323件中 81 - 90件表示
  • 熱帯波

    熱帯波から見たハリケーンハリケーン

    熱帯の活発な対流活動によってできた積乱雲群は、熱帯波によってできた低圧部に引き寄せられてまとまって、クラウドクラスターと呼ばれる塊(降水セル群)を形成する。これは積乱雲同士が第2種条件付不安定(CISK)によって相互に結びつき、大きな低気圧性の循環を始めるきっかけとなる。これが発達すると熱帯低気圧となり、循環がいっそう強化されていくと台風やハリケーン、サイクロンといった強力な熱帯低気圧へと成長する。熱帯波 フレッシュアイペディアより)

  • 中部太平洋ハリケーンセンター

    中部太平洋ハリケーンセンターから見たハリケーンハリケーン

    中部太平洋ハリケーンセンター (ちゅうぶたいへいようハリケーンセンター、) は、アメリカ合衆国国立気象局の一部門である。太平洋北中部海域で発生する熱帯低気圧やハリケーンに関連する気象現象の追跡および予報(警報、警戒情報、注意報)の発表業務を任務とする。当該海域のハリケーンシーズンは6月1日から11月30日まで続くとされている。中部太平洋ハリケーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • シボニー (護衛空母)

    シボニー (護衛空母)から見たハリケーンハリケーン

    1954年および1955年はニューイングランドからカリブ海へと東海岸沿いの艦隊訓練に費やされる。夏には海軍兵学校生を乗艦させ、スペインへの巡航を行った。1954年9月28日から1955年1月22日までフィラデルフィア海軍造船所でオーバーホールを行い、その後東海岸沿いに10月4日まで活動した後、できるだけ多くの物資を搭載してメキシコへ向かうことを命じられる。10月19日までシボニーはハリケーンとその後の洪水で被害を受けたタンピコの住人に対してヘリコプターで援助を行った。シボニー (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • クレジット・デフォルト・スワップ

    クレジット・デフォルト・スワップから見たハリケーンハリケーン

    もう一つは、金融工学上の計算に「システミック・リスク(市場リスク)」をほぼ排除していることである。金融上のリスクは「過去の計算」であり、将来を全く保証していない。企業の破綻率の計算はせいぜい10年、良くて30年であり、最近の大型5社の破綻は想定外である。そのため、2008年9月の危機まで関係者に「にせの安心」を生んでいる。62兆ドルは「何をしても無駄」と「なんとかなる」の両極端の思考と、同一の行動を生んでいる(リスク管理がしっかりしている損害保険でも、ロイズが大型ハリケーン被害の支払いで巨額赤字を出したことがある)。クレジット・デフォルト・スワップ フレッシュアイペディアより)

  • モロ・キャッスル号火災事故

    モロ・キャッスル号火災事故から見たハリケーンハリケーン

    事故発生1カ月前の7月29日、船長は軽食をとった際、体調に異常をきたし、船医から薬物中毒と診断されたが種類はわからなかった。更に1ヶ月後の8月27日、アメリカ政府からキューバ政府に供与される武器弾薬を輸送している際に船倉火災が発生。自動消火装置により鎮火したものの、船長は自分の命が狙われていると考え、事故発生1週間前の9月1日以降、自室に閉じこもり、幹部船員が訪れる以外の連絡は電話で行っていた。そして事故発生6時間前の9月7日午後7時50分頃、ハリケーンの荒天下、減速を進言するため一等航海士が船長室を訪れたところ、船長が浴槽内で死亡しているのを発見した。船医は心不全と判断したが原因は不明であった。このため、一等航海士が船長代理を務めることになった。モロ・キャッスル号火災事故 フレッシュアイペディアより)

  • ハイアリアパーク競馬場

    ハイアリアパーク競馬場から見たハリケーンハリケーン

    大湿地帯エバーグレーズの端という立地から、しばしば蛇が出る土地でもあり、かつては常に蛇のハンターを雇って捕獲に当たらせていたという。またハリケーンによる被害をしばしば受けており、その都度休場していた。ハイアリアパーク競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • パーフェクト ストーム

    パーフェクト ストームから見たハリケーンハリケーン

    1991年9月、マサチューセッツ州グロスターに、一艘のメカジキ漁船 - アンドレア・ゲイル号(Andrea Gail) - が到着した。不漁に悩む船長のビリーは、戻ったばかりの仲間達を説き伏せて再び漁に出る。彼らは遠方の漁場へ足を伸ばし、グランドバンクの東方にあるフレミッシュ・キャップ(Flemish Cap)に入り、期待通りの大収穫を収めた。10月末、ノーイースターと呼ばれる嵐に加えてハリケーンも接近しているという報道を聞いて、急ぎ帰路に就いた彼らだが、ノーイースターとハリケーンが融合し、巨大な嵐“パーフェクト・ストーム”(1991 Halloween Nor'easter)が発生した。アンドレア・ゲイル号は大嵐の中心に遭遇する。パーフェクト ストーム フレッシュアイペディアより)

  • ラテコエール 521

    ラテコエール 521から見たハリケーンハリケーン

    初飛行は1935年1月10日に行われ、これに続いて北アフリカのダカール経由でブラジルのナタールへ向かいフランス領アンティル北部に到達する示威飛行が行われた。この初飛行はフランスのアメリカ統治300年を記念したものであったが、ペンサコーラ (フロリダ州)に到着後ハリケーンに見舞われて破損した。機体は修理のために船でフランスへ運ばれ、エールフランスの大西洋横断航空路に就航する前に修理された。1937年6月にはナタールへ無着陸飛行を行った後、北大西洋経由でフランスへ帰還した。その後より高出力のエンジンを装着され1939年5月から7月の間に更に4回のニューヨーク往復飛行を実施した。ラテコエール 521 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大気研究センター

    アメリカ大気研究センターから見たハリケーンハリケーン

    気象学 - 短期予報。気象予報と予測可能性。気候に対する気象の効果。ハリケーンや竜巻などの激しい嵐。物理的過程。アメリカ大気研究センター フレッシュアイペディアより)

  • アケイディアナ

    アケイディアナから見たハリケーンハリケーン

    1900年代の初めにこの地域で石油が発見されるまでは、多くの湿地帯と湖沼によって、ケイジャンの人々はほとんど孤立に近い暮らしをしていた。観光、農業、石油等の産業の発展には、まず輸送手段の確立が不可欠であった。最近では、地域経済発展のためのハリケーン回避計画により、災害に強い道路計画の策定や建設が行われている。アケイディアナ フレッシュアイペディアより)

323件中 81 - 90件表示