514件中 61 - 70件表示
  • 女と男

    女と男から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペット(フジテレビ)女と男 フレッシュアイペディアより)

  • 火災報知器

    火災報知器 (お笑いコンビ)から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペット』では高松演じる弱気なヤンキーのコントをしているが、はんにゃのヘタレネタと類似していることが指摘されがちである。火災報知器 (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • たむらけんじ

    たむらけんじから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    2008年6月18日放送分『爆笑レッドカーペット』では、先輩である世界のナベアツの「3の倍数でアホになる」ネタの真似を披露し、番組史上初の「小笑」を記録した。ただし、たむらのネタがもの凄くつまらなかったわけではなく、「小笑を取る奴がいる」と司会が言っているので審査員が空気を読んだ可能性もある。また、同年12月17日放送分では「Mr.小笑い」と紹介され、新ネタを披露するがまたも滑り再び「小笑い」を記録した。この回は普段と異なり観覧客は一般人ではなく芸人達であったため、ほとんど笑いが起きていなかった。2009年1月1日放送分では「伝説の小笑い芸人」と紹介された。同番組では番組史上最低得点記録(7点)を持っている。2009年10月17日放送でついにレッドカーペット賞を受賞したが、この時も「小笑」であり、カムバックレッドカーペットに選ばれた際にも、結果は「中笑」だったため、一度も「大笑」「満点大笑」を出すことなく受賞した初のケースである。たむらけんじ フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    ネタ番組や賞レースにおけるお笑い芸人のネタの持ち時間は4分〜5分程度が一般的であるが、2000年代中期から後期にかけて、1分〜2分程度の短いネタを矢継ぎ早に披露するネタ番組が登場するようになった。ネタ時間を短くすることによって放送時間内により多くの芸人がネタを披露することができるのがこれらの番組の特徴である。このショートスタイルを「お笑い革命」と名打って2007年に放送開始されたのがフジテレビ系列『爆笑レッドカーペット』である。2007年10月に放送開始されたTBS『あらびき団』も同様のショートスタイルの体裁をとっており、他のネタ番組とは趣を異にしている。これらに先駆けて放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)内のコーナー「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」や『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円』(TBS)なども含め、このショートスタイルお笑い番組を通じてエド・はるみ、世界のナベアツ、柳原可奈子、鳥居みゆき、博多華丸・大吉、山本高広、渡辺直美、はるな愛などが知名度を高めた。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • チョコレートプラネット

    チョコレートプラネットから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    2012年7月28日に放送された爆生レッドカーペット(フジテレビ系列)にて視聴者投票のカムバックレッドカーペットに選出されずに、竹中直人によって「レッドカーペット賞」に選ばれた。チョコレートプラネット フレッシュアイペディアより)

  • 陣内智則

    陣内智則から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    一人コント形式で舞台装置を用い、エキストラ(本人の場合もあれば、町で偶然スカウトした外国人の場合もある)に演じさせたり、CGで制作した映像等の音声や映像に対してツッコミを入れるという独特なスタイルをもつ(バッティングセンター、校歌など)。多くのネタは「小ボケを何分にも積み重ねることによって、やがて大きな笑いにする」というものなので、1分ネタしかできない爆笑レッドカーペットには出演したことがない。後述のS-1グランドチャンピオン大会でも「3分という時間制限の中でも十分な面白さを発揮できるネタ」がなかったために惜しくも2位となっている。陣内智則 フレッシュアイペディアより)

  • あらびき団

    あらびき団から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    以前は『エンタの神様』出演者養成番組(非公式)、25歳フリーターに向けての番組と紹介されており、はるな愛、モンスターエンジン、みっちー、カノン、どぶろっく、アイヒマンスタンダード、ガリガリガリクソン、ダブルネームなどが実際に『エンタの神様』に進出している(鳥居みゆき、エハラマサヒロもあらびき団出演後エンタに出演しているがこれらの芸人はR-1ぐらんぷりや『爆笑レッドカーペット』等で人気が出て出演したため対象外)。しかし、『エンタの神様』が2010年3月をもって終了したため、ライト東野の一声で今後は『世界の果てまでイッテQ!』養成番組(非公式)とされた。放送時間の移動した2010年4月からは、あらびきパフォーマーによるロケ企画が開始したが、数回で自然消滅した。あらびき団 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽ピッツァ

    山陽ピッツァから見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    2008年9月17日に爆笑レッドカーペットに出演した際、剣道のネタを見た審査員森田健作に剣道の技術を賞賛された。司会の中村仁美アナに、さっちゃんが剣道2段であると紹介されている。山陽ピッツァ フレッシュアイペディアより)

  • 内村 光良

    内村光良から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    『笑う犬』終了後は演じられることはなかったが、2008年には、『初詣!爆笑ヒットパレード』・『爆笑レッドカーペット3時間スペシャル』・『笑う犬2008秋』で、立て続けに出演した。現在の着ぐるみは二代目で、以前のものは既に処分されている。、『初詣!爆笑ヒットパレード』で着用した新しい着ぐるみは、乳が以前より大きく作られ、足を組もうとすると乳が当たり、組む事が出来なくなってしまった。またタレント深田恭子自身が熱心なミル姉ファンだと番組で自ら告白している。内村光良 フレッシュアイペディアより)

  • 超新塾

    超新塾から見た爆笑レッドカーペット爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペットでは、ネタ後のコンベア移動による退場時に全員で決めポーズを取るが、溝神のみバランスを崩し退場しきるまでポーズを保てないことが多かった。超新塾 フレッシュアイペディアより)

514件中 61 - 70件表示

「爆笑レッドカーペット」のニューストピックワード