1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示
  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見た片山晋呉片山晋呉

    またこれまで、歴代優勝者には日本国外の数々の有名プレーヤーが名を連ねてきた。中でもセベ・バレステロス、ボビー・ワドキンス(1979年,1986年)、トム・ワトソン、ラリー・マイズ(1989年,1990年)、トーマス・ビヨン(1999年、2003年)、タイガー・ウッズ、ルーク・ドナルド、ブルックス・ケプカ(2016年、2017年)が2度優勝を決めている。1993年の優勝者であるアーニー・エルスは、当時無名と言ってよい存在であったが、翌1994年に全米オープンで優勝し、一躍世界的な選手となった。日本人選手では、1985年に、中嶋常幸が完全優勝を果たし、12回目にして初めての日本人優勝者となった。その後、尾崎将司が大会史上唯一の3連覇(1994年から1996年)を達成しており、他には片山晋呉(2000年)、横尾要(2002年)、池田勇太(2010年)、武藤俊憲(2011年)、松山英樹(2014年)、宮里優作(2015年)が優勝しているが、日本人の優勝は過去44回中10回、2000年以降の18回中でも6回と少ない。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 芸能人格付けチェック

    芸能人格付けチェックから見た片山晋呉片山晋呉

    三流芸能人:大物俳優(高橋英樹・松方弘樹)・スポーツ(野村克也・片山晋呉芸能人格付けチェック フレッシュアイペディアより)

  • 浜田雅功

    浜田雅功から見た片山晋呉片山晋呉

    浜田がプロゴルファーの横田真一に学びながら、自分に一番合ったスイングを見つけるためのゴルフ教則DVD。トッププロの片山晋呉・伊沢利光・深堀圭一郎・丸山茂樹が友情出演しているほか、ライセンスの井本貴史、どりあんず、サカイストの酒井将芳、ラフ・コントロールの森木俊介、チーモンチョーチュウの菊地浩輔も出演している。浜田雅功 フレッシュアイペディアより)

  • 小平智

    小平智から見た片山晋呉片山晋呉

    2010年にはアイゼンハワートロフィー 世界アマチュアゴルフチーム選手権(アルゼンチン)に日本代表として出場。その年の秋には2010年アジア競技大会(中華人民共和国・広州市)日本代表に選出された。ちなみにこのアジア競技大会日本代表メンバーには男子の松山英樹、女子の比嘉真美子と堀奈津佳がいた。また、2010年にはJGTOチャレンジトーナメントにアマチュアとして出場し、8月の鳩山カントリークラブ・GMAチャレンジトーナメントではツアープロを抑えて優勝。チャレンジツアーでのアマチュア優勝は前身のグローイングツアーを含めても片山晋呉以来2人目の壮挙でもあった。こうしたこともあり、2010年限りで日本大学を中途退学し、2011年度の日本ゴルフツアー機構公式競技会の出場資格を得るべくクォリファイングトーナメントに出場し、42位に入ってプロへ転向した。小平智 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た片山晋呉片山晋呉

    日本人最高は片山晋呉の-10(278)の4位2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示

「片山晋呉」のニューストピックワード