435件中 51 - 60件表示
  • イロマジリボウシインコ

    イロマジリボウシインコから見たハリケーンハリケーン

    開発による生息地の破壊、ペット用の乱獲などにより生息数は激減した。さらにハリケーンやオオウロコツグミモドキとの競合や捕食によっても生息数が減少した。セントルシアでは法的に保護の対象とされ、生息地の水源林としての保護、狩猟を行わないよう啓蒙活動などの保護対策により生息数は増加傾向にある。1950年代における生息数は1,000羽、1975年における生息数は100-150羽、1990年における生息数は300-350羽と推定されている。イロマジリボウシインコ フレッシュアイペディアより)

  • アカビタイボウシインコ

    アカビタイボウシインコから見たハリケーンハリケーン

    開発による生息地の破壊、害鳥としての駆除、ペット用の乱獲、人為的に移入されたネズミやオオウロコツグミモドキによる卵や雛の捕食、オオウロコツグミモドキやミツバチとの営巣場所の競合などにより生息数は激減した。さらにハリケーンによっても生息数が減少した。以前はプエルトリコ全域だけでなく周辺の島嶼にも分布の様々な環境で生息していたが、プエルトリコ東部を除いて絶滅した。生態調査、飼育下での繁殖および飼育下繁殖個体の再導入、巣の改造(巣を深くすることによりオオウロコツグミモドキによる巣の略奪を防止する)、競合相手や外敵の駆除などの保護対策が行われて生息数は増加傾向にある。1493年における生息数は数十万羽、1937年における生息数は約2,000羽、1950年代における生息数は約200羽、1975年における生息数は13羽、1989年における生息数は48羽まで回復したがハリケーンによって20-22羽まで減少、1992年における生息数は39-40羽、1996年における生息数は48羽と推定されている。アカビタイボウシインコ フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・ディーン

    ハリケーン・ディーンから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・ディーン(Hurricane Dean)は、2007年8月に発生した大型のハリケーンである。死者は少なくとも42人にのぼる。最低中心気圧は906hPaを記録した。これは、大西洋で発生したハリケーンとしては観測史上9番目に低い。ディーンはカリブ海を西北西に移動し、8月20日にジャマイカの南を通過した。21日には、ユカタン半島に上陸。その後、一度カンペチェ湾に抜け、22日には再度メキシコのベラクルス州に上陸した。ハリケーン・ディーン フレッシュアイペディアより)

  • ペンシルベニア州の歴史

    ペンシルベニア州の歴史から見たハリケーンハリケーン

    ミヌイットはその年に帰国中、ハリケーンに遭って水死したが、スウェーデン植民地は徐々に成長を続けた。1644年までにスウェーデン人とフィンランド人開拓者が、クリスティーナ砦からスクーカル川までのデラウェア川西岸に住んでいた。ニュースウェーデンの良く知られた知事、ヨハン・ビョルンソン・プリンツは、開拓地の中心に近い今日のティニカム・タウンシップにその住居を移した。ペンシルベニア州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道

    ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道から見たハリケーンハリケーン

    1954年にはパトリック・B・マクジニス(Patrick B. McGinnis)が、社長のフレデリック・C・ブック・デュマイン・Jr(Frederic C. "Buck" Dumaine Jr.)に対して株主への配当を増やす様にプロキシーファイトを仕掛け、経営権を掌握すると長年の知己であるアーサー・V・マクゴーアン(Arthur V. McGowan)を副社長に据えた。マクジニスは、デザインのハーバード・マターに依頼してコーポレートカラーを一新・イメージの刷新を図りながらも、肝心の鉄道網の整備や維持は先送りされ1955年にはハリケーンで大損害を被ってNHの経営は非常に弱体化した。1956年には会計粉飾からマクジニスが経営陣から追われ、ピギーバック輸送の開始や設備更新などようやく改革に乗り出すものの、1959年にはマサチューセッツ州南東部における旅客輸送を廃止。1961年7月2日には再度経営破綻に追い込まれた。ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ブリムストーン・ヒル要塞国立公園

    ブリムストーン・ヒル要塞国立公園から見たハリケーンハリケーン

    1834年にハリケーンにより要塞は損害を受け、1851年にはブリムストーン・ヒル要塞は放棄された。そして、砦は20世紀中頃まで軽視され、破壊が進むままにされていた。1965年に国立公園になり、破壊を受けた部分は修復が進んで、1985年に女王エリザベス2世によって捧げられる国立公園の一部となり、1999年にはブリムストーン・ヒル要塞国立公園としてユネスコ世界遺産に登録された。ブリムストーン・ヒル要塞国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • QuikSCAT

    QuikSCATから見たハリケーンハリケーン

    2007年、当時の国立ハリケーンセンター長のビル・プロエンザは、QuikSCATの喪失は、ハリケーンの予測の質に大きな存在を及ぼすと表明した。これは、バッテリーの異常により電力が制限され、一時的に観測が停止したことを受けたものだった。彼は、QuikSCATからのデータがなかった3日間の予測は、約16%精度が低下したと主張した。しかし、これは誇張であることが判明し、結果として彼はセンター長を辞することになった。衛星はハリケーンの勢力を予測するのに役立つが、実際は、軌道には同様の機器を備えた別の衛星もあり、同じような情報を記録することができていた。QuikSCAT フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルエンスン

    パーソナルエンスンから見たハリケーンハリケーン

    1988年も連勝は続き、史上3頭目のケンタッキーダービー優勝牝馬ウイニングカラーズや牡馬のG1優勝馬ガルチといった強豪も難なく退けこの年6連勝。12戦12勝という成績のままブリーダーズカップ・ディスタフへと駒を進めた。当日はハリケーンの影響により大雨の中で競走が行われる。パーソナルエンスンは後方からレースを進めると、ゴールまで200mの地点で先行して競り合うウイニングカラーズ・グッバイヘイローに4馬身の差を付けられる苦しい展開となった。しかし一歩一歩差を詰め、ゴールではウイニングカラーズを鼻差だけ差し切り優勝。史上初の無敗でのブリーダーズカップ・ディスタフ制覇を果たし、このレースを最後に競走馬を引退した。10走以上を消化し無敗のまま引退という戦績は、1908年に15戦15勝のまま引退したコリン以来実に80年振りの快挙となった。この年のエクリプス賞で最優秀古牝馬を受賞。また、1993年には殿堂入りも果たした。パーソナルエンスン フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・サンディ

    ハリケーン・サンディから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・サンディ(Hurricane Sandy)は、2012年に発生したハリケーンのうちの一つである。2013年、アメリカ合衆国の国立ハリケーンセンターはハリケーン名のリストから「引退」した事を発表した。ハリケーン・サンディ フレッシュアイペディアより)

  • タークス・カイコス諸島の歴史

    タークス・カイコス諸島の歴史から見たハリケーンハリケーン

    これは短期間できわめてうまくいったが、ハリケーンと害虫が多くの作物を滅ぼし、綿の産業はすぐに衰退した。綿栽培のかつての実力者たちは、何名かは塩の採掘に鞍替えしたが、もともとのロイヤリストのほとんど全員は1820年には島を去ってしまった。残された奴隷たちは、魚釣りや狩猟採集の生活様式に戻り、生計を立てた。タークス・カイコス諸島の歴史 フレッシュアイペディアより)

435件中 51 - 60件表示

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード