始は1964年9月12日のことである。1964年11月までかけて地上試験を行い、11月24日より燃料を充填し、打上げ秒読みが開始された。打上げ予定日は12月9日である。有人宇宙飛行の訓練のために、ジェミニ3号乗り組み予定の宇宙飛行士も宇宙服を着込み、手順に従い搭乗訓練を行なった。12月9日の発射時間となり、エンジンが点火された。しかし、1秒後に機体の異常検知システムがエンジン圧力に問題を発見、ロケットエンジンを停止させた。これにより飛行は延期となった。ジェミニ2号 フレッシュアイペディアより)

  • 南インド洋管区フランス軍

    南インド洋管区フランス軍から見たハリケーンハリケーン

    領土については主権維持、マヨットにおける不法移民対策、住民への援助(特にハリケーンやチクングニア熱対策)があり、海上ではフランス領南方・南極地域を含む排他的経済水域での違法漁業の取締り、海難救助、不法移民対策がある。航空分野については住民援助が主たる任務となっている。この他に、地域協力の一環としてインド洋委員会や南部アフリカ開発共同体に参加している。南インド洋管区フランス軍 フレッシュアイペディアより)

323件中 21 - 30件表示