前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 2009年の気象・地象・天象

    2009年の気象・地象・天象から見た熱波熱波

    1月28日-30日 - オーストラリア・メルボルンで、気温が3日連続43度超を記録。1月下旬から2月初頭にかけて、オーストラリア南部が記録的熱波に見舞われ、各地で気温が40度超に達した。アデレードでも、28日に45.7度を記録し、約70年ぶりに記録を更新した 。2009年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見た熱波熱波

    このV4マシンNSR500(NV0A)は大きな問題を抱えていた。1984年シーズン第1戦南アフリカGP(キャラミ)での練習走行中にカーボンファイバー製のスポークが折れてしまい、V4マシンはクラッシュし、フレディ・スペンサーは足首を骨折した。また、高速で直線などを走行する場合、ライダーは空気抵抗を減らすためと風圧によるライダー自身の疲労を避けるために、上半身を伏せてカウル内に身体が入るような姿勢をとるが、このV4マシンでは通常のマシンならば燃料タンクがある位置に走行中に高温になるチャンバーがあるため、ダミータンクカバーを介してライダーの胸は焼かれるような熱さに見舞われた。低中速コーナーでは、コーナリング中にライダーがハングオフの姿勢をとると外側の腕がダミータンクカバーに接触するため、レーシングスーツの袖のファスナー部分は高温になり、スペンサーの腕はいつも火傷していた。また、このV4マシンは燃料タンクがエンジン下部にあるので、満タン状態でスタートしたレース序盤とガソリンが消費されて燃料タンクが空に近い状態になったレース終盤とではマシンの重心が異なるため、ハンドリングがまったく異なるマシンに豹変してしまい、安定したコーナリングができなかった。スペンサーはシーズン途中から型の古い3気筒のNS500でレースを走るようになったが、このV4でも2勝している。しかしHRCの技術者は当時を振り返って「そこそこ走るが、このエンジンはスカだと言われた」と語る。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ギリシャ山林火災

    2007年ギリシャ山林火災から見た熱波熱波

    2007年夏、ヨーロッパ南東部は6月下旬と7月下旬の2度にわたって熱波と高温に見舞われた(2007年ヨーロッパ熱波)。ギリシャでも、6月下旬から断続的に少雨となり乾燥傾向にあった。2007年ギリシャ山林火災 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオーストラリア

    2009年のオーストラリアから見た熱波熱波

    1月28日-30日 - メルボルンで、気温が3日連続43度超を記録。1月下旬から2月初頭にかけて、オーストラリア南部が記録的熱波に見舞われ、各地で気温が40度超に達した。アデレードでも、28日に45.7度を記録し、約70年ぶりに記録を更新した 。2009年のオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1991-現在)

    アメリカ合衆国の歴史 (1991-現在)から見た熱波熱波

    1995年7月、シカゴ市を熱波が襲い、それが厳しい余波を生んだ。7月12日から16日までの5日間連続で最高気温は 90 (32℃) 台から 100 (38℃) 台を彷徨った。熱指数(湿度と温度の組合せで暑さを感じる程度を表したもの)は何日も120度までいった。この熱波で600人以上が死んだが、その多くは黒人、年長者、貧窮者だった。この事件で住民のそのような構成員に関する関心が増し、熱波の際に彼等に手を差し伸べることの重要性や、都市の気温や湿度が以上に高くなる都市ヒートアイランド現象の概念に関する関心が高まった。さらに停電や適切な警告や大衆の備えが無かったことで自体を悪化させており、そのような高い死亡率に繋がった可能性があった。アメリカ合衆国の歴史 (1991-現在) フレッシュアイペディアより)

  • ビュジェ原子力発電所

    ビュジェ原子力発電所から見た熱波熱波

    2003年にヨーロッパ各地を襲った熱波は排水の温度上昇をもたらした。2011年には5号機の原子炉10年検査にあたっていた下請け業者を含む従業員7人について、放射線検出器が鳴動し軽度の汚染に晒された。ビュジェ原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の気象・地象・天象

    2006年の気象・地象・天象から見た熱波熱波

    8月27日 - 7月中旬から、アメリカ合衆国やカナダで断続的に続いていた熱波がようやく終息。内陸部や西海岸を中心に40℃を超える気温を相次いで観測するなどし、熱波に関連する死者は200人を超えた。2006年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 複層ガラス

    複層ガラスから見た熱波熱波

    2010年現在、省エネブームや世界各地での熱波や寒波の発生により、複層ガラスの世界的な需要は年ごとに高まりつつある。複層ガラス フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの地理

    ドイツの地理から見た熱波熱波

    中部及び南部は海洋性気候と大陸性気候の遷移帯であり、全体的な気象状況による。冬季は寒冷で、夏季は冷涼という傾向が認められるが、夏季は熱波の影響で最高気温が30℃に達する日が数日続くこともあり、ドイツで最も暑い地域である。この地域では最高気温が30℃を記録することがたびたびあり、最低気温が20℃を下回らないこともある。一方、冬季は寒気の影響で、最低気温が-15度以下まで下がることもある。ドイツの地理 フレッシュアイペディアより)

  • テッサロニキ

    テッサロニキから見た熱波熱波

    テッサロニキの夏は暑く夜はやや湿度が高い。 最高気温は通常30°C (86F)程度 まで上がるが希にまで上がり何日間は平均してを超える。テッサロニキの最高気温の記録はである。夏の期間は普通の雨は滅多に降らず主に激しい雷雨があり、強い熱波もテッサロニキでは起こる。 最暖月は7月で24時間の平均気温は である。6月や7月の平均風速は である。テッサロニキ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「熱波」のニューストピックワード