57件中 21 - 30件表示
  • 松井孝治

    松井孝治から見た片山さつき片山さつき

    京都府京都市生まれ。実家は京都の老舗旅館(松井本館・ホテル松井)で、松井は経営者の次男にあたる。洛星高等学校、東京大学教養学部卒業。東大在学中、国家公務員上級職試験に1位の成績で合格し、大学卒業後の1983年、通商産業省(現経済産業省)に入省した。入省同期には村上世彰があり、東京大学でも同期であった。同じく東京大学の同窓生では他に持永哲志、林芳正、片山さつきらに知己があった。松井孝治 フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た片山さつき片山さつき

    自民党では重複立候補が基本だが、毎回数人が小選挙区のみで立候補している(比例区にのみ73歳定年制があることにより小選挙区のみの出馬を余儀なくされる73歳以上の候補や復活当選の退路を断つことをアピールする小選挙区の候補など)。他の重複立候補者よりも「名簿」順位が上の重複立候補者を登載することを、支持票拡大のため当然のこととして認めていて、選挙区を本来の地盤から移動した候補や党が重点選挙区と位置づけた選挙区に立候補した候補(1996年の鈴木宗男・深谷隆司・衛藤晟一、2000年の岩崎忠夫・馳浩、2003年の鳩山邦夫・玉沢徳一郎・平田耕一・伊藤達也・岩崎、2005年の土屋正忠・片山さつき・佐藤ゆかり・阿部俊子・藤野真紀子・稲田朋美・西川京子・高市早苗・玉沢等)などが名簿上位におかれている。重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

  • 政務次官

    政務次官から見た片山さつき片山さつき

    副大臣・大臣政務官制度への移行が議論されていた第2次橋本内閣・小渕内閣においては、重要官庁の政務次官に閣僚経験者を充てる試み(高村正彦・外務政務次官、谷垣禎一・大蔵政務次官、町村信孝・外務政務次官など)がなされるなど、新制度の効果的な活用が期待されていた。しかしながら、閣僚人事においては若手の抜擢や民間人の起用などが注目された小泉政権下においても、副大臣・大臣政務官人事については派閥順送り・年功序列型の慣行がほぼ踏襲されるなど、大きな変化が見られないとする評価もなされた。(1年生議員である片山さつきが経済産業大臣政務官に就任したことが話題になったことはある)。続く安倍政権においては派閥の推薦をそのまま受け入れるのではなく、推薦リストをもとに総理や党幹部が決定するというスタイルがとられ、福田改造内閣では閣僚経験者の2人(高市早苗(経済産業)、鴨下一郎(厚生労働))が副大臣に就任するなど、新しい方向での模索もなされている。政務次官 フレッシュアイペディアより)

  • 舛添要一

    舛添要一から見た片山さつき片山さつき

    艶福家として知られ、2度の離婚歴がある。最初の妻は留学時代出会ったフランス人。2度目の妻は官僚時代の片山さつき(当時朝長さつき)であり、衆議院議員だった近藤鉄雄の紹介でお見合いしたのが馴れ初めで1986年に結婚。しかし実質的な結婚生活は長続きせず、3ヶ月後には片山が弁護士に相談する事態に陥ったといい、調停を経て89年に離婚した。1996年6月に現在の妻である元秘書の女性と3度目の結婚をし、2児をもうけている。他に日本人女性2人との間に婚外子が計3人いる。舛添要一 フレッシュアイペディアより)

  • 海田町

    海田町から見た片山さつき片山さつき

    広島国税局海田税務署…現参議院議員(前衆議院議員・元財務省官僚)の片山さつきは、西日本の税務署では初となる女性の署長である。参議院選挙時には、ポスターに「広島にご縁のある片山さつき」の文字が躍っていた。海田町 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎力

    山崎力から見た片山さつき片山さつき

    新進党解党後は改革クラブを経て、2000年に自民党に入党。入党後、橋本派に入会した。2001年の第19回参議院議員通常選挙に自民党公認で出馬し、再選。しかし2007年の参院選では、片山さつきや藤川優里の応援演説もあったが、民主党新人の平山幸司に敗れ落選。山崎力 フレッシュアイペディアより)

  • 今村雅弘

    今村雅弘から見た片山さつき片山さつき

    2005年7月、小泉純一郎首相が成立に執念を燃やす郵政民営化法案の衆議院本会議における採決で造反し、反対票を投じる。そのため同年9月の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず無所属での出馬を余儀なくされたが、佐賀2区で4回目の当選を果たした。2006年12月に誓約書、復党届を自民党に提出し、党紀委員会で復党が認められたため、自民党に復党。2007年、自民党佐賀県連会長に就任した。同年8月、第1次安倍改造内閣で農林水産副大臣に任命され、続く福田康夫内閣でも再任された。時同じくして、同じ郵政造反組の森山裕が財務副大臣に、野田聖子が片山さつきに代わって自民党広報局長に起用され、今村ら造反組の起用は郵政造反組復権の象徴的な出来事であった。今村雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 杉村太蔵

    杉村太蔵から見た片山さつき片山さつき

    芸能人生活保護不正受給問題では問題提起を行った片山さつき参議院議員に対して、「国会議員として基本的人権の感覚はあるのか? なぜ個人攻撃をするのか」「目立ちたかっただけ。河本の実名を出せば自分が有名になれるから」などの批判を行った。これに対して片山は「問題を追及し、法律を変えていくのが私たちの仕事ですから」と理解を求めた。杉村太蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 武部勤

    武部勤から見た片山さつき片山さつき

    2005年9月4日、郵政民営化法成立に反対し、第44回衆議院議員総選挙では静岡県第7区で片山さつきに敗れ落選した城内実を評して「たびたび問題があった。一言で言うと二重人格者じゃないかと。私はそう思っておりました」と発言。城内は「幹事長たる人が、個人を誹謗中傷する発言をしていないと固く信じている。だが、事実だとしたら遺憾だ」とコメントを発表。武部勤 フレッシュアイペディアより)

  • 総務委員会

    総務委員会から見た片山さつき片山さつき

    片山さつき(自由民主党)総務委員会 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「片山さつき」のニューストピックワード