435件中 61 - 70件表示
  • ドライ・トートゥガス国立公園

    ドライ・トートゥガス国立公園から見たハリケーンハリケーン

    サミュエル・マッド (Samuel Mudd) 博士、エドマン・スパングラー (Edmund Spangler)、サミュエル・アーノルド (Samuel Arnold)、マイケル・オローレン (Michael O'Laughlen) で、彼らはエイブラハム・リンカーン大統領の暗殺の共犯として有罪判決を受けていた。ジェファーソン砦は、マッド博士とその仲間達が到着したときも、まだ建設中であり、 収容されていた期間中ずっと、そしてその後数年間建設が続いたが、完全にできあがることはなかった。1867年、マッドは、黄熱の蔓延時に砦で行った医療行為が高く評価され、結局、アンドリュー・ジョンソン大統領によって恩赦、釈放された。1888年には、ジェファーソン砦の軍事的有用性は減じ、頻繁なハリケーンの発生と、腐食、消耗させる熱帯の気候の影響により生じる砦の維持コストはもはや正当化できなくなった。ドライ・トートゥガス国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の気候

    カリフォルニア州の気候から見たハリケーンハリケーン

    サンタアナ風(Santa Ana wind):サンタアナ風は熱く強い風であり、通常春と秋に東部の山岳や砂漠地帯から海岸部に向かって吹く。これはシエラネバダ山脈とロッキー山脈の間で作られた気圧差によるものである。この気団があふれ出て重力で引っ張られ、高気圧の周りに時計回りに回転し、東から北東よりの風をもたらす。気団が高度を下げると暖められて湿度は15%以下にまで急落する。気団が砂漠の近くを通ると暖められ乾燥すると言われることも多いが、気象学者に拠ればこれはよくある誤解であり、実際には高度の高いところから海面まで流れ降りるときの断熱過程によるものである。サンタアナ風が吹くと、海岸部は砂漠地帯よりも暑くなるのが普通である。サンタアナ風が山岳の峠を抜ける時に狭められハリケーンのような強風になることがある。風速、熱および乾燥が組み合わされシャパラルを爆発的な燃料に変えて山火事を発生させることになる。カリフォルニア州の気候 フレッシュアイペディアより)

  • キャットボンド

    キャットボンドから見たハリケーンハリケーン

    たとえば、フロリダ州所在の物件に関する保険を引き受けることで、リスクのポートフォリオを構築した保険会社は、大規模なハリケーンの発生によって支払不能に陥ることを防止するため、リスクの一部を投資家に移転することを望むかもしれない。伝統的な再保険を購入することもできるし、キャットボンドを発行することにより投資家にリスクを移転することもできる。後者の場合、まずSPV(特別目的会社)を設立し、SPVが投資家に対してキャットボンドを発行する。利率は通常、LIBORに3?20%程度のスプレッドを上乗せする形に設定される。もしフロリダ州にハリケーンが襲来しなければ、投資家は元本に加え、多額の利子を手にすることができる。その代わりハリケーンの襲来がキャットボンドのトリガー条件を満たした場合は、元本の償還は行われず、スポンサーは得た資金を保険契約者への保険金の支払に当てることになる 。キャットボンド フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ヒューズ

    リチャード・ヒューズから見たハリケーンハリケーン

    ヒューズはたった四篇の小説しか書いていない。その中で最も有名なものは、1929年の「The Innocent Voyage」?現在「A High Wind in Jamaica」として知られている小説?である。これはヒューズ自身が初版が出版された後すぐにタイトルを改題したのである。19世紀を舞台とし、イギリス人の子供達が、海賊によって予期せぬうちに捕縛され、そこから始まる出来事を順に追ったものである。子供達が、実は海賊以上にモラルが無いことが暴露されるのである(ヒューズが、カクテルのハングマン・ブラッドのことを初めて書いたのがこの小説の中に出てくる)。1938年には、彼は寓話的小説である「In Hazrd」?カテゴリー5に分類される、1932年のキューバでのハリケーンの、その勢いが最も強かった4日間、そのあいだ中ずっとハリケーンに巻き込まれていたS.S. Phemius号の実話に基づいている?を書いている。その他子供向けの物語を何冊か書いている。その中の一つが「The Spider's Palace」である。リチャード・ヒューズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロルフ

    ジョン・ロルフから見たハリケーンハリケーン

    第3補給船隊は1609年5月にイングランドを離れてジェームズタウンに向かった。船隊は7隻の大きな帆船に2隻の小さなピンネースを曳いていた。大西洋を南に下ると3日間も続いた恐らくは大型のハリケーンだったと考えられる嵐に遭遇した。船隊の船はバラバラになった。新しいシーベンチャー号は水漏れが修理できなくなり、掻き出すよりも速く水が入ってくるようになった。バージニア会社の提督ジョージ・サマーズ卿が指揮を執って、船の沈没を免れるためにバミューダ諸島の環礁に慎重に舟を進めた。乗っていた150人の乗客と乗組員および犬1匹が助かった。その大半は10ヶ月の間バミューダ、その後「サマーズ諸島」と呼ばれることになった島に留まり、その間にジェームズタウンへの航海を続けるために小さな船2隻を建造した。しかし、多くの乗客乗員はこの旅を完遂できなかった。ある者は死ぬか殺され、海上で失われ(シーベンチャー号の長いボートに帆を取り付けて、ジェームズタウンに伝言を送るために出航したが、二度と帰らなかった)、あるいはバミューダに対するイングランドの領有権主張を維持するためにそこに残された。このためにバージニア会社の勅許は1612年までバミューダに及ばなかったものの、その植民地化の日付は1609年からとなっている。バミューダ島に埋葬された者達の中にはロルフの妻と子供も含まれていた。ジョン・ロルフ フレッシュアイペディアより)

  • セティス・ベイ (護衛空母)

    セティス・ベイ (護衛空母)から見たハリケーンハリケーン

    次の3年間、セティス・ベイは主にカリブ海で行動した。大西洋艦隊時代のハイライトは、1962年10月に起こったキューバ危機において、自艦の上陸部隊とヘリコプター部隊を、いつでも出動できる態勢に置いた事であった。1963年9月には、ハリケーンに襲われたハイチに向かい、ポルトープランスに到着して海兵隊員をヘリコプターで輸送し、による何千人もの被災者に対して医療援助と食糧供給を行った。セティス・ベイ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ湾

    メキシコ湾から見たハリケーンハリケーン

    メキシコ湾は東西の幅が約1,500km、総面積は約160万 km?で、南の3分の1は熱帯に入る。最大水深はSigsbee Deepでの4,384m。二大海流として黒潮と共に知られるメキシコ湾流はここを起源とし、巨大ハリケーンが頻繁に訪れることでも有名である。メキシコ湾 フレッシュアイペディアより)

  • シェナンゴ (護衛空母)

    シェナンゴ (護衛空母)から見たハリケーンハリケーン

    改装作業が完了すると、1942年9月19日に ACV-28 (補助空母)として再就役する。シェナンゴはトーチ作戦に参加する陸軍機を搭載して10月23日に北アフリカに向けて出航し、11月10日にフランス領モロッコのポート・ラウティーに陸軍機を陸揚げした。11月13日に21隻の駆逐艦へ給油作業を行うためカサブランカ入りしたが、1942年11月30日にハリケーンに遭遇し、広範囲な被害を受けた。シェナンゴは直ちに修理され、12月中旬には太平洋方面に回航された。シェナンゴ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • オーシャンシティ (メリーランド州)

    オーシャンシティ (メリーランド州)から見たハリケーンハリケーン

    オーシャンシティ入り江は1933年の大きなハリケーンで形成された。このハリケーンはサインパクセント湾を横切る鉄道も破壊した。この入り江はオーシャンシティとアサティーグ島を分離した。アメリカ陸軍工兵司令部がこの自然の作用を利用して、入り江をオーシャンシティの恒久的な南端にした。この入り江で大西洋の漁場へのアクセスが容易になったので、オーシャンシティは大西洋岸中部の重要な漁港になった。オーシャンシティ (メリーランド州) フレッシュアイペディアより)

  • ポーギーとベス

    ポーギーとベスから見たハリケーンハリケーン

    その翌日、ハリケーンがキャットフィッシュ・ロウを襲う。住民たちが集まっているところへクラウンが登場しポーギーと険悪なムードになるが、漁師ジェイクの妻クララが難破した夫の船を見つけ嵐の中へ飛び出して行く。クラウンは嵐を恐れる住民たちを臆病者と罵りクララを追う。ポーギーとベス フレッシュアイペディアより)

435件中 61 - 70件表示

「熱帯性暴風雨」のニューストピックワード