44件中 21 - 30件表示
  • 荒井正吾

    荒井正吾から見た片山善博片山善博

    上記の経緯から、片山総務大臣が「奈良県が参加したら、関西に権限を譲渡する。」という発言に対し、橋下大阪府知事は「奈良は(そのような関西広域連合参加拒否の姿勢なら)ほっといて、広域連合が権限の受け皿になる。」と上記の2人の知事とは一線を画す発言を初めて表明した。更に、2011年2月24日、リニア中央新幹線(2045年名古屋?大阪間開業)についても、橋下大阪府知事は「(奈良県は広域連合に参加拒否しているので)そっちがそうなら、リニアの駅は奈良ではなく、京都に置き路線変更するのを関西広域連合で国に働きかける。」と発言。これに荒井奈良県知事は「運輸省時代から決定していた事例を、地方で勝手に変更すること自体、言語道断。益々、広域連合には入りたくなくなった」と怒りを露わにした。荒井正吾 フレッシュアイペディアより)

  • 国公関連労働組合連合会

    国公関連労働組合連合会から見た片山善博片山善博

    2011年3月の東日本大震災を受けて、菅直人政権は復興財源の確保を理由に、2011年度から3年間国家公務員給与を1割程度引き下げる方針を打ち出し、5月から国公労との交渉をはじめた。国公連合は棚村博美中央執行委員長を責任者として、公務員連絡会の他組合とともに片山善博総務相との交渉に臨んだ。5月23日、団体協約締結権付与を柱とする公務員制度改革法と同時に成立させることや、地方公務員への波及を強制しないことを条件に、3年間、一般職で平均7.8%の給与減額法に同意した。なお、もう一方の国公産別である国公労連は政府案を拒否し、政府側は6月2日に交渉を一方的に打ち切った。翌日3日、菅内閣は国公連合との合意内容に沿った法案を閣議決定し、国会に提出した。国公関連労働組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋伸彰 (経済学者)

    高橋伸彰 (経済学者)から見た片山善博片山善博

    『ポスト新自由主義 民主主義の地平を広げる』(2009年、七つ森書館)共著:山口二郎、片山善博、柄谷行人、上野千鶴子、金子勝高橋伸彰 (経済学者) フレッシュアイペディアより)

  • 露木順一

    露木順一から見た片山善博片山善博

    2007年4月に内閣府の地方分権改革推進委員会の委員に任命される。2009年10月から、原口一博総務大臣の任命により総務省顧問に就任した。2010年9月、後任の片山善博総務相就任により、総務省顧問を離任。露木順一 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市

    熊本市から見た片山善博片山善博

    2011年(平成23年)8月29日、熊本県知事、熊本県議会議長、熊本市長、熊本市議会議長、熊本市政令指定都市推進協議会会長らが片山善博総務大臣(当時)に政令の改正を要望した。熊本市 フレッシュアイペディアより)

  • マニフェスト

    マニフェストから見た片山善博片山善博

    また、2003年になると北川正恭三重県知事(当時)が「ローカル・マニフェスト」(地方自治体におけるマニフェスト)の導入を提唱し、増田寛也岩手県知事(当時)、片山善博鳥取県知事(当時)、松沢成文候補(後に神奈川県知事)が賛同、松沢がこれを実施し当選する。マニフェスト フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取市

    鳥取市から見た片山善博片山善博

    片山善博 - 官僚、政治家・元鳥取県知事鳥取市 フレッシュアイペディアより)

  • 田村耕太郎

    田村耕太郎から見た片山善博片山善博

    1998年、第18回参議院議員通常選挙の鳥取県選挙区より無所属で出馬。自民党現職の坂野重信に挑んで10万1403票を獲得するも、2万6682票差で落選。1999年、鳥取県知事選挙に出馬。西尾邑次知事の事実上の後継候補である片山善博に挑んで12万5618票を獲得するも、8万3539票差で落選。2000年に第42回衆議院議員総選挙の鳥取県第1区より無所属で出馬。自民党現職の石破茂に挑み6万2811票を獲得するも、2万8352票差で落選。田村耕太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見た片山善博片山善博

    被災者の住民登録は、自治体への納税、公民権(選挙権と被選挙権)、住民サービスとの3点セットになっており、単純に元の自治体と避難地の2重登録とするわけには行かない。それでも片山善博(元総務相)は二重登録のための法整備をすべきだという。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た片山善博片山善博

    中央官庁出身者が多いことには「中央官庁や地元選出の政治家との太いパイプ」を強調し大きい公共事業を呼び込むことが期待できるため、地元財界や建設業者は歓迎する一方で、一部メディアなどからは、「政・官・業の癒着になりやすい」、「中央官庁にコントロールされやすく真の地方自治からはほど遠い」という批判がある。癒着については事実、贈収賄で現職知事が逮捕・起訴され有罪となったケースもある。ただし、中央官庁出身者とはいえ、全員が全員このようなタイプというわけではなく、岩手県の増田寛也や鳥取県の片山善博のように改革派として実績を挙げ、後に民間閣僚として総務大臣に就任する知事も少なからずいる。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「片山善博」のニューストピックワード