32件中 11 - 20件表示
  • 倉本昌弘

    倉本昌弘から見た片山晋呉片山晋呉

    1992年のブリヂストンオープンゴルフトーナメントで優勝し永久シードを獲得した。この時の優勝インタビューで倉本は「もう永久シードは出ないでしょう」と答えた。これを横で聞いていたのが、この大会でベストアマを獲得した片山晋呉で「そうか..もう出ないんだ」と思ったという。当時は永久シードの条件である25勝を挙げるのは相当難しいことと考えられていた。実際は2008年に獲得した片山の前に尾崎直道も獲得しているが、大卒選手では倉本と片山の二人だけ。さらに倉本は大学卒業後、一時家業を継いでいた時期もありプロデビューしたのは26歳の時であった。倉本昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口徹

    谷口徹から見た片山晋呉片山晋呉

    2000年に「アコムインターナショナル」と「フィリップモリス・チャンピオンシップ」(現・ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント)で優勝し、自身初の年間2勝を挙げる。最終戦開始まで賞金トップを維持していたが、最終戦までの4試合中3勝を挙げた片山晋呉に逆転され惜しくも賞金王を逃した。片山との差はわずか128万円という僅差であった。この時最終戦までの2試合をPGAツアー挑戦のため欠場していたこともあり、当時の好調さを考えればこれらの試合に出場していれば賞金王獲得も実現していた可能性が高いと思われる。ただ、当時の谷口は日本での賞金王獲得よりも、PGAツアー参加に重点をおいていたようである。また、日本のメジャータイトルにもそれほど興味を持っていなかったことが当時の言動からも表されており、あくまで全米ツアーでの優勝及び全英オープン、マスターズなどの世界4大メジャー獲得を目標にしていた。谷口徹 フレッシュアイペディアより)

  • 長手 絢香

    長手絢香から見た片山晋呉片山晋呉

    片山晋呉&谷将貴 Digital Swing Revoution ?ここから始めればGolfは簡単?」 (2006年4月26日、ハチャマ)長手絢香 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    日本勢最高は、片山晋呉の+4(292)で27位タイ2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    ウッズが2000年の全米オープンからメジャー大会4連覇を達成。2年にまたがる記録のため“タイガー・スラム”と呼ばれた。日本勢もメジャー大会で大活躍し、マスターズでは伊沢利光が日本人選手最高の4位入賞を果たし(-10, 278ストロークも日本人選手最少スコア記録)、全米プロゴルフ選手権では片山晋呉が4位入賞を果たしている。2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小田孔明

    小田孔明から見た片山晋呉片山晋呉

    2009年4月、開幕戦の東建ホームメイトカップで通算2勝目。11月、カシオワールドオープンで優勝し大会2連覇を達成。同年、賞金1億円を突破。最終戦で片山晋呉を抜き、賞金ランキングで石川遼、池田勇太に次ぐ3位となった。小田孔明 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ松本

    ゴルゴ松本から見た片山晋呉片山晋呉

    趣味・特技はゴルフで、セミプロ級の腕前。プロゴルファーの片山晋呉に似ていると言われた事から、バラエティなどでテンガロンハットを被ることが多い。ゴルゴ松本 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のスポーツ

    1973年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    1月31日 - 片山晋呉(茨城県、ゴルフ)1973年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 白石美帆

    白石美帆から見た片山晋呉片山晋呉

    2006年、第12回ゴルフ東西対抗競技大会のマスコットガールに選ばれ、2度目の始球式を務めている。同大会チャリティーに出品したゴルフ手袋が7000円で落札された。2006年9月4日には、「第34回フジサンケイクラシック」最終日で優勝盾プレゼンターと、優勝した片山晋呉への代表インタビュアーも務めている。同年12月23日には『スーパーサッカー』を降板した。白石美帆 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    賞金王(男子):片山晋呉2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「片山晋呉」のニューストピックワード