323件中 31 - 40件表示
  • ガラ人

    ガラ人から見たハリケーンハリケーン

    南北戦争の後、外の世界からのガラ人の孤立は、実際にある点において増大した。本土のコメの農園主たちは、解放された黒人たちが奴隷として働く気がなく、1890年代に一連のハリケーンによって作物を荒らされて、危険で病気にさらされた農園のために、次第に彼らは農園を放棄してこのエリアから引っ越してしまった。ローカントリーの遠く離れた農村地帯に放っておかれたガラ人は、外の世界からの影響をあまり受けずに、20世紀にも彼らの伝統のある文化を引き継ぐことができた。ガラ人 フレッシュアイペディアより)

  • グアテマラの鉄道

    グアテマラの鉄道から見たハリケーンハリケーン

    IRCA(中央アメリカ国際鉄道)の枠外で、1930年から1933年にかけてケツァールテナンゴとRetalhueuを結ぶ電化路線Ferrocarril de Los Altos(ロス・アルトス鉄道)が存在した。1933年にハリケーンによってこの鉄道は破壊され、二度と再建されることはなかった。その遺物は、ケツァールテナンゴにある専門の博物館に展示されている。グアテマラの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • サウスカロライナ州の歴史

    サウスカロライナ州の歴史から見たハリケーンハリケーン

    ホッジスは中道の有権者とは疎遠になり、その結果2002年には州内主要新聞の大半が彼に代わるマーク・サンフォードを支持した。ホッジスは1999年のハリケーン・フロイドの時の避難誘導を州が誤ったことについて責任があった。2000年と2001年にはハリケーンが無かったので、ホッジスのフロイド後の改善がうまく行くかを市民達が判断する機会がなかった。サウスカロライナ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ独立戦争におけるスペイン

    アメリカ独立戦争におけるスペインから見たハリケーンハリケーン

    アメリカ本土ではスペイン領ルイジアナの総督ベルナルド・デ・ガルベスがミシシッピ川流域にあるイギリス軍の砦に対する一連の攻勢を率い、まずマンチャックのビュート砦を占領し、続いて1779年と1780年にはバトンルージュ、ナチェズおよびモービルを降伏させた。1780年のイギリス領西フロリダの首都ペンサコーラを占領するための遠征ではハリケーンのために挫折したが、ガルベスの軍隊は1781年のペンサコーラの戦いでイギリス軍に対して決定的勝利を奪い、西フロリダ全域をスペインの支配下に置いた。このことで補給のための南側経路を確保し、ミシシッピ川を経由するアメリカ合衆国西側辺境へのイギリス軍による攻勢の可能性を鎖した。アメリカ独立戦争におけるスペイン フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道

    ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道から見たハリケーンハリケーン

    1954年、パトリック・B・マクジニス(Patrick B. McGinnis)が、社長のフレデリック・C・ブック・デュマイン・Jr(Frederic C. "Buck" Dumaine Jr.)に対して株主への配当を増加するようプロキシーファイトをしかけた。マクジニスはその争いに勝利し、長年の知己であるアーサー・V・マクゴーアン(Arthur V. McGowan)を副社長に据えた。マクジニスは鉄道の維持を延期することで彼の金融的な目的を次々と達成しようとした。また、新たな会社のイメージを派手に作り上げるために費用をかけた。マクジニスとマクゴーアンはクライスラーの最高級車、インペリアルをカスタムしたものに乗って鉄道に沿ってリッチフィールドの邸宅とを往復した。22ヶ月後に彼が死亡した後には、1955年のハリケーン被害も相まってNHの経営は非常に弱体化していた。1959年、NHはマサチューセッツ州南東部における旅客輸送を廃止。その他の方策を講じたが、1961年7月2日、NHは再び破産した。ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・ディーン

    ハリケーン・ディーンから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・ディーン(Hurricane Dean)は、2007年8月に発生した大型のハリケーンである。死者は少なくとも42人にのぼる。最低中心気圧は906hPaを記録した。これは、大西洋で発生したハリケーンとしては観測史上9番目に低い。ディーンはカリブ海を西北西に移動し、8月20日にジャマイカの南を通過した。21日には、ユカタン半島に上陸。その後、一度カンペチェ湾に抜け、22日には再度メキシコのベラクルス州に上陸した。ハリケーン・ディーン フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の気候

    カリフォルニア州の気候から見たハリケーンハリケーン

    サンタアナ風(Santa Ana wind):サンタアナ風は熱く強い風であり、通常春と秋に東部の山岳や砂漠地帯から海岸部に向かって吹く。これはシエラネバダ山脈とロッキー山脈の間で作られた気圧差によるものである。この気団があふれ出て重力で引っ張られ、高気圧の周りに時計回りに回転し、東から北東よりの風をもたらす。気団が高度を下げると暖められて湿度は15%以下にまで急落する。気団が砂漠の近くを通ると暖められ乾燥すると言われることも多いが、気象学者に拠ればこれはよくある誤解であり、実際には高度の高いところから海面まで流れ降りるときの断熱過程によるものである。サンタアナ風が吹くと、海岸部は砂漠地帯よりも暑くなるのが普通である。サンタアナ風が山岳の峠を抜ける時に狭められハリケーンのような強風になることがある。風速、熱および乾燥が組み合わされシャパラルを爆発的な燃料に変えて山火事を発生させることになる。カリフォルニア州の気候 フレッシュアイペディアより)

  • 3K90

    3K90から見たハリケーンハリケーン

    3K90 「ウラガーン」( エーム・ドヴァーッツァヂ・ドヴァー・ウラガーン、NATOコードネーム:SA-N-7 ガドフライ())は、ソビエト連邦(以下、ソ連)で開発された艦隊防空ミサイル・システムである。システム(コンプレックス)名称の「ウラガーン」は、ロシア語で「暴風」あるいは「ハリケーン」の意味である。3K90 フレッシュアイペディアより)

  • ミヘー

    ミヘーから見たハリケーンハリケーン

    ミヘーの宗教は、現在ではカトリックとメソアメリカ土着由来の宗教の混合体である。そのため、カトリックの信仰に彼ら自身の神々の信仰がたくみに組み込まれて信仰されている。たとえば、「雷の風」を意味するポフ・エニー(Poj 'Enee)は、豊穣と雨の神であるとともにミヘーの町々を守る存在とされる。「地の表面」を意味するナアシュウィナ(Naaxwiiñ)は、大地と豊穣の女神である。「動物の主人」であるユルクは、野生動物と狩猟をつかさどる神である。イギーニャ(H?g?ñ)は、川と泉をつかさどる女神であり、猟師によって崇拝されている。ミーヒク(M?jku)は、富、運、ハリケーン、死そして地底界をつかさどる神であり、しばしばカトリックにおける悪魔と同じに扱われる。ミヘー フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ニューポート

    クリストファー・ニューポートから見たハリケーンハリケーン

    ポウハタンインディアンの土地に「ジェームズタウン」が入植されると、入植地とイングランドとの間を物資を運ぶために数度航海し、1609年には新しい補給船シー・ベンチャー号の船長となったが、ハリケーンに遭ってバミューダ諸島で難破した。このできごとでイギリスはバミューダの恒久的入植を始めた。この群島(バージニア会社の提督でやはりシー・ベンチャー号の難破に遭遇して生き残ったジョージ・サマーズ卿に因んで、公式には「サマーズ諸島」としても知られる)は、400年を経過しようとする今でもイギリスの海外領土(以前は領有、属領あるいは植民地)である。クリストファー・ニューポート フレッシュアイペディアより)

323件中 31 - 40件表示