102件中 51 - 60件表示
  • 片山さつき

    片山さつきから見た自由民主党国会対策委員会

    2006年12月、衆議院経済産業委員会の官製談合防止法改正案採決を無断欠席したとして、自由民主党国会対策委員会から「(1)所属常任委員会を変更」「(2)国会開会中の海外渡航を1年間禁止」「(3)翌年3月末まで国会対策委員会への出席停止」の処分を受けた。この処分により、経済産業委員会から決算行政監視委員会に所属が変更されたが、その翌月には、経済産業委員会に復帰している。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た海田町

    1984年、フランス国立行政学院に留学。その後、広島国税局海田税務署長や主計官補佐、銀行局総務課企画官、横浜税関総務部長、関税局総務課関税企画官、主計局主計企画官等のポストを歴任した後、2004年に女性で初めて主計局主計官に就任。主に防衛関連の予算を担当する。2005年7月に国際局開発機関課長に就任するが、翌月に財務省を退官した。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た第22回参議院議員通常選挙

    2010年7月、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬し、主要政党比例候補の中で唯一の埼玉県出身候補であることを売りにしつつ、2005年以降から選挙区地盤としていた静岡県や高い知名度で全国から票を集めて当選。この選挙で片山が獲得した29万9036票は自民党候補の中では最多の得票数であった。なお、2007年の第21回参議院議員通常選挙において、比例区で自民党の全候補者中最多の得票で当選したのは、片山の元夫の舛添要一。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見たひゅうが型護衛艦

    当該年度の予算では、要求のあったひゅうが型護衛艦 1隻(約2000億円)、そうりゅう型潜水艦 1隻(約1,200億円)整備が認められない一方で、ミサイル防衛関連経費、不審船対策は認められ、概ね財務省の方針の通りとなった。なお、この時点では認められなかった、ひゅうが型護衛艦の2番艦は2006年度予算で建造が認められた。また、そうりゅう型潜水艦については、漢級原子力潜水艦領海侵犯事件等の影響もあり、「平成17年度以降に係る防衛計画の大綱について」には潜水艦は現状維持の16隻態勢の維持が明記され、結果的に、防衛省の要求通り建造されることとなった。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た日韓関係

    さらに、2012年8月の李明博大統領による竹島上陸を機に日韓関係が悪化するなか、「(韓国は)竹島問題と従軍慰安婦問題、つまり反日を、国内をまとめるテコとして使っている」として、同年9月3日には「従軍慰安婦問題に係る国連特別報告書」を提出。また、日本の中高校の韓国修学旅行の実態を調査し、2008年度には中学で24校、高校で196校(いずれも文科省調べ)が修学旅行先を韓国としたうえ、さらに訪問先に「戦争と女性の人権博物館」や「ナヌムの家/日本軍『慰安婦』歴史館」があることを指摘。「国益に反する洗脳教育が行われる危険がある」「背後に、国内の『反日組織』が関与している疑いもある。早急に実態を調べたい」としている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た宇都宮大学

    父は数学者で宇都宮大学名誉教授、勲三等旭日中綬章の朝長康郎。岳父はマルマン創業者の片山豊。夫の片山龍太郎はマルマン社長・産業再生機構専務等を経て、現在、株式会社クリスティーズジャパン社長。曾祖父の銀林綱男は埼玉県知事、東京赤十字総裁などを歴任。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た領土問題

    竹島をめぐる韓国との領土問題については、かつて日中中間線問題で日本に有利とされる判決を出している国際海洋法裁判所へ提訴すべきと主張。また、韓国が領土問題で日本を侮辱する以上、通貨スワップ協定の凍結など、経済制裁で対応すべきとしている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た国際海洋法裁判所

    竹島をめぐる韓国との領土問題については、かつて日中中間線問題で日本に有利とされる判決を出している国際海洋法裁判所へ提訴すべきと主張。また、韓国が領土問題で日本を侮辱する以上、通貨スワップ協定の凍結など、経済制裁で対応すべきとしている。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た憲法第9条

    憲法第9条改正派であり、2012年4月に発表された自民党憲法改正案には、起草委員の一人として参加。天皇を「国家元首」とし、 自衛隊を「国防軍」と位置づけ、領土領海を守る義務を明記し議論を呼んだ。片山さつき フレッシュアイペディアより)

  • 片山さつき

    片山さつきから見た天賦人権説

    「国民が権利は天から付与される、義務は果たさなくていいと思ってしまうような天賦人権論をとるのは止めよう、というのが私たちの基本的考え方です。」と述べるように、天賦人権説には断固反対である。片山さつき フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「片山さつき」のニューストピックワード