323件中 61 - 70件表示
  • ニュースウェーデン

    ニュースウェーデンから見たハリケーンハリケーン

    支配人のキーフトはスウェーデン人の上陸に反対したが、ミヌイットはオランダが軍事的に難しい情勢にあることを知っていたので、キーフトの書状を無視した。ミヌイットは1638年をクリスティーナ砦で過ごし、次の任務のためにストックホルムへの帰路に就いたが、回り道をしてカリブ海に向かい、タバコを積んでヨーロッパに持って帰り利益を得ようと考えた。ミヌイットはこの航海の途中、カリブ海のセントクリストファー島でハリケーンに遭って死亡した。ニュースウェーデンの初代知事の仕事はマンズ・ニルソン・クリング中尉(後に大尉)が代行し、2年後にスウェーデン本国から次の知事が指名され着任するまで続けた。ニュースウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • 国立ハリケーンセンター

    国立ハリケーンセンターから見たハリケーンハリケーン

    国立ハリケーンセンター (こくりつハリケーンセンター、)は、フロリダ州マイアミのフロリダ国際大学敷地内にあり、北東太平洋および北大西洋で発生するハリケーンに関連する気象現象の追跡および予測業務を任務とするアメリカ国立気象局の一部門である。TAFB(熱帯解析・予報支局)がこの海域を対象とする予報を日常的に発表している。国立ハリケーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロルフ

    ジョン・ロルフから見たハリケーンハリケーン

    第3補給船隊は1609年5月にイングランドを離れてジェームズタウンに向かった。船隊は7隻の大きな帆船に2隻の小さなピンネースを曳いていた。大西洋を南に下ると3日間も続いた恐らくは大型のハリケーンだったと考えられる嵐に遭遇した。船隊の船はバラバラになった。新しいシーベンチャー号は水漏れが修理できなくなり、掻き出すよりも速く水が入ってくるようになった。バージニア会社の提督ジョージ・サマーズ卿が指揮を執って、船の沈没を免れるためにバミューダ諸島の環礁に慎重に舟を進めた。乗っていた150人の乗客と乗組員および犬1匹が助かった。その大半は10ヶ月の間バミューダ、その後「サマーズ諸島」と呼ばれることになった島に留まり、その間にジェームズタウンへの航海を続けるために小さな船2隻を建造した。しかし、多くの乗客乗員はこの旅を完遂できなかった。ある者は死ぬか殺され、海上で失われ(シーベンチャー号の長いボートに帆を取り付けて、ジェームズタウンに伝言を送るために出航したが、二度と帰らなかった)、あるいはバミューダに対するイングランドの領有権主張を維持するためにそこに残された。このためにバージニア会社の勅許は1612年までバミューダに及ばなかったものの、その植民地化の日付は1609年からとなっている。バミューダ島に埋葬された者達の中にはロルフの妻と子供も含まれていた。ジョン・ロルフ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州の石油ブーム

    テキサス州の石油ブームから見たハリケーンハリケーン

    1900年、大型ハリケーンがガルヴェストン市を襲い、大きな被害を与えた。1915年にも別のハリケーンが襲い、投資家の目はガルヴェストンを離れ、商業展開により安全な場所に映ったヒューストンに向くようになった。このような展開の中でおこった石油ブームにより、ヒューストン市は港と商業中心としてブームの中心になった。テキサス州の石油ブーム フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊ホンジュラス派遣

    自衛隊ホンジュラス派遣から見たハリケーンハリケーン

    1998年10月27日より、ホンジュラスにハリケーン・ミッチが直撃し、大きな被害を与えた。日本政府はホンジュラス政府からの要請を受け、高村正彦外務大臣が額賀福志郎防衛庁長官へ自衛隊派遣について協議し、自衛隊派遣を決定。自衛隊ホンジュラス派遣 フレッシュアイペディアより)

  • ペンサコーラの戦い

    ペンサコーラの戦いから見たハリケーンハリケーン

    ガルベスは次にハバナにいる部隊を使い、占領したばかりのモービルを発信基地として、西フロリダの首都であるペンサコーラへの攻撃作戦を立て始めた。しかし、1780年4月にはイギリス軍の援軍が到着したことで遠征隊の派遣が遅れ、10月に侵略のための艦隊を進発させたときには数日後のハリケーンのために艦隊が散り散りになってしまった。ガルベスは1か月近くを使ってハバナに艦隊を再結集させた。ペンサコーラの戦い フレッシュアイペディアより)

  • グスタフ

    グスタフから見たハリケーンハリケーン

    ハリケーン・グスタフ - 2008年に発生したハリケーングスタフ フレッシュアイペディアより)

  • バルチック海運指数

    バルチック海運指数から見たハリケーンハリケーン

    指数の変動要因としては海上荷動き量の他に、主要港湾における船腹の沖待ち増加を受けた滞船、荷役のためのインフラ能力の過不足、ハリケーンやモンスーンなど気象の影響などが挙げられる。バルチック海運指数 フレッシュアイペディアより)

  • フロリダ州の歴史

    フロリダ州の歴史から見たハリケーンハリケーン

    フロリダ州は歴史的にもハリケーンや熱帯性嵐の危険に曝されてきた。これらはフロリダの海岸部に人口が集中し開発が進んだために、より大きな問題となってきた。多くの人々や財産が危険に曝されるだけでなく、嵐のエネルギーをいくらか吸収していた自然の湿地や水路に開発が及んでいた。フロリダ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン・クローデット (2003年)

    ハリケーン・クローデット (2003年)から見たハリケーンハリケーン

    2003年のハリケーン・クローデット(Hurricane Claudette)は、2003年に大西洋で発生した3個目のトロピカル・ストームであり、また最初のハリケーンである。ハリケーン・クローデット (2003年) フレッシュアイペディアより)

323件中 61 - 70件表示