102件中 31 - 40件表示
  • 片山さつき

    片山さつきから見たキャンパス

    東京大学在学中、集英社の雑誌non-noのキャンパス特集企画で「ミス東大」として取り上げられたことから「ミス東大に選ばれた」と言われることがあるが、東京大学のミスコンテストで選ばれた等の具体的な実績があるわけではない。また、中央官庁に就職活動をする様子がNHK特集で取り上げられ、大蔵省に入省するまでの経緯がドキュメント番組として放送された。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た新党改革

    自民党政調二重ローン問題政策責任者として、公明党、たちあがれ日本・新党改革の各会派と共に、「東日本大震災事業者再生支援機構法案(二重ローン救済法案)」を筆頭発議者として発議。金融機関の事業者向け債権を買い取る新機構設立の必要性を強く訴え、新法を制定せず既存の仕組みで対応しようとする民主党方針を批判。最終的に民主党が野党案の機構設立を受け入れ、2011年11月、同案が成立した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た財務省 (日本)

    中央省庁再編後の財務官僚として女性初の財務省主計局主計官(防衛担当)を務めた。2005年度(平成17年度)の予算編成(2004年夏〜秋に編成)において、「潜水艦は時代遅れの兵器」という旨の発言をしたことがあるとの指摘がされたことがある。小泉政権の意を受け、「テロや弾道ミサイルなどの『新たな脅威』に対応するには組織、装備のスリム化と質的な向上が不可欠だ」とする財務省の方針に従い、防衛予算担当であった片山は自衛隊正面装備削減に尽力した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た防衛計画の大綱

    当該年度の予算では、要求のあったひゅうが型護衛艦 1隻(約2000億円)、そうりゅう型潜水艦 1隻(約1,200億円)整備が認められない一方で、ミサイル防衛関連経費、不審船対策は認められ、概ね財務省の方針の通りとなった。なお、この時点では認められなかった、ひゅうが型護衛艦の2番艦は2006年度予算で建造が認められた。また、そうりゅう型潜水艦については、漢級原子力潜水艦領海侵犯事件等の影響もあり、「平成17年度以降に係る防衛計画の大綱について」には潜水艦は現状維持の16隻態勢の維持が明記され、結果的に、防衛省の要求通り建造されることとなった。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た経済制裁

    竹島をめぐる韓国との領土問題については、かつて日中中間線問題で日本に有利とされる判決を出している国際海洋法裁判所へ提訴すべきと主張。また、韓国が領土問題で日本を侮辱する以上、通貨スワップ協定の凍結など、経済制裁で対応すべきとしている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た2009年

    2006年9月、自由民主党広報局長に就任(?2007年10月)。2009年の第45回衆議院議員総選挙では自民党公認で静岡7区から出馬したが、前回破った保守系無所属の城内実、民主党の斉木武志の後塵を拝し、得票数3位で落選した(斉木は比例復活により初当選)。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たテロ

    中央省庁再編後の財務官僚として女性初の財務省主計局主計官(防衛担当)を務めた。2005年度(平成17年度)の予算編成(2004年夏〜秋に編成)において、「潜水艦は時代遅れの兵器」という旨の発言をしたことがあるとの指摘がされたことがある。小泉政権の意を受け、「テロや弾道ミサイルなどの『新たな脅威』に対応するには組織、装備のスリム化と質的な向上が不可欠だ」とする財務省の方針に従い、防衛予算担当であった片山は自衛隊正面装備削減に尽力した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た日本放送協会

    東京大学在学中、集英社の雑誌non-noのキャンパス特集企画で「ミス東大」として取り上げられたことから「ミス東大に選ばれた」と言われることがあるが、東京大学のミスコンテストで選ばれた等の具体的な実績があるわけではない。また、中央官庁に就職活動をする様子がNHK特集で取り上げられ、大蔵省に入省するまでの経緯がドキュメント番組として放送された。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たヤマハ発動機

    経済産業大臣政務官在任中の2006年7月10日に開催した政治資金パーティーにて、経済産業省から外国為替及び外国貿易法違反の疑いで刑事告発されていたヤマハ発動機にパーティー券20万円分を売っていたことが同年7月29日に判明した。なお、刑事告発された事案ではヤマハ発動機は略式命令を受け、逮捕された社員3人は不起訴処分となっている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た日経BP社

    「SPC法とは何か ― 資産の証券化と流動化に向けて」 日経BP社、1998年。ISBN 9784822280406片山さつき フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「片山さつき」のニューストピックワード