143件中 31 - 40件表示
  • 片山さつき

    片山さつきから見た政治資金パーティー

    経済産業大臣政務官在任中の2006年7月10日に政治資金パーティーを開催したが、経済産業省から外国為替及び外国貿易法違反の疑いで刑事告発されていたヤマハ発動機にこのパーティー券20万円分を売っていたことが同年7月29日に判明した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た日韓関係

    さらに、2012年8月の李明博大統領による竹島上陸を機に日韓関係が悪化するなか、「(韓国は)竹島問題と従軍慰安婦問題、つまり反日を、国内をまとめるテコとして使っている」として、同年9月3日には「従軍慰安婦問題に係る国連特別報告書」に関する質問主意書を提出。また、日本の中高校の韓国修学旅行の実態を調査し、2008年度には中学で24校、高校で196校(いずれも文部科学省調べ)が修学旅行先を韓国としたうえ、訪問先に「戦争と女性の人権博物館」や「ナヌムの家/日本軍『慰安婦』歴史館」をあげているとして、「国益に反する洗脳教育が行われる危険がある」「背後に、国内の『反日組織』が関与している疑いもある。早急に実態を調べたい」と主張した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た生活保護

    生活保護行政については、大蔵省の厚労省担当主査だった頃からのこだわりがあると主張している。生活保護PTを通じて法改正の柱に、(1)生活保護給付基準の10%引き下げ、(2)食費などの生活扶助、住宅扶助を現金給付から現物給付へ、(3)稼働層の自立促進、公的機関での採用等の就労支援対策、(4)過剰診療の防止などによる医療扶助の大幅抑制、(5)自治体の調査権限強化と財政圧迫への対応、の5つを挙げている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た銀林綱男

    大蔵省在職中の1986年、近藤鉄雄の紹介で東京大学助教授(当時)の舛添要一と見合い結婚したが、1989年に離婚。1990年、マルマン創業者の息子片山龍太郎と再婚。実父は長崎市出身の数学者で理学博士・宇都宮大学名誉教授の朝長康郎(1921-2015)。片山本人によると、父方の祖父は陸軍軍人の朝長三郎、祖母は銀林綱男の五女。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たミサイル防衛

    2004年、ミサイル防衛 (MD) システムの整備に数年で1兆円の追加予算が必要になり、聖域無き構造改革を掲げた小泉内閣の後押しを受けて防衛担当主計官として防衛費削減を推し進めた。佐々淳行は『産経新聞』の「正論」欄への寄稿で、ミサイル防衛システムにおける防衛庁要求の75%が削減されたとし、その結果PAC3の配備数が16基48発から4基12発に削減されたと述べている。片山は、当時4.8兆円だった防衛予算が4.7兆円台になっただけだと述べている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たソウル特別市

    慰安婦については、旧日本軍による強制連行はなかったとする立場をとり、2011年12月14日、旧日本軍の慰安婦だった女性を支援する韓国の市民団体がソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置した際には、4日後に現地の検証のため訪韓。韓国当局に像の撤去を要求した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た浜松市

    2012年と2013年に片山が代表を務める政治団体が浜松市内で支援者らを対象に行なった新年会について、会費収入に当たる契約220万円を、政治資金収支報告書に記載していなかったことが、2014年11月に判明した。片山側は、判明前に報告書を訂正しているとしている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た経済産業省

    経済産業大臣政務官在任中の2006年7月10日に政治資金パーティーを開催したが、経済産業省から外国為替及び外国貿易法違反の疑いで刑事告発されていたヤマハ発動機にこのパーティー券20万円分を売っていたことが同年7月29日に判明した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た公明党

    自民党政調二重ローン問題政策責任者で、公明党、たちあがれ日本・新党改革の各会派と共に、「東日本大震災事業者再生支援機構法案(二重ローン救済法案)」の発議者の一人となった。最終的に民主党が野党案の機構設立を受け入れ、2011年11月、同案が成立した。自民党の東日本大震災緊急対策PT次長とガレキ処理加速化プロジェクトチーム次長も務めている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た新党改革

    自民党政調二重ローン問題政策責任者で、公明党、たちあがれ日本・新党改革の各会派と共に、「東日本大震災事業者再生支援機構法案(二重ローン救済法案)」の発議者の一人となった。最終的に民主党が野党案の機構設立を受け入れ、2011年11月、同案が成立した。自民党の東日本大震災緊急対策PT次長とガレキ処理加速化プロジェクトチーム次長も務めている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

143件中 31 - 40件表示

「片山さつき」のニューストピックワード