片山晋呉 ニュース&Wiki etc.

片山 晋呉(かたやま しんご、1973年1月31日 - )は、茨城県下館市(現筑西市)出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「片山晋呉」のつながり調べ

  • 谷原秀人

    谷原秀人から見た片山晋呉

    2007年、前半戦こそスイングの改造が思うように功を奏せず、予選落ちや失格などで結果が残せないでいたが、6月開催の?全英への道? ミズノオープンよみうりクラシック付近から徐々に効果が現れ始め、8月末フジサンケイクラシックで優勝、続くサントリーオープンでも優勝し、2週連続優勝という自身初の快挙を成し遂げる。ただしこの2試合は共に台風による54ホール短縮競技となっており、「2週連続短縮競技優勝」という珍妙な記録も同時に達成。谷口徹・片山晋呉には及ばなかったものの賞金ランキング4位でシーズン終了。(谷原秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 小平智

    小平智から見た片山晋呉

    2010年にはアイゼンハワートロフィー 世界アマチュアゴルフチーム選手権(アルゼンチン)に日本代表として出場。その年の秋には2010年アジア競技大会(中華人民共和国・広州市)日本代表に選出された。ちなみにこのアジア競技大会日本代表メンバーには男子の松山英樹、女子の比嘉真美子と堀奈津佳がいた。また、2010年にはJGTOチャレンジトーナメントにアマチュアとして出場し、8月の鳩山カントリークラブ・GMAチャレンジトーナメントではツアープロを抑えて優勝。チャレンジツアーでのアマチュア優勝は前身のグローイングツアーを含めても片山晋呉以来2人目の壮挙でもあった。こうしたこともあり、2010年限りで日本大学を中途退学し、2011年度の日本ゴルフツアー機構公式競技会の出場資格を得るべくクォリファイングトーナメントに出場し、42位に入ってプロへ転向した。(小平智 フレッシュアイペディアより)

「片山晋呉」のニューストピックワード