323件中 71 - 80件表示
  • プラークミンズ郡 (ルイジアナ州)

    プラークミンズ郡 (ルイジアナ州)から見たハリケーンハリケーン

    ミッシッピ川の交通と交易が増加するに連れて、川の複雑で、常に変化する流れ、また砂州などを知悉した水先案内人の重要性が増した。彼らは家族を伴ってラバリーズに住むようになった。この集落は何度も破壊されては再建されたが、1860年のハリケーンで破壊された後は放棄された。水先案内人達は上流に移動し、パイロットタウンと名付けた開拓地を建設した。19世紀にはその人口がピークに達した。川の水先案内人の仕事は重要であり続けたが、彼らはより人口の多い地域に家族と住み、パイロットタウンには仕事のために一時的に留まるようになった。プラークミンズ郡 (ルイジアナ州) フレッシュアイペディアより)

  • マルチハザード

    マルチハザードから見たハリケーンハリケーン

    アメリカ合衆国では、1970年代にハリケーンや震災が相次いだことから、1979年に連邦緊急事態管理庁(FEMA)を設置し、災害対処の統制を一元化した。またアメリカ同時多発テロ事件を契機に、2001年には、国内の危機管理全般を職掌する大規模な組織として、国土安全保障省が創設された。マルチハザード フレッシュアイペディアより)

  • パームビーチ (フロリダ州)

    パームビーチ (フロリダ州)から見たハリケーンハリケーン

    パームビーチの気候は蒸し暑い夏と温暖で比較的乾燥した冬に特徴付けられる。夏の日中は摂氏30度を超える。冬でも最高気温は摂氏25度を超え、夜でも摂氏10度以下に下がることはまれである。5月から10月にかけては雨が多く、ハリケーンが上陸することもある。ケッペンの気候区分ではAm(熱帯モンスーン気候)に属する。この気候故にリタイア層が集まる町でもあり、常住者の半数以上が65歳以上の老人である。パームビーチ (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合世界食糧計画

    国際連合世界食糧計画から見たハリケーンハリケーン

    1963年から、1億米ドルの予算で、3年間試験的な運用が行われる予定であった。しかし1962年9月にイランで大地震、さらに翌10月にはタイでハリケーンが発生、さらに11月には、当時独立したばかりであったアルジェリアで発生した500万人の難民の再定住のために、予定を1年前倒しで活動する事を余儀なくされた。国際連合世界食糧計画 フレッシュアイペディアより)

  • デイ・アフター 首都水没

    デイ・アフター 首都水没から見たハリケーンハリケーン

    晴れ渡った秋の日、ロンドンの街並みはいつもと同じように美しく平穏だった。しかしその頃スコットランド地方はハリケーン並みの暴風雨に襲われていた。エンジニアのロブがテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検をしていた同じ頃、ロブと疎遠になっている父親の天才科学者レナードはバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘したが取り合ってもらえない。ロブはスコットランドの惨状を知り、副首相や緊急対策委員会“コブラ”のメンバーと共にロンドンを襲う危機に立ち向かう!デイ・アフター 首都水没 フレッシュアイペディアより)

  • 四十挺の拳銃

    四十挺の拳銃から見たハリケーンハリケーン

    到着早々、ジェシカの弟ブローキーが酔って町中を荒し回っているのを目撃したグリフは、ブローキーを倒して牢に入れるが、これによりグリフらは明確にジェシカ側の敵となる。グリフに引き渡されたスウェインは、ジェシカの手下である保安官ローガンに、ジェシカの不正をバラすと脅して釈放を要求するが、逆にローガンの手引きによって殺される。スウェイン殺害の実行犯であるサベージを捕らえにドラグーンにやって来たグリフは、偶然出会ったジェシカと共にハリケーンに襲われるが、危機を2人で乗り切ったことをきっかけに2人は深く愛し合うようになる。一方、スウェインの殺害で自らの立場が危うくなったローガンは、偽のサベージを囮にグリフを殺そうとするが、チコの機転で失敗、サベージはチコに殺される。愛するジェシカに見放されたローガンは首を吊って自殺する。四十挺の拳銃 フレッシュアイペディアより)

  • タークス・カイコス諸島の歴史

    タークス・カイコス諸島の歴史から見たハリケーンハリケーン

    これは短期間できわめてうまくいったが、ハリケーンと害虫が多くの作物を滅ぼし、綿の産業はすぐに衰退した。綿栽培のかつての実力者たちは、何名かは塩の採掘に鞍替えしたが、もともとのロイヤリストのほとんど全員は1820年には島を去ってしまった。残された奴隷たちは、魚釣りや狩猟採集の生活様式に戻り、生計を立てた。タークス・カイコス諸島の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年北アメリカ大停電

    1965年北アメリカ大停電から見たハリケーンハリケーン

    しかし大規模停電時に出生率が上がる現象は他にも見出され、1977年にニューヨークで停電が発生したとき、2001年にアメリカ同時多発テロが発生したとき、2005年にハリケーンカトリーナがニューオリンズに襲来したときなど、他にも様々な災害の襲来のときに出生率が上がり、ベビーブームとなっている。いずれも、数ヶ月で出生率は正常に戻っている。1965年北アメリカ大停電 フレッシュアイペディアより)

  • アポロA-102

    アポロA-102から見たハリケーンハリケーン

    1964年7月上旬、一段目の第6エンジンにひびが入っているのが発見されたため、その修理で発射が二週間遅れた。ハリケーン発生などの影響で予定はさらに遅れ、結局打ち上げは9月18日にまでずれ込んだ。アポロA-102 フレッシュアイペディアより)

  • ニーニャ号

    ニーニャ号から見たハリケーンハリケーン

    1493年の9月、イスパニョーラ島に植民地を建設することを目的に計画されたコロンブスによるアメリカへの2度目の航海にニーニャ号も再び加わり、その中でキューバへの探検行においては旗艦を務めた。1495年に船団が遭遇したハリケーンにおいてはニーニャ号ただ1隻が生き残り、翌年にはスペインに再度の帰還を果たした。ニーニャ号 フレッシュアイペディアより)

323件中 71 - 80件表示