102件中 11 - 20件表示
  • 片山さつき

    片山さつきから見た比例区

    2010年7月、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬し、主要政党比例候補の中で唯一の埼玉県出身候補であることを売りにしつつ、2005年以降から選挙区地盤としていた静岡県や高い知名度で全国から票を集めて当選。この選挙で片山が獲得した29万9036票は自民党候補の中では最多の得票数であった。なお、2007年の第21回参議院議員通常選挙において、比例区で自民党の全候補者中最多の得票で当選したのは、片山の元夫の舛添要一。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た斉木武志

    2006年9月、自由民主党広報局長に就任(?2007年10月)。2009年の第45回衆議院議員総選挙では自民党公認で静岡7区から出馬したが、前回破った保守系無所属の城内実、民主党の斉木武志の後塵を拝し、得票数3位で落選した(斉木は比例復活により初当選)。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たさいたま市

    埼玉県浦和市(現・さいたま市)生まれ。1978年に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、1982年に東京大学法学部を卒業し、同年4月に大蔵省入省。主税局調査課に配属。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たたちあがれ日本

    自民党政調二重ローン問題政策責任者として、公明党、たちあがれ日本・新党改革の各会派と共に、「東日本大震災事業者再生支援機構法案(二重ローン救済法案)」を筆頭発議者として発議。金融機関の事業者向け債権を買い取る新機構設立の必要性を強く訴え、新法を制定せず既存の仕組みで対応しようとする民主党方針を批判。最終的に民主党が野党案の機構設立を受け入れ、2011年11月、同案が成立した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た政治家

    片山 さつき(かたやま さつき、1959年5月9日 - )は、日本の政治家、元大蔵(財務)官僚。自由民主党所属の国会議員。衆議院議員(1期)、参議院議員(1期、現職)。総務大臣政務官(第2次安倍内閣)。旧姓は朝長(ともなが)。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た官僚

    片山 さつき(かたやま さつき、1959年5月9日 - )は、日本の政治家、元大蔵(財務)官僚。自由民主党所属の国会議員。衆議院議員(1期)、参議院議員(1期、現職)。総務大臣政務官(第2次安倍内閣)。旧姓は朝長(ともなが)。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た産業再生機構

    父は数学者で宇都宮大学名誉教授、勲三等旭日中綬章の朝長康郎。岳父はマルマン創業者の片山豊。夫の片山龍太郎はマルマン社長・産業再生機構専務等を経て、現在、株式会社クリスティーズジャパン社長。曾祖父の銀林綱男は埼玉県知事、東京赤十字総裁などを歴任。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たそうりゅう型潜水艦

    その折衝の過程で「潜水艦は、冷戦構造を前提とした時代遅れの兵器である。増やす事など認めない」旨の発言をしたとされる。ただし、片山本人はこれを否定し、「潜水艦については『従来のそうりゅう型潜水艦ではなく、原子力潜水艦を考えたらどうか』というコメントを非公式にしたくらいで、『潜水艦の是非』についての議論はありませんでした」と語る一方、潜水艦の耐用年数の短さを是正したかったとしている。。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た文科省

    さらに、2012年8月の李明博大統領による竹島上陸を機に日韓関係が悪化するなか、「(韓国は)竹島問題と従軍慰安婦問題、つまり反日を、国内をまとめるテコとして使っている」として、同年9月3日には「従軍慰安婦問題に係る国連特別報告書」を提出。また、日本の中高校の韓国修学旅行の実態を調査し、2008年度には中学で24校、高校で196校(いずれも文科省調べ)が修学旅行先を韓国としたうえ、さらに訪問先に「戦争と女性の人権博物館」や「ナヌムの家/日本軍『慰安婦』歴史館」があることを指摘。「国益に反する洗脳教育が行われる危険がある」「背後に、国内の『反日組織』が関与している疑いもある。早急に実態を調べたい」としている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た外国人参政権

    外国人参政権については、永住外国人の帰化を広く認めるべきとした上で、「外国人参政権は安易に認めるべきではない」との姿勢を示している。片山さつき フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「片山さつき」のニューストピックワード