45件中 11 - 20件表示
  • 谷口徹

    谷口徹から見た片山晋呉片山晋呉

    2000年に「アコムインターナショナル」と「フィリップモリス・チャンピオンシップ」(現・ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント)で優勝し、自身初の年間2勝を挙げる。最終戦開始まで賞金トップを維持していたが、最終戦までの4試合中3勝を挙げた片山晋呉に逆転され惜しくも賞金王を逃した。片山との差はわずか128万円という僅差であった。この時最終戦までの2試合をPGAツアー挑戦のため欠場していたこともあり、当時の好調さを考えればこれらの試合に出場していれば賞金王獲得も実現していた可能性が高いと思われる。ただ、当時の谷口は日本での賞金王獲得よりも、PGAツアー参加に重点をおいていたようである。また、日本のメジャータイトルにもそれほど興味を持っていなかったことが当時の言動からも表されており、あくまで全米ツアーでの優勝及び全英オープン、マスターズなどの世界4大メジャー獲得を目標にしていた。谷口徹 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    ウッズが2000年の全米オープンからメジャー大会4連覇を達成。2年にまたがる記録のため“タイガー・スラム”と呼ばれた。日本勢もメジャー大会で大活躍し、マスターズでは伊沢利光が日本人選手最高の4位入賞を果たし(-10, 278ストロークも日本人選手最少スコア記録)、全米プロゴルフ選手権では片山晋呉が4位入賞を果たしている。2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た片山晋呉片山晋呉

    そして真昼の決闘から32年後、59歳で迎えた2009年7月16日?19日の第138回全英オープンもこの地で開催された(7204ヤード)。大会の9ヵ月前(2008年10月)にワトソンは左股関節の人工関節置換手術を受け、芝の抜けがよくなるようヘッドをグラインダで削ったIdea Proという名のアイアン(プロトタイプはA2 Tour)とターンベリーのクラブハウスで直前に購入したシューズで臨み、初日からショット・パットが冴えた。4日間のティーショットのフェアウェイキープ率は69.6%で4位、ドライバーショットの平均飛距離は295ヤードでレギュラーツアーの選手に劣らず、さらに神がかり的なロングパットやパーセーブを連発した。好天の初日はミゲル・アンヘル・ヒメネスがアウト31イン33の6アンダーで首位、ワトソンはアウト33イン32、5バーディ・13パーで廻って、首位と1打差の2位タイに久保谷健一、ベン・カーティスと並んだ。2日目は強風や雨がプレイヤーたちを悩ませ、ワトソンも前半は4連続を含む5ボギー(2、4-7番ホール)、2バーディで苦しんだが、後半は16番ホールで約20m、18番ホールで約18mのバーディパットを決めるなどして3バーディ、この日は5バーディ・8パー・5ボギーのパープレイでしのぎ、5アンダーで首位タイ。もう一人の首位は、片山晋呉の出場辞退による繰り上げで全英オープン初出場、リンクス初挑戦、PGAツアー3年目の29歳スティーブ・マリーノであり、2日目に17番ホール(パー5、559ヤード)で6mのイーグルパットを決めるなど2日間60台(67-68)で廻る活躍で、「リンクスを知らない方がいい場合もある」とマリーノは予選終了後にコメントしたが、本選では76-75と苦戦し、38位タイに終わった。本選には4オーバーまでの73人が進出した。第3ラウンドのワトソンは、7番ホールで2オン2パットでバーディ、14番ホールで6mのパットを沈めてパーセーブ、16番ホールで約12mのバーディパットを決めた後、17番ホールではハイブリッドクラブで2オンして、あわやイーグルかというバーディ、18番ホールはパーで上がるなどして、この日3バーディ・11パー・4ボギーの71で廻り、54ホール終えて通算4アンダーで単独首位となり、「バーディ・ボギーの数は計画通りに進行している、明日はその計画を完成できるかもしれない」とコメント。最も風の強かった第4ラウンドは、3日目に69のスコアを出して2位に浮上したマシュー・ゴギンと最終組で廻った。ワトソンは1番ホールで第2打を左に曲げポットバンカーに打ち込んでボギースタート、3番ホールも1.5mのパーパットを決められずボギー、7番ホール(パー5)は2オン2パットでバーディ、9番ホールはボギー、11番ホールでは8mのバーディパットが成功、14番ホールはボギー、71ホール目(17番ホール)のバーディで1打リードして迎えた72ホール目までメジャー史上最年長優勝という計画実現は目前であった。優勝を決めるパーパット(18番ホールの4打目)はショートして右手前に20cmほどそれて、痛恨のボギー。50度目のメジャー挑戦・12度目の全英挑戦、23歳年下のスチュワート・シンクが最終日ワトソンから3打差の6位で発進し、最終ホールで4.5mのバーディパットを決めるなど終盤は上位陣でただ一人好調を維持して69で廻り、2アンダー(4日間で278打)でワトソンと並んだ。ワトソンとシンクは、4つのホール(5-6-17-18番ホール)を使用するプレイオフを行った。シンクはプレイオフではドライバーを使用せず、プレイオフスタートの5番ホール(パー4)で第2打をバンカーに入れたが、約3mのパーパットを沈めて発進して、パー-パー-バーディ-バーディでフィニッシュ。一方の59歳ワトソンは72ホールにわたり大西洋の海風を伴う難コースと戦って「疲労で脚が動かなくなった(ワトソン談)」状態で、気温も下がった夕陽の決闘ではミスショットを連発し、ボギー-パー-ダブルボギー-ボギーで6打差での決着。プレイオフの勝敗を分けたのは17番ホールであり、シンクは2オン2パットでバーディであったのに対し、ワトソンのドライバーショットはフェアウェイ左のラフに捕まり、1打では脱出できず、4オン3パットのダブルボギーで勝負あり。しかし、76ホールを戦い抜き、トム・ワトソン健在をアピールするとともに世界中のゴルフファンに勇気と感動を与えた。プレイオフ直後にワトソンは「この試合で自分がいつどのクラブで打ったかなんて、2度と思い出さないぞ」と笑ったが、ワトソン自身による分析では、72ホール目の18番ホールにおいて、グリーン奥のラフからグリーンまでは打ち上げの第3打をウェッジではなくパターで打ってカップを2m以上オーバーしたり、第4打のパーパットがショートしたのは敗因ではなく、フェアウェイからピンまで180ヤードの2打目をフォローの風の中'アドレナリン'が出た状態で8番アイアンで打ってグリーン奥のラフにこぼれたショットが問題であり、2打目を9番アイアンで打つべきだったと述懐している。このトーナメントでは、4日間72ホールで2番ハイブリッド(ロフト18度、ヘッドの形状からPeanutという愛称で親しまれたアダムスゴルフ社のIdea Proという名のモデル)を25回使用した。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント

    ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメントから見た片山晋呉片山晋呉

    2016年は、5月7日、8日の2日間開催。プロ部門では6度目の出場となった片山晋呉が通算12アンダーで初優勝を飾った。著名人部門では昨年覇者の前田や舘ひろし、えなりかずきらの2日目の追い上げを振り切った宮根誠司が、著名人部門唯一のアンダーパーである11アンダーという圧勝で、こちらも6度目の出場で初優勝を決めた。ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権

    片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権から見た片山晋呉片山晋呉

    本大会は2003年に終了したメジャートーナメントの「日本プロゴルフマッチプレー選手権」以来11年ぶりとなる、日本でのマッチプレートーナメントで、大会のホストプレーヤーを務める片山晋呉を初め、日本ゴルフツアー機構(JGTO)に選手登録をしている日本人プロゴルファー32人によって3日間のトーナメント方式で優勝を争う。ただし本大会はJGTOツアーには含まれず、ツアー外競技の扱いとなる。また優勝副賞として、翌年のヨーロピアンツアー公認競技・ハサン2世ゴルフ・トロフィーの出場招待権が与えられる。片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    賞金王(男子):片山晋呉2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本勝昌

    宮本勝昌から見た片山晋呉片山晋呉

    中学1年からゴルフを始め、中学3年生の時に日本ジュニアゴルフ選手権で3位に入る。ゴルフの名門校である茨城県の水城高等学校に進学し、全国高校選手権で団体2連覇。日本大学のゴルフ部では片山晋呉、横尾要と同期でライバルだった。宮本勝昌 フレッシュアイペディアより)

  • 長手 絢香

    長手絢香から見た片山晋呉片山晋呉

    片山晋呉&谷将貴 Digital Swing Revoution 〜ここから始めればGolfは簡単〜(2006年4月26日、ハチャマ)長手絢香 フレッシュアイペディアより)

  • プロゴルファー

    プロゴルファーから見た片山晋呉片山晋呉

    他のプロやアマチュアゴルファーにゴルフの指導を行うことで報酬を得る者を「ティーチングプロ」あるいは「レッスンプロ」などと呼ぶ。基本的には特定のゴルフ場やゴルフ練習場などに所属し、当該施設に来場したゴルファーの求めに応じて指導を行うのが一般的であるが、中にはたとえばタイガー・ウッズの歴代コーチであるブッチ・ハーモン、ハンク・ヘイニー、ショーン・ホーリー、また、キャロウェイと契約しているデビッド・レッドベター、日本では、元プロ野球出身の後藤修、秋本祐作や、丸山茂樹らのコーチを務めた内藤雄士、片山晋呉・諸見里しのぶらのコーチとして知られる江連忠などのように、主にツアープロを相手に指導を行ったり、その知名度を活かしてDVDやレッスン書販売、テレビ出演などで収入を得ているものもいる。プロゴルファー フレッシュアイペディアより)

  • 江連忠

    江連忠から見た片山晋呉片山晋呉

    門下生(所謂「チーム・江連」)には諸見里しのぶらがいるほか、過去には片山晋呉、桧垣繁正、星野英正、上田桃子、伊澤利光らを指導したことがある。江連忠 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「片山晋呉」のニューストピックワード