435件中 31 - 40件表示
  • デソト郡 (フロリダ州)

    デソト郡 (フロリダ州)から見たハリケーンハリケーン

    2004年8月13日、ハリケーン・チャーリーがデソト郡の頭上を通過した。暴風が1時間も持続し、多くの建物に被害を与え、全壊したものも多かった。デソト郡 (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデ型ハリケーン

    カーボベルデ型ハリケーンから見たハリケーンハリケーン

    カーボベルデ型ハリケーン (—がた—、) は、大西洋で発生するハリケーンのうち、アフリカ西海岸沖のカーボベルデ諸島付近で発達するものを指す。平均的なハリケーン・シーズンでは、シーズン中に約2個のカーボベルデ型ハリケーンが発生する。それらは、大洋上で(成長するために)十分な量の暖かく湿った空気を伴って発達してから上陸するため、通常はシーズンで最も大きく、最も強烈なハリケーンとなる。記録に残る五大ハリケーンはすべてカーボベルデ型であるほか、大西洋海域で発生する寿命の長い一部の熱帯低気圧も同様の型であることが多い。多くは(陸上に)被害をもたらすことなく海上を移動するが、中にはカリブ海やメキシコ湾を横切るものもあり、カリブ海沿岸の諸国、中央アメリカ、メキシコ、バミューダ諸島、アメリカ合衆国、そして時折、カナダや南アメリカにまで暴風雨をもたらし、損害を与えることがある。1970年代に、これらのハリケーンが形成される過程を解明するための研究プロジェクトが始動した。カーボベルデ型ハリケーン フレッシュアイペディアより)

  • 全米洪水保険制度

    全米洪水保険制度から見たハリケーンハリケーン

    2003年時点での保険契約件数は約440万件で、うち約180万件がフロリダ州、約46万件がテキサス州、約38万件がルイジアナ州と、メキシコ湾岸のハリケーン襲来地帯に多い。年間保険料は、約18億ドルにのぼる。全米洪水保険制度 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・デ・ボバディージャ

    フランシスコ・デ・ボバディージャから見たハリケーンハリケーン

    1502年7月11日、彼は、スペインへの帰路のモナ海峡で、31隻の船の内で、旗艦船エルドラド(El Dorado)を含む20隻が破壊されたハリケーンにより亡くなった。生き残った船の中にアグハ号(Aguja)があった。艦隊で最も脆弱な船であり、コロンブスが所有していた金を運んでいた。コロンブスが復讐心から魔法をかけて嵐を呼んで、ボバディージャを告発したのだと。フランシスコ・デ・ボバディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 南インド洋管区フランス軍

    南インド洋管区フランス軍から見たハリケーンハリケーン

    領土については主権維持、マヨットにおける不法移民対策、住民への援助(特にハリケーンやチクングニア熱対策)があり、海上ではフランス領南方・南極地域を含む排他的経済水域での違法漁業の取締り、海難救助、不法移民対策がある。航空分野については住民援助が主たる任務となっている。この他に、地域協力の一環としてインド洋委員会や南部アフリカ開発共同体に参加している。南インド洋管区フランス軍 フレッシュアイペディアより)

  • オウボウシインコ

    オウボウシインコから見たハリケーンハリケーン

    林業や農業、燃料用の伐採による生息地の破壊、ペット用の乱獲などにより生息数は激減した。さらにスフリエール山の噴火やハリケーンによっても生息数が減少した。セントビンセント・グレナディーンでは法的に保護の対象とされ、生息地の一部は保護区に指定されている。また狩猟を行わないよう啓発活動が進められているが、密猟されることもある。生息数は増加傾向にある。1970年初期における生息数は1,000羽以下、1982年における生息数は369-473羽、1988年における生息数は440-550羽、1994年における生息数は800羽と推定されている。オウボウシインコ フレッシュアイペディアより)

  • ミヘー

    ミヘーから見たハリケーンハリケーン

    ミヘーの宗教は、現在ではカトリックとメソアメリカ土着由来の宗教の混合体である。そのため、カトリックの信仰に彼ら自身の神々の信仰がたくみに組み込まれて信仰されている。たとえば、「雷の風」を意味するポフ・エニー(Poj 'Enee)は、豊穣と雨の神であるとともにミヘーの町々を守る存在とされる。「地の表面」を意味するナアシュウィナ(Naaxwiiñ)は、大地と豊穣の女神である。「動物の主人」であるユルクは、野生動物と狩猟をつかさどる神である。イギーニャ(H?g?ñ)は、川と泉をつかさどる女神であり、猟師によって崇拝されている。ミーヒク(M?jku)は、富、運、ハリケーン、死そして地底界をつかさどる神であり、しばしばカトリックにおける悪魔と同じに扱われる。ミヘー フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・コースト

    ジャーマン・コーストから見たハリケーンハリケーン

    周期的な洪水、ハリケーン、辺境生活の苦難にもかかわらず、ドイツ人開拓者たちは彼らの入植地を成功させた。彼らの農業の努力は、食物を彼らだけではなくニューオーリンズの居住者にも提供した。ある歴史家は、これらのドイツ人農家によって初期のニューオーリンズが生き残ったと認めている。ジャーマン・コースト フレッシュアイペディアより)

  • ワッフル・ハウス指数

    ワッフル・ハウス指数から見たハリケーンハリケーン

    ワッフル・ハウス指数(ワッフルハウスしすう、)は、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁 (FEMA) が考案した、非公式の重要業績評価指標である。ハリケーンなどの災害の程度を示す。の被害の際、アメリカのレストランチェーンワッフル・ハウスが、限定メニューながらもいち早く復旧したことから考案された。ワッフル・ハウス指数 フレッシュアイペディアより)

  • アカノドボウシインコ

    アカノドボウシインコから見たハリケーンハリケーン

    開発による生息地の破壊、食用やペット用の乱獲などにより生息数は激減している。さらにハリケーンによっても生息数が減少している。生息地の一部はディアブロティン国立公園に指定されている。1980年から狩猟を行わないよう啓蒙活動が進められている。1977年における生息数は350羽以上、1990年における生息数は350羽、1993年における生息数は500羽と推定されている。アカノドボウシインコ フレッシュアイペディアより)

435件中 31 - 40件表示

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード