72件中 21 - 30件表示
  • 迫田英典

    迫田英典から見た片山さつき片山さつき

    山口県豊北町(現下関市豊北町)出身。山口県立山口高等学校卒業。1982年、東京大学法学部卒業、大蔵省入省。入省同期に、片山さつき (自民党参議院議員)、福田淳一 (財務次官)、佐川宣寿 (元国税庁長官) ら。迫田英典 フレッシュアイペディアより)

  • 武部勤

    武部勤から見た片山さつき片山さつき

    2005年9月4日、郵政民営化法成立に反対し、第44回衆議院議員総選挙では静岡7区で片山さつきに敗れ落選した城内実を評して「たびたび問題があった。一言で言うと二重人格者じゃないかと。私はそう思っておりました」と発言。城内は「幹事長たる人が、個人を誹謗中傷する発言をしていないと固く信じている。だが、事実だとしたら遺憾だ」とコメントを発表。武部勤 フレッシュアイペディアより)

  • 貧困ビジネス

    貧困ビジネスから見た片山さつき片山さつき

    埼玉県さいたま市ではNPO法人が生活保護受給申請に同行し、その際に42,000円のサービス料を取っており、弁護士法および行政書士法違反の疑いがあると指摘されている。ある市議は同団体に支出された県の補助金を不当とし、埼玉県監査委員会にその返還を求める住民監査請求を起こしている。それによると、同団体はサービス料だけでなく、借家を借り上げ、そこに受給者を住まわせ市の住宅扶助上限額を徴収し、借家1棟につき20万近い利益を上げていたとされる。これらの行為を政治家片山さつきは貧困ビジネスの疑いが強いと批判している。ただし、その後監査請求は棄却された。貧困ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業大臣政務官

    経済産業大臣政務官から見た片山さつき片山さつき

    2005年11月2日 片山さつき、小林温経済産業大臣政務官 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国ドラマ

    韓国ドラマから見た片山さつき片山さつき

    2000年代後半から2010年代初めにかけて、前述の「冬のソナタ」人気や放送権料の安さなどから地上波・BS放送局が韓国ドラマをこぞって放送した。しかし2011年にはインターネット上でテレビ局の韓流偏重に大きな批判も寄せられるようになり(2011年のフジテレビ騒動を参照)、2011年8月29日には、自民党の片山さつき議員が、広瀬道貞民放連会長に対して、東日本大震災後、地上波の昼間の時間に韓流ドラマが増えていることに関して考慮するよう同党総務部会で要請した。韓国ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 礒崎陽輔

    礒崎陽輔から見た片山さつき片山さつき

    2006年、自由民主党が実施した参議院大分県選挙区の候補者公募に合格し、2007年の第21回参議院議員通常選挙に大分県選挙区から出馬。選挙戦では、河野太郎や後藤田正純、猪口邦子、片山さつき、佐藤ゆかりら知名度の高い党所属国会議員の応援を受け、民主党大分県連が推薦する無所属の矢野大和、社会民主党が推薦する無所属の松本文六、国民新党公認の後藤博子ら4人を破り、初当選した。礒崎陽輔 フレッシュアイペディアより)

  • 村田良平

    村田良平から見た片山さつき片山さつき

    駐ドイツ連邦大使時代、外務省の若手官僚だった城内実が儀典担当官、秘書官として在ドイツ連邦大使館に在籍。城内は村田のかばん持ちをしていた。村田は、城内が2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙(郵政選挙)で自民党に造反し、片山さつきに敗れて浪人となった際にも、城内の地元である静岡県浜松市を訪れて城内を激励した。村田良平 フレッシュアイペディアより)

  • 河村たかし

    河村たかしから見た片山さつき片山さつき

    また、市議会で再可決された議員提案の「名古屋版事業仕分け条例」を市長は公布せず、一方で独自に事業仕分けを実施する方針を決めた。河村市長は地方自治法に基づき、同様に再可決された「中期戦略ビジョン」とあわせ、愛知県知事に是非について2010年10月18日に審査の申し立てを行った。市長は条例を公布しない方針で、議会が可決した条例が効力をもたない異例の状況となった(市議会リコールなどを経て、最終的には無作為抽出で選ばれた一般市民が事業仕分けを行う案が採用されることとなった)。なお、河村市長が「名古屋版事業仕分け条例」を交付しない理由を片山さつき参議院議員は「市長肝いりの名古屋城天守閣の木造での再建案を、この案に反対している市議会が事業仕分けしてしまうことを恐れている。」と指摘している。河村たかし フレッシュアイペディアより)

  • 志帥会

    志帥会から見た片山さつき片山さつき

    2010年の第22回参議院議員通常選挙に泉信也が出馬せず、政界を引退。新たに2009年の総選挙で落選し、参議院に鞍替えして出馬した片山さつきが当選後、加入した。志帥会 フレッシュアイペディアより)

  • 河本準一

    河本準一から見た片山さつき片山さつき

    2012年4月、『女性セブン』(小学館)の報道によって、ある芸能人が充分な収入があるにもかかわらず、その母親が生活保護を受給していることが明らかにされたが、後にそれが河本のことであることが発覚した。参議院議員、片山さつきによって財政問題と絡めて広く周知されると、自身のTwitter上で「Twitterの意味自体を把握してない人は今後一切見なくていいなぁ。その生き生きとしたパワーをもっと他の事で使えばいいのになぁ。人の嫌な事を生きがいにしてる人達がどうか無くなりますようになぁ。」「ビオフェルミンの瓶の中の。」 等とツイートを行い、大きな反発を買った後に河本は母親が2012年4月まで15年間に渡り生活保護を受けていたことを認めた。同年5月25日に河本は、記者会見にて「むちゃくちゃ甘い考えだったと反省している。申し訳ございません」と述べて謝罪した。河本に扶養能力が生じたのちに河本の母親が受け取った生活保護については、一部を返納している。河本準一 フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「片山さつき」のニューストピックワード