435件中 21 - 30件表示
  • ドミニカ共和国

    ドミニカ共和国から見たハリケーンハリケーン

    1930年2月にクーデターを起こしたラファエル・トルヒーヨ将軍は、同時期のラテンアメリカでも最も完成された独裁統治を敷いた。トルヒーヨは富を独占し、個人崇拝を徹底させ、首都名も1930年のハリケーンからの復興時にサント・ドミンゴで迅速な救助を行ったトルヒーヨを称えて、サント・ドミンゴからトルヒーヨ市(シウダー・トルヒーヨ)に改名され、国内最高峰の山もトルヒーヨ山と改められた。ドミニカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ウェストパームビーチ

    ウェストパームビーチから見たハリケーンハリケーン

    1920年代に入ると、ウェストパームビーチは急成長を遂げ、マイアミと肩を並べるようになった。現在でも、この頃に建てられた歴史的な建築物は数多く残されている。しかしハリケーンの襲来や世界大恐慌、そして郊外化により、ウェストパームビーチは次第に衰退していった。ウェストパームビーチ フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の影響

    地球温暖化の影響から見たハリケーンハリケーン

    AR4 WG IIによれば、地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海水面上昇、降水量の変化やそのパターン変化を引き起こすとされる。また、洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性がある。また生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている。大局的には地球温暖化は地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。地球温暖化の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の気象・地象・天象

    2017年の気象・地象・天象から見たハリケーンハリケーン

    8月25日 - アメリカテキサス州にハリケーンが上陸した。カテゴリー4として上陸するハリケーンとしては56年ぶりである。2017年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たハリケーンハリケーン

    地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海面上昇、降水量(あるいは降雪量)の変化やそのパターン変化を引き起こすと考えられている。洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性や、生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている。大局的には地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年メキシコ湾原油流出事故

    2010年メキシコ湾原油流出事故から見たハリケーンハリケーン

    マコンド・プロスペクトでは2009年10月に別のリグで掘削を始めたが、ハリケーンで損傷したため、2010年1月にディープウォーター・ホライズンと交替した。申請工期は78日だが、内部で51日と定められた。その後工期は遅れ予算は超過した(1日100万?)。事故は80日目だった。2010年メキシコ湾原油流出事故 フレッシュアイペディアより)

  • プカプカ島

    プカプカ島から見たハリケーンハリケーン

    1914年のハリケーンの結果飢饉の状態に陥り、タロイモ畑は全体として統一的に管理され、島民の間に平等に分配された。平等配分はその後も続き、土地保有の均等性が支えられている。タロイモ畑は女性を通じ、宅地とココヤシ畑は男性を通じて相続がなされる。プカプカ島 フレッシュアイペディアより)

  • トロピカルストーム

    トロピカルストームから見たハリケーンハリケーン

    トロピカルストーム フレッシュアイペディアより)

  • アンティル諸島駐屯フランス軍

    アンティル諸島駐屯フランス軍から見たハリケーンハリケーン

    領土については主権維持、抑止力、住民やカリブ海諸国民への自然災害や人道援助(特にハリケーンなど)があり、海上では排他的経済水域での違法漁業の取締り、海難救助、麻薬密輸対策および不法移民対策がある。航空分野については主権維持、空域管制、フランス領ギアナ駐屯フランス軍の支援、兵站輸送、指揮通信関連、麻薬対策、海難救助、人道支援、外交支援およびカリブ海諸国との国際協力が主たる任務となっている。このため恒久的責任地域(ZRP)内での戦力の強化、訓練を実施し、時にはメキシコ湾まで展開する。この他に、地域協力に参加し、相互演習や災害時などには即応して救援に赴く。例えば、国際連合安全保障理事会決議に基づくハイチ周辺での武器密輸防止のための海上封鎖活動や2005年のハリケーン・カトリーナでは救援活動のためフリゲートと輸送艦を1隻ずつ派遣している。アンティル諸島駐屯フランス軍 フレッシュアイペディアより)

  • バルチック海運指数

    バルチック海運指数から見たハリケーンハリケーン

    指数の変動要因としては海上荷動き量の他に、主要港湾における船腹の沖待ち増加を受けた滞船、荷役のためのインフラ能力の過不足、ハリケーンやモンスーンなど気象の影響などが挙げられる。バルチック海運指数 フレッシュアイペディアより)

435件中 21 - 30件表示

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード