1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • 片山善博

    片山善博から見た東京大学法学部

    岡山県赤磐郡瀬戸町(現岡山市東区)生まれ。両親は、ともに教師であった。岡山県立岡山大安寺高等学校、東京大学法学部卒業。1974年、自治省入省。鳥取県庁や国土庁への出向を経て、自治大臣秘書官、自治省国際交流企画官・固定資産税課長・府県税課長などの役職を歴任し、1998年12月に退官した。片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た参議院

    2010年4月、参議院総務委員会に参考人として出席し、「(地方自治体に)一番屈辱的なのが地方債への(国の)関与だ。こんなものは自分たちで決めればいい」と現行の財政制度を批判している。片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た読売新聞

    1999年4月、鳥取県知事選挙に出馬し、初当選を果たす。鳥取県知事在任中は岩手県知事(当時)の増田寛也や宮城県知事(当時)の浅野史郎らに並び、官僚出身の改革派知事の代表格であった。2004年7月、読売新聞により実施された世論調査では78%の高水準の支持率を記録し、全国47都道府県の知事で1位であった。2003年の知事選では日本共産党も片山を評価し対抗候補を出さなかったため無投票当選となった。片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た民主党 (日本 1998-2016)

    2010年9月、菅改造内閣で総務大臣に任命され、初入閣。民間人閣僚の総務大臣は、元岩手県知事の増田寛也に続き2人目(民主党政権では初の民間人閣僚)。翌2011年1月発足の菅再改造内閣でも留任した。2011年9月、野田内閣発足に伴い退任。片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た総務部

    1981年11月 - 鳥取県総務部財政課長片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た志木市

    穂坂邦夫(NPO代表、前志木市長)片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た光文社新書

    『地域間交流が外交を変える 鳥取-朝鮮半島の「ある試み」』釼持佳苗共著(2003年、光文社新書片山善博 フレッシュアイペディアより)

  • 片山善博

    片山善博から見た岩手県

    増田寛也(元総務大臣、前岩手県知事)片山善博 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「片山善博」のニューストピックワード