前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 道州制

    道州制から見た片山善博片山善博

    2006年2月28日に地方制度調査会が区域例を発表した際には、石原慎太郎・東京都知事や、橋本大二郎・高知県知事(当時)が、「国と地方の役割分担をどうするのかが曖昧だ」と批判した。同じく片山善博・鳥取県知事(当時)も、「国の在り方についての抜本的な議論が無い」と批判した。道州制 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例

    鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例から見た片山善博片山善博

    本条例は、2002年(平成14年)6月の県議会一般質問において、片山善博(当時鳥取県知事)が、「地方レベルの人権救済制度の必要性」を表明したことをその制定の発端とする。翌2003年(平成15年)9月に、知事は、「鳥取県人権尊重の社会づくり条例」(平成8年鳥取県条例第15号)に基づいて設置された「鳥取県人権尊重の社会づくり協議会」に対し、「地方レベルの人権救済制度」のあり方、条例案の検討を諮問した。同協議会は、2004年(平成16年)11月に最終審議を行い、この結果を踏まえて、同年12月に知事提案による鳥取県人権救済手続条例案が県議会に提出された。鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の教育を考える10人委員会

    日本の教育を考える10人委員会から見た片山善博片山善博

    委員:市川昭午、尾木直樹、小野田誓、片山善博、黒崎勲、斎藤貴男、佐藤学、樋口恵子、宮崎緑、藤田英典、渡邉光雄日本の教育を考える10人委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 地方の時代

    地方の時代から見た片山善博片山善博

    1990年代には、バブル崩壊後の景気対策として国の要請もあり、地方においてかなりの量の公共事業が行われた。しかしながら、その内容より事業量の確保が重視された面があり、その反動から、中央の論理では地方、もっと広く言えば世の中は良くならないのではないかとの反省が芽生え、地方からの異議申し立て的な動きがみられるようになった。「地域らしさ」を示すための自治体の独自施策として、のちに梶原・岐阜県知事が「善政競争」と呼んだ各種の動きも始まった。1998年には月尾嘉男・東京大学教授の呼びかけで、寺田典城・秋田県知事、増田寛也・岩手県知事、浅野史郎・宮城県知事、梶原拓・岐阜県知事、北川正恭・三重県知事、橋本大二郎・高知県知事が集まって「地域から変わる日本」の活動が始まり、「改革派知事」と呼ばれるようになった。堂本暁子・千葉県知事、片山善博・鳥取県知事も「改革派」グループに入る。全国知事会もそれまでは親睦団体的な色彩が強かったが、2003年には梶原知事の呼びかけで、「闘う知事会」のスローガンのもと、国に対して積極的に主張した。地方の時代 フレッシュアイペディアより)

  • 午後のニュースルーム

    午後のニュースルームから見た片山善博片山善博

    片山善博(慶應義塾大学教授、元総務大臣、元鳥取県知事)午後のニュースルーム フレッシュアイペディアより)

  • ジェイン・ジェイコブズ

    ジェイン・ジェイコブズから見た片山善博片山善博

    『都市の経済学?発展と衰退のダイナミクス』 中村達也・谷口文子訳(TBSブリタニカ 1986)。再刊:中村達也訳『発展する地域 衰退する地域/地域が自立するための経済学』ちくま学芸文庫、2012、解説:片山善博、塩沢由典。ジェイン・ジェイコブズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の、これから

    日本の、これからから見た片山善博片山善博

    出演:菅義偉、片山善博、土居丈朗、高村薫、八田達夫、神野直彦日本の、これから フレッシュアイペディアより)

  • 三徳川

    三徳川から見た片山善博片山善博

    しかし、この事業はその後も再評価の対象となった。平成11年(1999年)にそれまで4期に渡り鳥取県知事を務めた西尾邑次が引退し、新人の片山善博にかわると、改めて工費の再検討が行われた。この結果、平成8年の計画とほぼ同等のダム建設でも230億円を要することが示された。これに対し、河川改修は78億円で済むうえ、人口はせいぜい横ばいまでであり、水道用水の需要の増加も見込めないため、2000年にダム計画は正式に中止が決まった。三徳川 フレッシュアイペディアより)

  • 四宮啓

    四宮啓から見た片山善博片山善博

    片山善博、国谷裕子との共著)ここだけは聞いておきたい裁判員裁判 : 31の疑問に答える、日本評論社、2009年四宮啓 フレッシュアイペディアより)

  • 被災者生活再建支援法

    被災者生活再建支援法から見た片山善博片山善博

    2000年10月6日の鳥取県西部地震を受け、片山善博知事は「鳥取県西部地震被災者向け住宅復旧補助金制度」を設け、私有財産である住宅関連費用を公金で支援、この制度を受け、2004年3月には法改正し支援金は300万円に増額され、住宅解体撤去、ローン利子払いなどの住宅関連費用の支出が可能となった。また、2007年の能登半島地震、新潟県中越沖地震では、住宅再建に利用できるよう2度目の法改正を行なった。被災者生活再建支援法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「片山善博」のニューストピックワード