541件中 21 - 30件表示
  • もしもツアーズ

    もしもツアーズから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    番組の最後について、初期はウド鈴木によるダジャレで締めていたが、2005年4月から2011年3月はウドによる当該時期の土曜19時台の番組の類似企画(『脳内エステ IQサプリ』にちなむ「ウドQサプリ」→「ウドQサッパリ」、『爆笑レッドカーペット』にちなむウドが登場土地の物をお題にゲストとのダジャレで締める「ウッドカーペット」、『人志松本の○○な話』にちなむウドが旅行に関する話をで述べる「鈴木ウドの○○な話」、『(株)世界衝撃映像社』にちなむ旅行に関する映像を公開する「(株)ウド小撃現像社」)が行われるのが恒例だった。2011年4月からは再び初期に行われていたウドのダジャレで締める演出に戻っている。もしもツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • あらびき団

    あらびき団から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    番組開始当初は『エンタの神様』出演者養成番組(非公式)、25歳フリーターに向けての番組と紹介されており、はるな愛、モンスターエンジン、みっちー、カノン、どぶろっく、アイヒマンスタンダード、ガリガリガリクソン、ダブルネームなどが実際に『エンタの神様』に進出している(鳥居みゆき、エハラマサヒロもあらびき団出演後エンタに出演しているがこれらの芸人はR-1ぐらんぷりや『爆笑レッドカーペット』等で人気が出て出演したため対象外)。しかし、『エンタの神様』が2010年3月をもって終了した後は、ライト東野の一声で今後は『世界の果てまでイッテQ!』養成番組(非公式)とされた。放送時間の移動した2010年4月からはあらびきパフォーマーによるロケ企画が開始したが、数回で自然消滅した。あらびき団 フレッシュアイペディアより)

  • 風藤松原

    風藤松原から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    新春ゴールデンカーペット(フジテレビ、2011年1月1日) キャッチコピーは「脱力系ことば遊び」風藤松原 フレッシュアイペディアより)

  • セレブと貧乏太郎

    セレブと貧乏太郎から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペット』などに出演している人気芸人が毎回出演していたが、みっちーやノッチなど『レッドカーペット』に出演した事がない芸人も出ており、『レッドカーペット』でもこの事について紹介されていない為、いわゆるタイアップ企画などではない。セレブと貧乏太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 姫ちゃん

    姫ちゃんから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペットのカムバックレッドカーペットを拒否したうえで泣いた事がある。理由は本人曰く「プレッシャーに負けたから」。姫ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • トンファー (お笑い)

    トンファー (お笑い)から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペット ヤングライオン杯決勝大会(フジテレビ、2010年9月25日)-キャッチコピーは「一撃必笑!」トンファー (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑ホワイトカーペット

    爆笑ホワイトカーペットから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    『爆笑ホワイトカーペット』(ばくしょうホワイトカーペット)はフジテレビ系列で不定期に放送されているお笑い番組で、『爆笑レッドカーペット』並びに『爆笑ピンクカーペット』の兄弟番組。番組タイトルロゴ名表記の色は、『''』。爆笑ホワイトカーペット フレッシュアイペディアより)

  • 火災報知器

    火災報知器 (お笑いコンビ)から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペット』では高松演じる弱気なヤンキーのコントをしているが、はんにゃのヘタレネタと類似していることが指摘されがちである。火災報知器 (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • こまつ

    こまつから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    転機は2006年。かねてより音楽仲間で友達関係にあった芸能事務所の社長に「お笑いの世界とかどうよ?」と誘われ、悩んだあげく「エンターテイナー芸人こまつ」としてニュースタッフエージェンシーに所属し、トランペット&キーボードで東京キャラクターズバトルセミグランプリ賞を受賞。2007年からは情報バラエティ番組『くちコミ☆ジョニー!』に一般人出場者として参加し、その類稀な演奏技術から後に事実上のレギュラー出演者として扱われるなど注目を浴びる。また、同年から放送を開始したお笑いネタ番組『爆笑レッドカーペット』へも出演し、一気にお茶の間にも知れ渡ることとなった。それ以降は「芸人」の肩書きでの活動が目立つが、本人は今でも基本的にはミュージシャン・作曲家であると思っているという。こまつ フレッシュアイペディアより)

  • アントキの猪木

    アントキの猪木から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    以後、『笑いの金メダル』『爆笑レッドカーペット』などで活躍。また、そのかたわら2007年7月11日にハッスルハウスvol.26においてプロレスデビューも果たす。ニックネームは『燃える合コン』。アントキの猪木 フレッシュアイペディアより)

541件中 21 - 30件表示

「爆笑レッドカーペット」のニューストピックワード